Product Documentation

アプリケーション配信の構成

Jun 22, 2013

XenDesktopやXenAppでアプリケーションをユーザーに配信するときは、StoreFrontのストアを使ってアプリケーションにアクセスするユーザーのエクスペリエンスを向上させるために、次のオプションについて検討します。XenDesktop 7でのアプリケーション配信については、XenDesktop 7のドキュメントの「デリバリーグループアプリケーションの作成」を参照してください。

  • デリバリーグループのアプリケーションにわかりやすい説明を入力します。この説明は、Receiverのユーザーに表示されます。
  • アプリケーションがストアのユーザー全員に自動的にサブスクライブされるようにするには、アプリケーションの説明に「KEYWORDS:Auto」という文字列を追加します。ユーザーがストアにログオンすると、そのアプリケーションを手動でサブスクライブしなくても自動的にプロビジョニングされます。
  • Autoキーワードと同じ自動サブスクリプションを提供し、さらにユーザーがReceiverを使用してアプリケーションを削除することを防ぐには、アプリケーションの説明に「KEYWORDS:Mandatory」という文字列を追加します。
  • 説明に「KEYWORDS:Featured」という文字列を追加すると、そのアプリケーションがCitrix Receiverの[おすすめ]一覧に表示され、ユーザーがそのアプリケーションを見つけやすくなります。