インストール

CitrixReceiver.exeのインストールパッケージは、以下の方法でインストールできます。

  • Citrix.comまたは管理者が作成したダウンロードサイトからのインストール
    • 初めて使用するユーザーがCitrix Receiver for WindowsのインストールファイルをCitrix.comなどのダウンロードサイトから入手した場合は、サーバーURLの代わりにメールアドレスを入力してアカウントをセットアップできます。これにより、メールアドレスに関連付けられたNetScaler GatewayやStoreFrontサーバーが識別され、ログオン用のメッセージが表示されてインストールを続行します。この機能は、「メールアドレスによるアカウント検出」と呼ばれます。注:初めて使用するユーザーとは、デバイスにCitrix Receiver for Windowsをインストールしていないユーザーを指します。
    • Citrix.com以外の場所(Receiver for Webサイトなど)からCitrix Receiver for Windowsをダウンロードした場合は、メールアドレスによるアカウントセットアップを使用できません。
    • Citrix Receiver for Windowsの構成が必要な環境では、ほかの方法でReceiverをユーザーに配布してください。
  • Receiver for WebサイトまたはWeb Interfaceのログオン画面からの自動インストール
    • 初めて使用するユーザーがアカウントをセットアップするには、サーバーのURLを入力するかプロビジョニング(CR)ファイルをダウンロードします。
  • ESD(Electronic Software Delivery:電子ソフトウェア配信)ツールによるインストール
    • 初めて使用するユーザーがアカウントをセットアップする場合、サーバーのURLを入力するかプロビジョニングファイルを開く必要があります。

パススルー認証を使用しない場合、Citrix Receiver for Windowsのインストールに管理者権限は不要です。

HDX RealTime Media Engine(RTME)

単一のインストーラーでは、最新のCitrix Receiver for WindowsとHDX RTMEインストーラーが結合されています。実行可能ファイル(.exe)を使用してCitrix Receiverをインストールすると、HDX RTMEもインストールされます。

HDX RealTime Media Engineがインストールされていて、Citrix Receiver for Windowsをアンインストールして、再インストールする場合、HDX RTMEのインストールと同じモードを使用するようにしてください。

メモ

RTMEサポートが統合された最新バージョンのCitrix Receiverのインストールには、ホストマシンの管理者権限が必要です。

Citrix Receiver for Windowsをインストールまたはアップグレードする場合は、HDX RTMEに関して次の点のご注意ください。

  • 最新バージョンのCitrix ReceiverPlusRTMEにはHDX RTMEが含まれているため、別途RTMEをインストールする必要はありません。
  • 前バージョンのCitrix Receiver for Windowsから最新のバンドルバージョン(RTMEを含むCitrix Receiver)へのアップグレードに対応しています。以前インストールされたRTMEのバージョンは、最新バージョンに上書きされます。同じCitrix Receiver for Windowsのバージョンから最新のバンドルバージョンへのアップグレード(例: Receiver 4.7からRTMEがバンドルされたReceiver 4.7)はサポートしていません。
  • 以前のバージョンのRTMEをお持ちの場合、最新バージョンのCitrix Receiver for Windowsをインストールすることにより、クライアントデバイスのRTMEも自動的に更新されます。
  • 最新バージョンのRTMEがインストール済みであれば、インストーラーはそのバージョンを保持します。

重要

XenApp/XenDesktopサーバー上のHDX RealTime Connectorを最新バージョンの2.0.0.417にして新しいRTMEパッケージと互換性を持たせる必要があります。RTME 2.0は1.8 RTME Connectorとは使用できません。

Citrix Receiver for Windowsの手動アップグレード

StoreFront環境:

  • BYOD(Bring Your Own Device)ユーザー(私的デバイス活用ユーザー)のベストプラクティスについては、製品ドキュメントのサイトでドキュメントを参照しながら最新バージョンのNetScaler GatewayおよびStoreFrontを構成してください。StoreFrontにより作成されたプロビジョニングファイルをメールに添付して、アップグレード方法およびCitrix Receiver for Windowsのインストール後にプロビジョニングファイルを開く方法をユーザーに通知します。
  • プロビジョニングファイルをユーザーに送信できない場合は、NetScaler GatewayのURLを入力するように指示します。また、StoreFrontのドキュメントで説明されているメールアドレスによるアカウント検出を構成済みの場合は、自分のメールアドレスを入力するようにユーザーに指示します。
  • また、Citrix Receiver for Webサイトを構成(StoreFrontのドキュメントを参照)し、「Citrix Receiver for WebサイトからのCitrix Receiver for Windowsの配布」の説明に従って構成を完了する方法もあります。Citrix Receiver for Windowsのアップグレード方法、Citrix Receiver for Webサイトへのアクセス方法、Citrix Receiver for Webサイトからのプロビジョニングファイルのダウンロード方法(ユーザー名をクリックして [アクティブ化] をクリック)をユーザーに通知します。

Web Interfaceで展開する場合

  • Citrix Receiver for WindowsでWeb Interfaceサイトをアップグレードし、「Web Interfaceのログオン画面からのCitrix Receiver for Windowsの配布」で説明されている構成を完了します。Citrix Receiver for Windowsのアップグレード方法をユーザーに通知します。たとえば、ユーザーがCitrix Receiverインストーラーを入手するためのダウンロードサイトを作成して、そこに名前を変更したインストーラーを配置します。

アップグレード時の注意事項

Citrix Receiver for Windows 4.xでは、Citrix Receiver for Windows 3.xと、Citrix Online Plug-in 12.xをアップグレードできます。

Citrix Receiver for Windows 3.xまたはOnline Plug-inがマシン単位でインストールされている場合、管理権限のないユーザーによるユーザー単位のアップグレードはサポートされません。

Citrix Receiver for Windows 3.xまたはOnline Plug-inがユーザー単位でインストールされている場合、マシン単位でのアップグレードはサポートされません。