SDKおよびAPI

HDX SDK for Chrome

Citrix Receiver for Chromeでは、サードパーティ製アプリをロックおよびロック解除したり、XenAppおよびXenDesktopセッションから切断したりできるChrome API(実験的なAPI)を導入しました。このAPIによって、埋め込みモードおよびキオスクモードの両方でCitrix Receiver for Chromeを起動できます。埋め込みモードで起動されたセッションは、キオスクモードで起動されたセッションと同様に機能します。

SDKドキュメントについては、「HDX SDK for Citrix Receiver for Chrome」を参照してください。

HDX SDKの例については、Citrixダウンロードページを参照してください。

Citrix仮想チャネルSDK for Citrix Receiverfor Chrome

Citrix仮想チャネルソフトウェア開発キット(SDK)は、ICAプロトコルを使用する追加の仮想チャネルのための、サーバー側アプリケーションやクライアント側ドライバーの作成をサポートします。サーバー側仮想チャネルアプリケーションは、XenAppまたはXenDesktopサーバー上にあります。このバージョンのSDKは、Receiver for Chrome用の新しい仮想チャネルの作成をサポートします。他のクライアントプラットフォーム用の仮想ドライバーの作成については、Citrixにお問い合わせください。

仮想チャネルSDKには、以下のものが用意されています。

  • Citrix Server API SDK(WFAPI SDK)の仮想チャネルとともに使用して、新しい仮想チャネルを容易に作成できるインターフェイス。
  • プログラミングテクニックの実例となるいくつかの仮想チャネルサンプルプログラムの、実際に機能するソースコード。
  • 仮想チャネルSDKでは、WFAPI SDKで仮想チャネルのサーバー側を作成する必要があります。

仮想チャネル(VC)SDKドキュメントについては、「Citrix Virtual Channel SDK for Citrix Receiver for Chrome」を参照してください。

VC SDKの例については、Citrixダウンロードページを参照してください。

SDKおよびAPI