Product Documentation

項目の包含および除外

Mar 10, 2017

このトピックでは、Profile managementがユーザーのプロファイルから項目を包含および除外するために使用する処理について説明します。デフォルトの包含または除外の一覧を変更してユーザーのログオンおよびログオフにおける操作性を向上させようとする場合は、この処理について理解する必要があります。この処理が必要かどうかを判別するには、「アプリケーションの選択」を参照してください。

たとえばMicrosoft Wordは、アクセスされていてもローミングユーザーに同じ操作性を提供する必要がある、高度にカスタマイズ可能で、頻繁に使用されるアプリケーションであるため、これを包含します。反対に企業アプリケーションは、一部のグループではあまり使用されず、そのためそのプロファイルデータをログオンおよびログオフするたびにダウンロードする必要がないため、これを除外します。

デフォルトでは、ローカルプロファイルのすべてのファイルおよびフォルダーはユーザーストアと同期されます。除外の一覧にファイルやフォルダーを追加して、同期しないファイルやフォルダーを指定できます。フォルダーを除外する場合、包含の一覧にサブフォルダーを追加して、同期するサブフォルダーを指定できます。

次のものを包含および除外できます。

  • 内部プロファイルを含むファイルおよびフォルダー。
  • プロファイル外に個人設定を保存するファイルおよびフォルダー。
  • 個人設定を保存するHKEY_CURRENT_USERハイブ内のレジストリエントリ。HKEY_LOCAL_MACHINEハイブのレジストリエントリはデフォルトでは処理されず、またデフォルトで処理されるように構成できません。

項目を包含および除外する前に

ユーザーのプロファイルの内容を変更する前に、組み込みWindowsパフォーマンスモニター(Perfmon)カウンターのセットの使用を考慮します。このカウンターセットにより、プロファイルの性質を把握します。使用できるカウンターには、プロファイルサイズの大きさやローカルコンピューター上でのCitrixユーザープロファイルの作成にかかる時間の長さがあります。

プロファイルを(Profile managementを実行するコンピューター上で)ローカルにキャッシュするかしないかを判断する必要があります。この決定の判断基準としては、展開内のCitrix製品、ローカルコンピューター上で使用できる空き容量、および展開内のユーザー数があります。

ファイルおよびフォルダー

すべての包含および除外フォルダー名は言語特定です。ただし、ユーザーストアのフォルダー名は、オペレーティングシステムの言語には依存しない形式です。

オペレーティングシステムによりローカルとして処理されるディスク上のファイルまたはフォルダーを同期できます。ネットワークマップドライブ上のファイルやフォルダーは同期できません。

レジストリ

既存のユーザーの場合、HKEY_CURRENT_USERハイブ全体がユーザーストアにコピーされます。新規ユーザーの場合、Microsoftのローカル、移動、デフォルト、またはテンプレートプロファイルのハイブがコピーされます。ユーザーストアに変更があると、包含がハイブに追加され、除外がハイブから削除されます。

レジストリキー値への変更は保持されません。これは設計によるものであり、(たとえば、特定のアプリケーション機能の標準化を目的として)変更されるべきではないレジストリ値を含んでいるテンプレートプロファイルを管理者がユーザーに提供する一般的な使用ケースに対処したものです。望ましくないキーを含むテンプレートプロファイルがある場合、SepagoのProfile Nurseなどのツールを使ってユーザーストアからそれを除去します。

除外について

除外はログオン時ではなく、ログオフ時に処理されます。除外はユーザーストアからデータを削除しませんが、そこに新しいデータが書き込まれるのを防ぎます。

デフォルトの除外以外、一般的にはProfile managementを最初にロールアウトするときにいずれの項目も除外する必要はありません。アプリケーションのパフォーマンスを追跡し、ユーザーからフィードバックを収集した後、複数アプリケーションからの設定が破損するか、または不必要な設定を収集したためにユーザーのNTUSER.DATファイルが非常に大きくなった場合に、除外項目を追加する必要があることがあります。

除外としてリダイレクトされたフォルダーを追加しないでください。

重要:同期からAppData\Local and AppData\LocalLow フォルダーを除外することを推奨します。これを除外しない場合、非常に多量のデータがネットワーク上を転送される可能性があり、ユーザーのログオンの待ち時間が長くなることがあります。これらのフォルダーは、標準のWindows移動プロファイルによっては同期されません。デフォルトの構成では、除外の一覧にこれらのフォルダーが含まれています。

包含および除外の規則

Profile managementがファイル、フォルダー、およびレジストリキーを包含および除外する場合は、次の規則が使用されます。
  1. デフォルトではすべての項目が包含される
  2. 包含および除外の両方に同じパスが構成される場合は、包含が優先される
  3. 包含は同じフォルダー内の除外よりも優先される
  4. 包含は上のフォルダー階層の除外よりも優先される
  5. 除外は上のフォルダー階層の包含よりも優先される

これらの規則は知覚的かつ直観的に機能します。デフォルトでは、すべての項目は包含されます最初の時点から、除外として最上位レベルの例外を構成し、次に包含やその他として最上位レベルの除外に対してより詳細な例外を構成できます。