Product Documentation

NetScaler CPXインスタンスでのワイルドカード仮想サーバーの使用

2016年6月30日

NetScalerインスタンスのプロビジョニング時に、Dockerエンジンによって、1つのプライベートIPアドレス(単一IPアドレス)のみがNetScaler CPXインスタンスに割り当てられます。NetScalerインスタンスの3つのIP機能が1つのIPアドレス上で多重化されます。この単一IPアドレスは、異なるポート番号を使用して、NSIP、SNIP、およびVIPとして機能します。

Dockerエンジンによって割り当てられる単一のIPアドレスは動的です。この単一IPアドレスまたは127.0.0.1 IPアドレスを使用して負荷分散(LB)仮想サーバーまたはコンテンツスイッチ(CS)仮想サーバーを追加します。127.0.0.1を使用して作成される仮想サーバーは、ワイルドカード仮想サーバーと呼ばれます。デフォルトでは、ワイルドカード仮想サーバーの作成時に、NetScaler CPXがワイルドカード仮想サーバーに割り当てられたIPアドレスを置き換えます。割り当てられたIPアドレスは127.0.0.1で、NSIPはDockerエンジンによってNetScaler CPXインスタンスに割り当てられます。

高可用性のNetScaler CPX展開では、NetScaler CPXインスタンスの1つにワイルドカード仮想サーバーを追加し、そのインスタンスから ns.conf ファイルを展開内の別のNetScaler CPXインスタンスにコピーできます。これにより、展開内のすべてのNetScaler CPXインスタンスで同じNetScaler構成が使用されるので、DockerエンジンがNetScalerインスタンスに割り当てた単一IPアドレスを識別し、その単一IPアドレスに基づいて展開内のすべてのNetScaler CPXインスタンスにLBまたはCSの仮想サーバーを作成する必要がなくなります。

注意事項

  • ワイルドカード仮想サーバーに割り当てるポート番号が、展開内の他の仮想サーバーで使用されていないことを確認します。
  • ワイルドカード仮想サーバーでは*(アスタリスク)文字はサポートされません。

負荷分散のワイルドカード仮想サーバーを作成するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します:

    add lb vserver <name> <serviceType> 127.0.0.1 <port>

    add lb vserver testlbvserver HTTP 127.0.0.1 30000

コンテンツスイッチのワイルドカード仮想サーバーを作成するには、コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。

    add cs vserver <name> <serviceType> 127.0.0.1 <port>

    add cs vserver testcsvserver HTTP 127.0.0.1 30000

NetScaler CPXインスタンスでのワイルドカード仮想サーバーの使用

In this article