Product Documentation

アップグレードと移行

Mar 10, 2017

このセクションでは、Profile managementソフトウェアのアップグレード方法と、既存のWindowsユーザープロファイルをCitrixユーザープロファイルに移行する方法について説明しています。 たとえば、ここでの説明に従ってバージョン3.xからバージョン5.xに簡単にアップグレードできます。

アップグレードを実行する前に、どのProfile management機能および設定がアップグレード前と後のリリースで使用できるかを把握します。 この情報を確認するには、「Profile managementのポリシー」を参照してください。 INIファイルからグループポリシーへのアップグレードを容易にするため、INIファイルの設定名をADMおよびADMXファイルの設定名にもマップしています。

アップグレード中は(グループポリシーまたはINIファイルで)Profile managementを構成しないでください。最初に展開をアップグレードし、次に理想的には「構成上の判断」の質問に回答することで必要に応じて設定を構成します。

ヒント:最新のバージョンにアップグレードして、Profile management 2.1.1以降の環境にHotfixを適用できます。アップグレード後、必要な場合はこれ以降の任意の機能を有効にできます。

混在展開

異なるバージョンのProfile managementが混在する展開の場合、次のことを実行する必要があります。

  • 混在展開となっている期間を最短化する
  • 最新バージョンのADMまたはADMXファイルをすべてのドメインコントローラー上の各グループポリシーオブジェクトに追加し、すべての新機能を必ず無効にして、新しいポリシーにかかる時間を増やす
  • ポリシーを有効にする前に、すべてのコンポーネントを最新バージョンのProfile managementにアップグレードする

バージョン5.xと3.2がある混在展開がサポートされます。ただしこのような展開は、以前のバージョンから新しいバージョンへ移行する間の一時的な状態として処理します。

重要:Citrix Technical Preview版またはベータリリース版を含む、バージョン2.1.1以前をバージョン5.xと組み合わせた展開環境はサポートされません。ただしアップグレードを実行できず、展開内にこのようなバージョンを混在させる必要がある場合、このトピックの後述の内容が役に立つ場合があります。

Profile Management 2.1.1以前がある混在展開

ここからは、Profile management 2.1.1以前、およびProfile management 3.xまたは5.xの混在に関する情報について説明します。あるバージョンから別のバージョンへの移行方法について、言及しています。このトピックでは、バージョン2およびバージョン5という用語をこれらのバージョンの略語として使用します。

別個のOUに各バージョンを分離し、各バージョンを実行するコンピューターに対して別個のユーザーストアを保持します。または、単一のユーザーストアが両方のバージョンを実行するコンピューターに適用される場合は、すべてのコンピューターでバージョン5へアップグレードされるまでは、すべてのバージョン5の設定を無効にする必要があります。「混在」ユーザーストアでバージョン4設定を有効にした後も、バージョン2を実行するコンピューターにログオンできますが、この場合は(ネットワーク、Citrixユーザープロファイルではない)一時Windowsユーザープロファイルが適用され、そのプロファイルに追加した変更は保存されません。これが混在展開を一時的なものとして、アップグレードを完了する前にこの状態である期間を最短にする必要がある理由です。

別個のOUおよびユーザーストアの使用は不便です。この問題を避けるため、次の2つの方策のうちの1つを使用できます。処理済みグループ設定を使って、各グループをProfile managementの適切なバージョンで構成します。方策1よりも方策2の方がより効果的です。方策2では、バージョン5の処理済みユーザーグループの更新が維持され、アプリケーションおよびデスクトップの2つのセットが保持(ただしXenAppからアプリケーション定義をエクスポートして自動化できる)されます。これには、移行に時間をかけることができるという利点があります。

注:これらの方策を実行する代わりに、Windows Server 2008 Active DirectoryでWMIフィルタリングを使用してGPOをOU内のコンピューターのサブセットに適用し、度のバージョンのProfile managementがインストールされているかを判別できます。これにより、バージョンに合致させるためにどのポリシーを適用するかを自動的に調節できます。

