廃止

以下の告知は、お客様が適宜ビジネス上の決定を下せるように、段階的に廃止される機能について前もってお知らせするためのものです。Citrixではお客様の使用状況と機能の削除に関するフィードバックをチェックして、各機能を撤廃するかどうかを判断しています。このリストは以降のリリースでの変更に従っており、廃止される機能がすべて含まれるわけではありません。

以下の機能が廃止されました。これらは即時削除されるというわけではありません。Citrix Virtual Apps and Desktopsの長期サービスリリース(Long Term Service Release:LTSR)の次のリリースに含まれる次のCitrix Provisioningバージョンまでは引き続きサポートされます。廃止される項目は、次のLTSRに続く最新リリースで削除されます。可能な場合、廃止される項目の代替が提案されます。

製品ライフサイクルサポートについて詳しくは、「製品ライフサイクルサポートポリシー」の文書を参照してください。

  • プリンター管理:[vDiskプロパティ]画面に [プリンター管理を有効にする] というラベルが付いています。この項目はバージョン7.12で発表されました。

  • [起動デバイスの管理]画面の[BDMメディアプロパティ]部分の [BDMセキュアブート] という用語: この項目はバージョン7.12で発表されました。

    代わりに、次のようになります:[SBD の保護] パラメーターが [BDMセキュアブート] に置き換わります。新しいパラメーターは、BDMセキュアブートオプションと同様の機能を提供します。以下の手順で、この機能を使用します。

    1. [起動デバイスの管理]画面で、[SBDの保護] チェックボックスをオンにします。
    2. オプションで、[ランダムパスワードを生成](ライトワンスメディアを作成)を選択して、パスワードと確認パスワードを入力します。
    3. [書き込む] をクリックして、起動可能なデバイスを作成します。
  • [vDiskプロパティ]画面が更新され、[キャッシュの種類]フィールドから次のオプションが削除されます:

    • ハードディスクにキャッシュする。このオプションは[vDiskプロパティ]画面で利用可能なパラメーター一覧から削除されます。ただし、APIを使用してこのオプションを構成することはできます。
    • ハードディスクに永続的にキャッシュする。[ハードディスクにキャッシュする]パラメーターは、ASLRをサポートしていないため削除されます。

    この項目はバージョン7.12で発表されました。代わりに、使用可能なその他のオプションのいずれかを使用してください。

廃止

In this article