Product Documentation

プロビジョニングイメージでProfile managementを事前構成するには

Mar 10, 2017

Citrix Provisioning Services、Citrix XenServer、またはVMware ESXなどのプロビジョニングソフトウェアを使用して、Profile managementを事前インストールしたイメージを作成できます。これを行うには、(Provisioning Servicesのプライベートイメージモードの場合など)イメージをセットアップする間に、レジストリでいくつかのグループポリシー設定をキャプチャします。これらの設定は、(Provisioning Servicesの標準イメージモードに戻す場合など)イメージを展開してもそのまま残ります。仮想マシンが実行を開始する時点の状態と、ログオン時のユーザーの要件に適したデフォルト値を選択するのが理想的です。少なくとも、「固定?」で説明されているこれらのポリシーに対して、適切なデフォルト値が設定されていることを確認する必要があります。 プロビジョニング? 専用? 共有?

Citrix Profile managementサービスが開始される前にgpupdateが実行されていないとデフォルト値が使用されるため、デフォルト値はほとんどの場合に適切な値にするのが理想的です。これらの設定やそのほかの設定を事前構成してイメージを作成するには、次の手順に従います。

注:Provisioning Servicesを使用している場合は、Profile managementのINIファイルで最初にイメージを事前構成し、テストが無事に成功した場合のみ、設定をADMまたはADMXファイルに転送することをお勧めします。
  1. ADMまたはADMXファイルを使用する場合は、適切なグループポリシーオブジェクト内のファイルを使用して、必要な設定を変更します。 INIファイルを使用する場合は、この手順をスキップし、変更は後の手順で行います。
  2. ログレベルに対しても同じ変更を加えます。
  3. 次のいずれかを行います。
    • Citrix Provisioning Servicesの場合は、イメージを標準イメージモードにしてオペレーティングシステムを起動します。
    • Citrix XenServerまたはVMware ESXの場合は、オペレーティングシステムを起動します。
  4. (セットアップ時に使用したテストユーザーアカウントではなく)管理者アカウントでログオンし、gpupdate /forceを実行します。これにより、レジストリが正しく構成されます。
  5. INIファイルを使用している場合は、ファイルで必要な設定を変更します。
  6. Profile Management Serviceを停止します。
  7. 作成される新しいログファイルとの混同を避けるため、古いProfile managementログファイルおよび構成ログファイルを削除します。 これらのファイルには、古いイメージの名前が付いています。 イメージを更新すると(新しいイメージの名前が付いた)新しいファイルが作成されるため、古いファイルは不要になります。
  8. 次のいずれかを行います。
    • Citrix Provisioning Servicesの場合は、イメージを標準イメージモードに戻します。
    • Citrix XenServerまたはVMware ESXの場合は、更新されたイメージを保存します。
  9. イメージのオペレーティングシステムを起動します。