Product Documentation

デフォルトで処理に含める項目と除外する項目

Mar 10, 2017

このトピックでは、Profile managementでのプロファイル処理にデフォルトで含める項目および除外する項目について説明します。展開環境によっては、処理に含めるまたは除外する項目を必要に応じて追加してください。追加が必要な項目を判断する方法については、「アプリケーションの選択」を参照してください。

重要:INIファイルの代わりにグループポリシーを使用する場合(またはINIファイルをテストした後でグループポリシー展開をロールアウトする場合)は、インストールされているINIファイルとは異なり、ADMまたはADMXファイルにデフォルトで項目が追加されていないことに注意してください。デフォルト項目は、管理者がADMまたはADMXファイルに追加する必要があります。これらの項目については、このトピックの表を参照してください。以下の点に注意してください。
  • INIファイルとADMまたはADMXファイルでの設定名の対応については、「Profile Managementポリシー」を参照してください。また、Profile management変数(!ctx_internetcache!など)がどのように展開されるかについても理解しておいてください。
  • INIファイルから項目を貼り付ける場合は、各項目の末尾の等号(=)を削除してください。
  • 項目の冒頭にバックスラッシュ(\)を追加しないでください。

処理に含めるレジストリ項目

デフォルト値

<空白>

処理から除外するレジストリ項目

デフォルト値
Software\Microsoft\AppV\Client\Integration=
Software\Microsoft\AppV\Client\Publishing=
Software\Microsoft\Speech_OneCore=
注:Microsoft App-Vを使用する場合は、この除外項目ではなく「Profile managementとApp-V」で説明されている項目を除外してください。

処理に含めるフォルダー項目

デフォルト値

<空白>

デフォルトでプロファイルのすべてのフォルダーが処理されます。

処理から除外するフォルダー項目

以下のフォルダーが同期処理から除外されます。

デフォルト値
!ctx_internetcache!=
!ctx_localappdata!\Google\Chrome\User Data\Default\Cache=
!ctx_localappdata!\Google\Chrome\User Data\Default\Cached Theme Images=
!ctx_localappdata!\Google\Chrome\User Data\Default\JumpListIcons=
!ctx_localappdata!\Google\Chrome\User Data\Default\JumpListIconsOld=
!ctx_localappdata!\GroupPolicy=
!ctx_localappdata!\Microsoft\AppV=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Messenger=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Office\15.0\Lync\Tracing=
!ctx_localappdata!\Microsoft\OneNote=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Outlook=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Terminal Server Client=
!ctx_localappdata!\Microsoft\UEV=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Windows Live=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Windows Live Contacts=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Windows\Application Shortcuts=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Windows\Burn=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Windows\CD Burning=
!ctx_localappdata!\Microsoft\Windows\Notifications=
!ctx_localappdata!\Packages=
!ctx_localappdata!\Sun=
!ctx_localappdata!\Windows Live=
!ctx_localsettings!\Temp=
!ctx_roamingappdata!\Microsoft\AppV\Client\Catalog=
!ctx_roamingappdata!\Sun\Java\Deployment\cache=
!ctx_roamingappdata!\Sun\Java\Deployment\log=
!ctx_roamingappdata!\Sun\Java\Deployment\tmp=
$Recycle.Bin=
AppData\LocalLow=
Tracing=

処理に含めるファイル項目

デフォルト値

<空白>

デフォルトでプロファイルのすべてのファイルが処理されます。

処理から除外するファイル項目

デフォルト値

<空白>

デフォルトでプロファイルのすべてのファイルが処理されます。