Profile Management

VHDXファイルの格納先のパスを指定する

デフォルトでは、Profile Managementにより、VHDX仮想ディスク(VHDXファイル)がユーザーストアに保存されます。Profile Management 2112以降では、[VHDXファイルのストレージパスのカスタマイズ] 機能を使用して、それらの保存先となる別個のパスを指定できます。

概要

Profile Managementには、次のVHDXベース機能が用意されています:

デフォルトでは、VHDXファイルはすべてユーザーストアに保存されます。必要に応じて、それらの保存先となる別個のパスを指定できます。次の表に、VHDXファイルの格納先のパスを示します。

ポリシー デフォルトの格納先パス カスタムの格納先パス
プロファイルコンテナ設定 {USER_STORE_PATH}\ProfileContainer\{OS_NAME_SHORT}\ {VHDX_STORE_PATH}\ProfileContainer\{OS_NAME_SHORT}\
Outlook検索インデックスのローミング {USER_STORE_PATH}\VHD\{OS_NAME_SHORT}\ {VHDX_STORE_PATH}\VHD\{OS_NAME_SHORT}\
フォルダーのミラーリングの高速化 {USER_STORE_PATH}\MirrorFolders\ {VHDX_STORE_PATH}\MirrorFolders\

Profile Managementは、現在のユーザーになりすましてVHDXファイルにアクセスするようになり、ドメインコンピューターにVHDXファイルの格納先のパスへのfull control権限を付与しなくなりました。

ストレージの場所の準備

VHDXファイル用にネットワーク上のストレージの場所を準備します。必ずユーザーにストレージの場所に対するModify以上の権限を付与してください。

格納先のパスの指定

VHDXファイルの格納先のパスを指定するには、次の手順に従います:

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。
  2. [コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[Citrixコンポーネント]>[Profile Management]>[上級設定] で、[VHDXファイルのストレージパスのカスタマイズ] ポリシーをダブルクリックします。
  3. [有効] をクリックします。
  4. [VHDXファイルを格納するパス] フィールドに、ストレージの場所のフルパスを入力します。例:\\myservername\vhdx_store
  5. [適用] をクリックしてから、[OK] をクリックします。

設定を有効にするには、次の手順を実行します:

  1. ユーザープロファイルを使用しているすべてのセッションからログオフします。
  2. コマンドプロンプトからgpupdate /forceコマンドを実行します。

    ポリシーが有効になる時期は、ユースケースによって異なります:

    • VHDXファイルの格納先のパスを初めて指定する場合、ポリシーはユーザーのログオン後に有効になります。
    • VHDXファイルの格納先のパスを変更した場合、ポリシーはユーザーが初めてログオフした後に有効になります。

gpgroupコマンドについて詳しくは、Microsoftのドキュメントを参照してください。

この設定をここで構成しない場合、INIファイルの値が使用されます。この設定がここかINIファイル内で構成されていない場合、Profile Managementは、VHDXファイルをユーザーストアに保存します。

VHDXファイルの格納先のパスを指定する