方策1:一時移行

このシナリオでは、ダウンタイムの受け入れが可能なことが前提となっています。 すべてのコンピューターが同時に移行されます。

移行方法は、次のとおりです。
  1. バージョン2のADMファイルをバージョン5のファイルに置き換えます。 バージョン4のADMファイルには前のバージョンとの互換性があるため、バージョン2のコンピューターの操作はそのまま続行されます。
  2. バージョン5の設定はすべて無効である必要があります。 デフォルトの[有効でない]に依存しないでください。
  3. すべてのコンピューターでバージョン2からバージョン5へのアップグレードを開始します。 これを通常のメンテナンスおよび更新のスケジュールに合わせます。 1つを例外として、バージョン5設定を有効にするまでは、バージョン5はバージョン2として動作します。 例外は次のとおりです。 このアップグレード処理に時間がかかることがまれにあります。 複数のサーバーからCitrixユーザープロファイルにアクセスすると、複数のバージョン4セッションが作成されます。 たとえば、ユーザーが最初にワークステーションを使ってあるサーバー上の仮想デスクトップにアクセスし、次にラップトップコンピューターから別のサーバー上の公開アプリケーションにアクセスするとします。 Profile managementは2つめのラップトップコンピューターセッションに対して保留領域を使用することになります。 この時点で、OU全体は(バージョン5機能を構成していないにもかかわらず)バージョン5展開として処理され、PmCompatibility.iniが更新されて、これが反映されます。
  4. オプションとして、バージョン5処理済みユーザーグループを設定して、小規模のパイロットグループのメンバーだけを含めるようにします。 ADグループポリシーの変更が(週末を経過するなど)ネットワークを介して適用されるのを待ちます。 この間、ほかのユーザーによるアクセスをブロックする必要はありません。 パイロットグループのプロファイルのバックアップをとります。 次にパイロットグループでProfile managementをテストします。
  5. パイロットグループの結果に満足がいく場合は、ほかのユーザーのプロファイルのバックアップをとります。
  6. 次にスケジュールされているメンテナンス期間を用いて、残りのユーザーをバージョン5処理済みユーザーグループに追加します。 ADグループポリシーの変更が適用されるのを待ってから、残りのユーザーによるログオンを許可します。

方策2:段階的移行

このシナリオでは、すべてのマシンまたはユーザーを一度には新しいバージョンに移動できず、そのためバッチで移行するユーザーのサブセットを選択する前提となっています。この方法は、複数のデータセンターがある展開環境、またはユーザーが地理的にさまざまな場所にいる展開環境に適しています。

移行方法は、次のとおりです。
  1. バージョン2のADMファイルをバージョン5のファイルに置き換えます。バージョン4のADMファイルには前のバージョンとの互換性があるため、バージョン2のコンピューターの操作はそのまま続行されます。
  2. バージョン5の設定はすべて無効である必要があります。デフォルトの[有効でない]に依存しないでください。
  3. 数台のコンピューター(最初のバッチ)でバージョン5へのアップグレードを実行します。または、バージョン5を新しいコンピューターにインストールします。デフォルトでは、バージョン5の処理済みユーザーグループ含まれているグループは空で、そのためバージョン5のユーザーとして処理されるユーザーはいません。方法1で説明した例外は、段階的移行でコンピューターをアップグレードする場合にも適用される場合があります。
  4. バージョン5のコンピューターから新しいアプリケーション(XenAppを使用)または仮想デスクトップ(XenAppまたはXenDesktopを使用)を公開します。これらのアプリケーションやデスクトップは、名称がバージョン5のユーザーが使用することを示す以外の点では、バージョン2のコンピューターで以前に公開したものと同じです。
  5. このバッチで選択したユーザーが(たとえばWeb Interfaceを使用して)アプリケーションまたはデスクトップにログオンします。新しいアプリケーションを選択します(ユーザー名またはグループメンバーシップをベースに、Web Interfaceを使ってこれを強制的に実行します)。この結果、セッションをバージョン4のコンピューターで実行しますが、セッションはバージョン2の設定で処理されます。
  6. すべてのユーザーのプロファイルのバックアップを取る必要があります。
  7. バージョン2の処理済みユーザーグループからバージョン4のグループにユーザーを移動します。ADグループポリシーがバージョン5のコンピューターに適用されるのを待ちます。次回ログオン時に、ユーザーのセッションがバージョン5設定で処理されます。
  8. 前述のように、コンピューターの次のバッチをアップグレードし、ユーザーの次のバッチを移行します。