Product Documentation

Dockerfileを使用した、DockerホストでのNetScaler CPXのインストール

2017年7月18日

重要

NetScaler CPXのDockerfileは廃止されました。Dockerfileを使用した場合は、Docker StoreのNetScaler CPXをご利用ください。Docker StoreからNetScaler CPXをダウンロードし、DockerにNetScaler CPXを展開する方法については、「DockerでのNetScaler CPXインスタンスの展開」を参照してください。

NetScaler CPXは、Dockerfileとしても利用できます。DockerfileからNetScaler CPXイメージファイルを作成し、Linux ShellまたはDocker Composeツールを使用してNetScaler CPXインスタンスを展開します。

前提条件

以下が割り当てられていることを確認してください。

  • CPU 1つ
  • 2GBのRAM
  • Linux Ubuntuバージョン14.04以降。
  • apt-getコマンドを使ってシステムが更新されている。
  • 次のパッケージがインストールされている。libc6-dev:i386、gcc-multilib、g++-multilib、lib32ncurses5-dev、zlib1g-dev:i386、libssl-dev:i386、build-essential
  • DockerがLinuxホストシステムにインストールされている。Dockerをインストールするには、Linux Shellプロンプトで次のコマンドを実行します。
     curl –ssl <https://get.docker.com/> | sh
    

    LinuxでのDockerのインストールについて詳しくは、次を参照してください。 https://docs.docker.com/engine/installation/ubuntulinux/

  • Dockerホストからインターネットに接続できる。
  • ルートユーザーとしてログインしている。
  • シトリックス代理店からNetScaler CPX Dockerfileを入手し、Linux Ubuntuシステムにコピーします。

Dockerfileを使用してNetScaler CPXイメージを作成するには:

1. NetScaler CPX Dockerfileの内容を抽出します。これを行うには、イメージファイルを保存したディレクトリに移動して、次のコマンドを実行します。

tar –xvzf <image_file_name>
root@ubuntu:~# cd /var/cpx-build
root@ubuntu:/var/cpx-build# ls
cpx.tar.gz
root@ubuntu:/var/cpx-build# tar –xvzf cpx.tar.gz

2. NetScaler CPX Dockerイメージを作成します。イメージファイルを抽出したディレクトリに移動して、次のコマンドを実行します。

make
root@ubuntu:/var/cpx-build# cd cpx
root@ubuntu:/var/cpx-build/cpx# ls
Dockerfile  Makefile  netscaler.tar.gz
root@ubuntu:/var/cpx-build/cpx# make

3. NetScaler CPX Dockerイメージの作成後に次のコマンドを実行すると、イメージの詳細を表示できます。

docker images

次に例を示します。

root@ubuntu:~# docker images
REPOSITORY  TAG         IMAGE ID     CREATED    VIRTUAL SIZE
cpx      11.1-48.10   2e97aadf918b  43 hours ago   605.5 MB

この例の出力にある、次のフィールドに注意します。

  • REPOSITORY:イメージが格納されている名前空間を指定します。
  • TAG:インストールされているNetScaler CPXイメージのバージョンを示します。
  • IMAGE ID:Dockerホストに含まれるイメージの一意のIDを示します。

NetScaler CPXインスタンスの展開

NetScaler CPXイメージを入手したら、Linux Shell、またはDocker Composeツールを使用して、NetScaler CPXインスタンスを展開できます。

Linux Shellを使用したNetScaler CPXインスタンスの展開

Linux Shellを使用して、NetScaler CPXイメージを保存したディレクトリに移動し、次に、docker runコマンドを使用してNetScaler CPXインスタンスを展開します。外部通信を可能にするには、HTTPポート80、SSHポート22、およびSNMPポート161を開く必要があります。

docker run -dt -p <port number> --ulimit core=-1 --privileged=true –e <REPOSITORY>:<TAG>
docker run -dt -p 22 -p 80 -p 161/udp --ulimit core=-1 --privileged=true -e EULA=yes cpx:11.1-48.10

docker psコマンドを使用すると、システムで実行されているイメージと、標準ポートにマップされたポートを表示できます。

CONTAINER ID    IMAGE         COMMAND       CREATED     STATUS     PORTS     NAMES

6fe01203e7b9  cpx:11.1-48.10  "/bin/sh -c 'bash -C "   7 seconds ago       Up 5 seconds        443/tcp, 0.0.0.0:32769->22/tcp, 0.0.0.0:32768->80/tcp, 0.0.0.0:32768->161/udp   lonely_knuth

Docker Composeを使用したNetScaler CPXインスタンスの展開

Docker Composeツールを使用して、単一または複数のNetScaler CPXインスタンスをプロビジョニングできます。Composeを使用してNetScaler CPXインスタンスをプロビジョニングするには、最初にComposeファイルを作成して、NetScaler CPXイメージ、NetScaler CPXインスタンス用に開くポート、およびNetScaler CPXインスタンスの特権を指定する必要があります。

複数のNetScaler CPXインスタンスをプロビジョニングするには:

1. Composeファイルを作成します。Composeファイルは、一般的に次のような形式に従います。

<service-name>:

      image: <repository>:<tag>

      ports:

     - 22

     - 80

     - 161/udp

     - 36001-36010

      tty: true

      privileged: true

各オプションの意味は次のとおりです。

  • <service-name> は、プロビジョニングするサービスの名前です。
  • image:<repository>:<tag>は、NetScaler CPXイメージのリポジトリとバージョンを示します。
  • privileged: trueは、NetScaler CPXインスタンスのすべてのroot特権を提供します。
cpxlb:
    image: cpx:11.1-48.10
    ports:
       - 22
       - 80
       - 161/udp
       - 36001-36010
   tty: true
   privileged: true

単一のNetScaler CPXインスタンスをプロビジョニングする場合は、次の行をcomposeファイルに追加する必要があります。

container_name:<name_of_container>

2. 複数のNetScaler CPXインスタンスをプロビジョニングには次のコマンドを実行します。

docker-compose -f <compose_file_name> scale <service-name>=<number of instances> up –d
docker-compose -f docker-compose.yml scale cpxlb=3 up –d

単一のNetScaler CPXインスタンスをプロビジョニングする場合は、次のコマンドを実行します。

docker-compose -f <compose_file_name> up –d

Dockerfileを使用した、DockerホストでのNetScaler CPXのインストール