Product Documentation

ストレージデバイスドライブ使用時の書き込みキャッシュの無効化によるパフォーマンスの向上

Mar 24, 2016
IDEやSATAなどのストレージデバイスドライブにProvisioning Servicesサーバーから書き込む場合は、パフォーマンスを向上させるために書き込みキャッシュを無効にします。

vDiskを格納するストレージデバイスのためにWindowsでサーバーハードドライブの書き込みキャッシュを無効にするには、次の手順に従います。

  1. Provisioning Servicesサーバーでコントロールパネルを開きます。 [管理ツール][コンピューターの管理]の順に選択します。
  2. ツリーで[ディスクの管理]ノードをダブルクリックします。
  3. Windows書き込みキャッシュを無効にするストレージデバイスを右クリックします。
  4. [プロパティ]を選択して[ハードウェア]タブをクリックします。
  5. [プロパティ]をクリックします。
  6. [ポリシー]タブをクリックします。
  7. [ディスクの書き込みキャッシュを有効にする]チェックボックスをオフにします。
  8. [OK]をクリックしてから、再度[OK]をクリックします。
  9. [コンピューターの管理]ウィンドウおよび[管理ツール]ウィンドウを閉じます。
  10. コンソールでProvisioning Servicesサーバーを右クリックし、[Stream Service]、[再起動]の順に選択します。 または、構成ウィザードを再実行したり、Windowsのコントロールパネルで[管理ツール]、[サービス]の順に選択したりして、サービスを再起動することもできます ([サービス]ウィンドウではStream Serviceを右クリックして[開始]を選択します)。