NetScaler CPXのライセンス

2017年7月18日

CPXインスタンスのライセンスを有効化すると、NetScaler CPXのパフォーマンスを強化できます。NetScaler MASを使用してCPXライセンスをプールし、それをライセンスサーバーとして使用します。MASでライセンスをインストールするには、GUIからライセンスファイルをアップロードするか、またはCitrixから購入したライセンスアクセスコード(LAC)を使用します。CPXインスタンスにライセンスを割り当てるには、構成ジョブやCPXのNitroを使用できます。複数のvCPUコアを使用してNetScaler CPXをプロビジョニングしている場合は、各コアはライセンスプールからCPXライセンスを割り当てられます。たとえば、4つのvCPUコアを使用してNetScaler CPXをプロビジョニングしている場合は、NetScaler CPXインスタンスに4つのライセンスが割り当てられます。

CPXライセンスファイルをNetScaler MASでインストールするには

  1. WebブラウザーにNetScaler Management and Analytics SystemのIPアドレスを入力します(例:http://192.168.100.1)。

  2. [User Name][Password] に管理者の資格情報を入力します。

  3. [Networks]>[Licenses] の順に選択します。

  4. [details]ペインで [License Files] に移動し、次のいずれかのオプションを選択します:

    • Upload license files from a local computer - ライセンスが既にローカルコンピューターに存在する場合は、[Browse] をクリックし、ライセンスの割り当てに使用するライセンスファイル(.lic)を選択します。[Finish] をクリックします。
    • Use License Activation Code - 購入したライセンスのアクティブ化コード(LAC:License Activation Code)を、Citrixからメールで受け取ります。テキストボックスにLACを入力し、[Get Licenses] をクリックします。

      注: このオプションを選択する場合は、NetScaler Management and Analytics Systemがインターネットに接続されているか、またはプロキシサーバーが使用可能でなければなりません。

ローカライズされた画像

  1. [Browse] をクリックして、ライセンスの割り当てに使用するライセンスファイル(.lic)を選択します。[Finish] をクリックします。

[License Settings]から、いつでもNetScaler Management and Analytics Systemにライセンスを追加できます。

ローカライズされた画像

確認

NetScaler MASにインストールされたライセンスを確認するには、[Networks]>[Licenses]>[CPX Licenses] の順に選択します。

ローカライズされた画像

MAS構成ジョブを使用した、NetScaler CPXインスタンスのライセンス有効化

NetScaler MASでジョブを構成してNetScaler CPXインスタンスのライセンスを有効化できます。

ジョブを使用してNetScaler CPXにライセンスを割り当てるには

1. 管理者資格情報を使用して、NetScaler MASにログオンします。

2.[Networks]>[Configuration Jobs] の順に選択してから、[Create Job] をクリックします。

3. 必要な値を指定して構成ソースを選択したら、次の図のようにコマンドを入力します:

注:

NetScaler MASのライセンスサーバーポート番号は、デフォルトでは27000です。

ローカライズされた画像

4. 構成を実行するNetScaler CPXインスタンスを選択し、[Next] をクリックします。

ローカライズされた画像

5. 実行設定を指定して [Finish] をクリックすると、NetScaler CPXインスタンスでコマンドが実行されます。構成を保存して後で実行する場合は、[Save and Exit] をクリックします。

ローカライズされた画像

ジョブを使用してNetScaler CPXのライセンスを削除するには

1. 管理者資格情報を使用して、NetScaler MASにログオンします。

2.[Networks]>[Configuration Jobs] の順に選択してから、[Create Job] をクリックします。

3. 必要な値を指定して構成ソースを選択したら、次の図のようにコマンドを入力します:

ローカライズされた画像

4. 構成を実行するNetScaler CPXインスタンスを選択し、[Next] をクリックします。

ローカライズされた画像

5. 実行設定を指定して [Finish] をクリックすると、NetScaler CPXインスタンスでコマンドが実行されます。構成を保存して後で実行する場合は、[Save and Exit] をクリックします。

Nitro APIを使用した、NetScaler CPXインスタンスのライセンス有効化

NetScaler Nitro APIを使用してNetScaler CPXインスタンスのライセンスを有効化できます。

NetScaler CPXインスタンスにライセンスサーバーを追加するには

1.http://\<netscaler-ip-address\>/nitro/v1/config/nslicenseserverに移動します。

2. HTTPメソッドをPOSTに設定します。

3. 次のように要求ヘッダーを追加します:

    Cookie:NITRO_AUTH_TOKEN=<tokenvalue>
    Content-Type:application/json

4. 次のように要求ペイロードを入力します:

    {"nslicenseserver":{"licenseserverip":<String_value>,"servername":<String_value>,"port":<Double_value>}}

5. 次のような応答が返されます:

     HTTP Status Code on Success: 201 Created

     HTTP Status Code on Failure: 4xx \<string\> (for general HTTP errors) or 5xx \<string\> (for NetScaler-specific errors). The response payload provides details of the error

NetScaler CPXインスタンスのキャパシティを設定するには

1.http://\<netscaler-ip-address\>/nitro/v1/config/nscapacityに移動します。

2. HTTPメソッドをPUTに設定します。

3. 次のように要求ヘッダーを追加します:

    Cookie:NITRO_AUTH_TOKEN=<tokenvalue>
    Content-Type:application/json

4. 次のように要求ペイロードを入力します:

    {"nscapacity":{

          "platform":<String_value>

    }}

5. 次のような応答が返されます:

     HTTP Status Code on Success: 200 OK

     HTTP Status Code on Failure: 4xx \<string\> (for general HTTP errors) or 5xx \<string\> (for NetScaler-specific errors). The response payload provides details of the error

NetScaler CPXインスタンスのライセンスについて詳しくは、NetScalerアプライアンスの ダウンロード セクションからダウンロードできるNITRO APIのドキュメントを参照してください。