Product Documentation

Profile managementでのフォルダーのリダイレクトの計画

Mar 10, 2017

Profile managementはフォルダーのリダイレクトを実行し、その使用を促進させます。

Active Directory(AD)では、Application Dataやドキュメントなどのフォルダーをネットワークの場所に保存(リダイレクト)することができます。フォルダーのコンテンツをリダイレクト先の場所にユーザープロファイル内には含めずに保存することで、サイズが小さくなります。ADのバージョンによっては、リダイレクトできるフォルダーとできないフォルダーがあります。また、フォルダーのリダイレクトを構成すると、固定プロファイルを持つユーザーはプロファイルの使用を限定しながら一部の設定、ファイル、およびそのほかのデータを保存できます。

一般的なガイドラインとして、ネットワーク帯域幅に制限がある場合、セッション内で定期的にアクセスしないすべてのユーザーデータに対してフォルダーのリダイレクトを有効にすることをお勧めします。

リダイレクトできるすべてのフォルダーにADを介してアクセスできるわけではありません。特定のオペレーティングシステム上でリダイレクトできるフォルダーは、レジストリのHKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Foldersにあります。

フォルダーのリダイレクトに関する重要な情報

Profile managementでフォルダーのリダイレクトを使用する場合は、以下の点に注意してください。

  • XenDesktop 7では、StudioでXenDesktopポリシーを使用してリダイレクトするフォルダーを指定します。 詳しくは、XenDesktopのドキュメントを参照してください。
  • フォルダーのリダイレクトの構成を問題なく実行するには、Version 1とVersion 2のプロファイル間ではフォルダー構造が異なることに注意する必要があります。
  • フォルダーのリダイレクト実行時のセキュリティに関する考慮事項については、「Secure」およびMicrosoft TechNet Webサイトで「Configuring Folder Redirectionを参照してください。
  • ユーザーストアは、リダイレクトされたフォルダーに使用される共有とは別に処理します。
  • 除外の一覧にリダイレクトされたフォルダーを追加しないでください。