Product Documentation

Profile managementのインストールとセットアップ

Mar 10, 2017

Profile managementのインストールについて

Profile managementの展開は、MSIファイルとADMまたはADMXファイルのインストールからなります。 インストールではなくアップグレードについては、「アップグレードと移行」を参照してください。

ユーザープロファイルを管理する各コンピューターにProfile managementのMSIファイルをインストールします。 通常は配信ツール、イメージングソリューション、またはストリーム配信テクノロジーを使って、コンピューター上に.msiファイルをインストールします。 また、ダウンロードパッケージ内のインストーラーの1つを使って任意のコンピューターに直接インストールすることもできます。 無人インストールがサポートされています。

グループポリシー(GP)を追加して、ADMまたはADMXファイルをインストールします。

MSIファイルとADMまたはADMXファイルをインストールしただけでは、Profile managementは有効になりません。 そのほかのすべてのセットアップタスクを実行した後に、(「Profile managementを有効にするには」で説明する手順により)Profile managementを有効にする必要があります。

すべてのユーザーデバイスに同じバージョンのProfile managementをインストールし、同じバージョンのADMまたはADMXファイルをすべてのドメインコントローラー上の各グループポリシーオブジェクトに追加することを推奨します。 これによリ、(異なるバージョンによる)異なるユーザーストア構造が存在する場合に発生する可能性があるプロファイルデータの破損を防ぐことができます。

注意

Profile Management 5.xリリースでは、同一のユーザーストア構造を保持しますが、プロファイルバージョンの更新はMicrosoftオペレーティングシステムの更新に従います。

MSIファイルをインストールするには

この手順では、単一のコンピューターにProfile managementをインストールします。

  1. 管理者権限でコンピューターにログオンします。
  2. ダウンロードパッケージから適切なインストーラーを検索して、実行します。 インストールウィザードが開きます。
  3. ウィザードに表示される指示に従って処理を進めます。
  4. コンピューターを再起動します。

コマンドラインからMSIファイルをインストールするには

重要:Profile managementの以前のバージョンでは、提供されるINIファイルのレジストリ除外の一覧から次のキーが削除されました。
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Group Policy
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies
グループポリシーでこの除外を使用し、このプロシージャでOVERWRITEINIFILES=yesとセットする場合、レジストリ除外の一覧には3つのキーのすべてを追加するか、または(サブセット以外の)何も追加しないようにします(ここで、OVERWRITEINIFILESオプションは、INIファイルではなくグループポリシーを使っての展開、または構成設定を破棄してデフォルトのINIファイルを再インストールできる展開を主に意図しています)。このオプションは、キーを含むINIファイルにより適用されたすべての変更を無効にします。このオプションなしでインストーラーを実行し、INIファイル内のキー設定を手作業で削除することをお勧めします。またはこのオプションを使用する場合は、説明に従って除外を追加します。インストール中における除外の保持については、Sepagoのブログ(http://www.sepago.de/sepago-backstage/blogs/)を参照してください。
  1. コマンドラインで、次のコマンドを実行します。
    msiexec /i  /quiet [/norestart] [INSTALLDIR=] [OVERWRITEINIFILES=yes] [INSTALLPOLICYINIFILES=no]

    このコマンドは、ユーザーインターフェイスを表示せずにインストールを実行し、またインストール後に再起動を実行します。

    ユーザーアカウント制御(UAC)が有効な場合、たとえば管理者特権でのコマンドプロンプトから、管理者特権でmsiexecコマンドを実行します。

    オプション/norestartを使用して再起動することがないようにできますが、オペレーティングシステムによっては、再起動を実行するまでProfile managementは機能しない可能性があります。たとえば、Windows 7ワークステーションを再起動する必要はありません。

    INSTALLDIRはユーザーが指摘できます。

    オプションOVERWRITEINIFILES=yesについて詳しくは、「Profile managementのアップグレード」を参照してください。

    オプションINSTALLPOLICYINIFILESnoに設定すると、Profile managementのINIファイルがインストールされません。以前のバージョンのProfile managementでINIファイルを使用しており、そのINIファイル内の設定を引き続きこのバージョンのProfile managementでも使用する場合は、インストール後にそれぞれの設定を、グループポリシーエディターの対応するProfile managementポリシーに手作業で転送します。

