構成ファイルを使ったカスタマイズ

構成ファイルについて

Receiverの構成ファイルを編集すると、高度な設定や一般的ではない設定を変更できます。これらの構成ファイルは、wficaの起動時に毎回読み取られます。変更する内容により、さまざまな構成ファイルを編集できます。

セッション共有が有効な場合は、更新した構成ファイルに基づくセッションが作成される代わりに既存のセッションが使用されることがあります。この場合、更新した構成ファイルの設定はセッションに反映されません。

すべてのCitrix Receiverユーザーにデフォルト設定を適用する

Citrix Receiverのすべてのユーザーに変更されたデフォルト設定を適用する場合は、$ICAROOT/configディレクトリ内のmodule.ini構成ファイルを編集します。

module.iniの値をほかの構成ファイルで上書きする場合を除き、module.iniの構成値のエントリをAll_Regions.iniに追加する必要はありません。All_Regions.iniのエントリで特定の値を設定すると、その設定に対するmodule.iniの値は使用されません。

新しいCitrix Receiverユーザーに変更を適用する

$HOME/.ICAClient/wfclient.iniファイルが存在しない場合、wficaが$ICAROOT/config/wfclient.テンプレートをコピーして作成します。このテンプレートファイルに変更を加えると、以降のすべての新しいCitrix Receiverユーザーに適用されます。

特定のユーザーのすべてのコネクションに変更を適用する

特定のユーザーのすべてのコネクションに変更を適用する場合は、そのユーザーの$HOME/.ICAClientディレクトリ内のwfclient.iniファイルを編集します。この構成ファイルによる設定は、そのユーザーの新しいコネクションに適用されます。

構成ファイルエントリを検証する

wfclient.iniのエントリの値を制限するには、設定可能な値またはその範囲をAll_Regions.iniで指定できます。可能な値を1つだけ指定した場合、この値が使用されます。$HOME/.ICAClient/All_Regsions.iniは$ICAROOT/config/All_Regions.iniで設定された値に一致するかその値を減らすだけで、制限を取り除くことはできません。詳しくは、$ICAROOT/configディレクトリ内のAll_Regions.iniファイルを参照してください。

module.iniとwfclient.iniで同一エントリに対する値を設定すると、wfclient.iniの値が優先されます。

構成ファイルのパラメーターについて

各構成ファイルのパラメーターは、セクションでグループ化されています。各セクションの冒頭には、角かっこで囲まれたセクション名(クライアント側ドライブのマッピングに関するパラメーターの[ClientDrive]など)が記述されています。

特に注記がある場合を除き、記述されていないパラメーターには自動的にデフォルト値が適用されます。パラメーターに値が設定されていない場合も、自動的にデフォルト値が適用されます。たとえば、「InitialProgram=」の後に値が記述されていない場合、デフォルトの設定である「ログオン後にプログラムを実行しない」が適用されます。

優先順位

All_Regions.iniにより、ほかの構成ファイルに設定可能なパラメーターが指定されます。設定可能な値の範囲を指定したり、特定の値を指定したりできます。

構成ファイルは以下の順序でチェックされます:

  1. All_Regions.ini。この構成ファイルの値は、以下のファイルの値よりも優先されます。
    • コネクションのICAファイル
    • wfclient.ini
  2. module.ini。この構成ファイルの値は、All_Regions.ini、コネクションのICAファイル、またはwfclient.iniで設定されておらず、All_Regions.iniで制限されていない場合に適用されます。

いずれの構成ファイルでも設定されていない場合は、Receiverのデフォルト設定が適用されます。

上記の優先順位には例外があります。たとえば、セキュリティ上の理由から、サーバーの設定が適用されないように、一部の値がwfclient.iniから読み取られる場合があります。