Product Documentation

vDiskのアップグレード

Jul 06, 2016
注:新しい製品バージョンにアップグレードする前に、すべてのvDiskのバックアップを作成してください。

vDiskをアップグレードする場合は、vDiskイメージに新しいバージョンのProvisioning Servicesターゲットデバイスソフトウェアをインストールします。

Provisioning Services 7.6.1以降からアップグレードする場合は、インプレースアップグレードを実行できます。 可能な場合は、この方法を使用することをお勧めします。 必要なステップは2つだけです。

  1. クライアントをプライベートモードまたは保守モードで起動します。
  2. マスターターゲットデバイスへのProvisional Servicesソフトウェアのインストール」の説明に従って、ターゲットデバイスインストーラーを実行します。
7.6.1より前のバージョンからアップグレードする必要がある場合は、以下のvDiskアップグレード方法がサポートされています。
  • Hyper-Vを使用したvDiskのアップグレード。 Provisioning Services 6.x、7.1、または7.6からアップグレードしている場合は、このインラインアップグレード方法をお勧めします。イメージの再構築よりも短期間でアップグレードできて、使用するストレージが最も小さい方法です。
  • イメージの再構築によるvDiskのアップグレード。 ほかの2つのvDisksアップグレード方法がいずれも有用でない環境の場合、以下のアップグレード方法のうち1つを選択してください。
    • バージョン付けされたvDiskのアップグレード – vDiskをProvisioning Services 6.xから7.1または7.6にアップグレードする場合で、Hyper-Vを使用したvDiskのアップグレード方法が使用できない場合は、この方法を使用します。 この方法ではvDiskの保守バージョンとしてイメージを再構築します。これにより実稼働デバイスは引き続き実行され、vDiskの実稼働バージョンを起動することができます。 アップグレードしたvDiskのバージョンを実稼働バージョンに昇格した後は、ターゲットデバイスはアップグレードしたvDiskのバージョンから起動します。
    • 自動インラインアップグレード – vDiskをProvisioning Services 5.1.x、5.6.x、または6.xから7.1または7.6にアップグレードする場合で、Hyper-Vおよびバージョン付けされたvDiskによるアップグレードの方法を使用できない場合は、この方法を使用します。 この方法ではアップグレードウィザードおよびアップグレードマネージャーを使用して、vDiskの手動アップグレード方法に含まれるいくつかの手順を自動化します。
    • vDiskの手動アップグレード – vDiskを5.1.x、5.6.x、または6.xから7.1または7.6にアップグレードする場合は、Hyper-Vおよびバージョン付けされたvDiskによるアップグレード方法を使用できない、または自動インラインアップグレードに失敗する場合に限り、このvDiskアップグレード方法をお勧めします。 vDiskに複数のパーティションがあり、イメージの再構築のために同じシステムとマシンを使用できる場合には(ハードディスクドライブは同じである必要はありません)、この方法も検討に入れることができます。