    ユーザーアカウント制御(UAC)が有効な場合、たとえば管理者特権でのコマンドプロンプトから、管理者特権でmsiexecコマンドを実行します。

  2. アップグレードしている場合は、一部のファイルが使用中であることを示すダイアログボックスが表示されることがあります。 その場合、このダイアログボックスでアプリケーションを閉じるか、または閉じないままで続行するかを選択する必要があります。 ここではアプリケーションを閉じるオプションを選択します。

ADMまたはADMXファイルを追加するには

以前のバージョンのProfile managementのADMファイルがグループポリシーにない場合は、この手順を使用します。 ADMファイルをアップグレードしている場合は、「Profile managementのアップグレード」を参照してください。

本番環境では、グループポリシーでProfile managementを構成します。 管理するコンピューターを含んでいる各組織単位(OU)について、グループポリシーオブジェクト(GPO)を作成してそれを関連付けて、その後でProfile managementのADMまたはADMXファイルをそのGPOに追加します。

Citrixユーザープロファイルを構成するには、Windowsグループポリシー管理コンソールを実行する任意のコンピューターを使用できます。 このコンピューターは、ドメインコントローラーである必要はありません。 ドメインコントローラーはADMまたはADMXファイルを保存するだけです。

注:小規模なパイロットプロジェクトや評価でActive Directory(AD)のテスト展開環境を別個に使用できない場合は、ADMまたはADMXファイルの代わりにインストール済みのINIファイルを使用することもできます。 テストに成功したあと、INIファイルからAD展開に移動する場合に、「デフォルトで処理に含める項目と除外する項目」で説明している最小限のデフォルトに加えて、必要な包含と除外をすべてADMまたはADMXファイルに追加するようにしてください。
  1. ドメインコントローラーで、次のいずれかを実行します。
    • ADMファイルをインポートします。 このファイルは、ダウンロードパッケージのGPOフォルダーにあります。
    • ダウンロードパッケージのGPOフォルダーから、ADMXファイルをC:Windows\PolicyDefinitionsフォルダーにコピーし、ADMLファイルをC:Windows\PolicyDefinitions\<localized folder>にコピーします。 言語が日本語のオペレーティングシステムの場合には、<localized folder>はja-JPとなります。 手順5.に進みます。
  2. Profile managementの構成に使用するコンピューターで、[Active Directoryユーザーとコンピューター]を開きます。
  3. Profile managementがインストールされるコンピューターを含んでいるOUを識別します。 Profile managementを構成して既存のOU構造で実行する方法については、「組織単位(OU)内および複数のOU間でのプロファイルの管理」を参照してください。
  4. グループポリシーの管理では、グループポリシーオブジェクト(GPO)を作成し、各OUにリンクします。
    注:GPOにセキュリティフィルターを適用する場合、Authenticated Usersグループまたはコンピューターグループのいずれかを使用します。 個々のユーザーのみを含むセキュリティグループを使用しないでください。
  5. グループポリシーエディターでGPOを編集します。
    1. GPOの下で[コンピューターの構成]を展開して、[管理用テンプレート]を右クリックします。
    2. [テンプレートの追加と削除]を選択して[追加]をクリックします。
    3. 以前にインポートまたはコピーしたADMまたはADMXファイルを検索し、[開く]をクリックします。
    4. [閉じる]をクリックします。 これにより、ADMまたはADMXファイルからの設定を保存するCitrixフォルダーとProfile managementサブフォルダーが作成されます。

注意

Profile management 5.5では、ADMXポリシーノードはCitrixコンポーネントの配下に配置されます。 Profile management 5.5を構成するには:

  • [WindowsFolder]\PolicyDefinitionsフォルダーにある既存の.admxファイルを削除し、ctxprofile5.5.0.admxファイルとCitrixBase.admxファイルを同フォルダーにコピーします。
  • [WindowsFolder]\PolicyDefinitions\<localized folder>にある既存の.admlファイルを削除し、ctxprofile5.5.0.admlファイルおよびCitrixBase.admlファイルを同フォルダーにコピーします。

Profile managementを削除するには

この手順で、単一のコンピューターからProfile managementを削除します。コンピューターの管理者である必要があります。

  1. データの消失を防ぐには、すべてのユーザーがログオフさせる必要があります。
  2. [プログラムと機能]に表示されるインストール済みプログラムの一覧で[Profile management]を選択し、[アンインストール]をクリックします。
  3. [はい]をクリックします。
  4. コンピューターを再起動します。
また無人モードでProfile managementを削除することもできます。