Citrix ADC SDX

Citrix ADC SDXアプライアンス用のCitrix ADMサービス接続の概要

Citrix ADM Serviceは、Citrix ADC SDXアプライアンスの管理、監視、オーケストレーション、自動化、トラブルシューティングに役立つクラウドベースのソリューションです。また、アプリケーションの正常性、パフォーマンス、およびセキュリティに関する分析的洞察と精選された機械学習ベースの推奨事項も提供します。詳しくは、「 Citrix ADM サービス」を参照してください。

Citrix Application Delivery Management(ADM)サービス接続は、Citrix ADC SDXアプライアンスをCitrix ADMサービスにシームレスにオンボーディングできるようにする機能です。この機能は、Citrix ADC SDXアプライアンスとCitrix ADMサービスが総合的なソリューションとして機能するのに役立ち、お客様に複数のメリットを提供します。

Citrix ADM サービス接続機能を使用すると、Citrix ADC SDX インスタンスは自動的にCitrix ADM サービスに接続し、システム、使用状況、およびテレメトリデータをそのインスタンスに送信できます。このデータを使用して、Citrix ADM サービスは、パフォーマンスの問題の迅速な特定や高いリソース使用率など、Citrix ADC SDX インフラストラクチャに関する洞察と推奨事項を提供します。

Citrix ADMサービスの機能を活用するために、Citrix ADC SDXアプライアンスをCitrix ADMサービスにオンボーディングすることを選択できます。オンボーディングプロセスでは ADM Service Connect を使用し、シームレスで迅速なエクスペリエンスを実現します。

注意すべきポイント

  • Citrix ADM サービスコネクトは、Citrix ADC MPX、SDX、VPX インスタンス、およびCitrix Gateway アプライアンスで利用できるようになりました。

  • Citrix ADM サービスの対応する機能はまだ公開されていません。この機能の価値はCitrix ADMサービスリリースでまもなく明らかになり、Citrixはドキュメントを更新します。

詳しくは、「データガバナンス」を参照してください。

Citrix ADMサービスは、Citrix ADMサービスとのサポートをどのように接続しますか

これは、Citrix ADCのCitrix ADMサービス接続機能がCitrix ADMサービスとどのように相互作用するかについての高レベルのワークフローです。

  1. Citrix ADC SDXアプライアンスのCitrix ADMサービス接続機能は、定期的なプローブ要求を使用してCitrix ADMサービスと自動接続します。

  2. このリクエストには、システム、使用状況、およびテレメトリーのデータが含まれており、Citrix ADMサービスは、パフォーマンスの問題の迅速な特定や高いリソース使用率など、Citrix ADCインフラストラクチャに関する洞察と推奨事項を提供します。

  3. 洞察と推奨事項を表示し、Citrix ADC SDXアプライアンスをCitrix ADMサービスにオンボーディングして、Citrix ADC SDXアプライアンスの管理を開始することを決定できます。

  4. オンボーディングを決定すると、Citrix ADMサービス接続機能により、オンボーディングをシームレスに完了できます。

Citrix ADMサービスコネクトはどのバージョンのCitrix ADCでサポートされていますか

Citrix ADMサービスコネクトは、すべてのCitrix ADCプラットフォームとすべてのアプライアンスモデル(MPX、VPX、SDX)でサポートされています。Citrix ADCリリース12.1ビルド58.xx以降、Citrix ADC SDXアプライアンスではデフォルトでCitrix ADMサービス接続が有効になります。

Citrix ADMサービスコネクトを有効にするにはどうすればよいですか

既存のCitrix ADCユーザーで、Citrix ADCリリース12.1ビルド58.xにアップグレードする場合、Citrix ADMサービス接続はアップグレードプロセスの一部としてデフォルトで有効になります。

Citrix ADCリリース12.1ビルド58.xをインストールするCitrix ADC 新規顧客の場合、Citrix ADMサービス接続はインストールプロセスの一部としてデフォルトで有効になります。

新しいCitrix ADCアプライアンスとは異なり、既存のCitrix ADC SDXアプライアンスは、Citrix Insight Service(CIS)またはCall Homeを介してルートを検索します。

Citrix ADMサービス接続を有効または無効にするにはどうすればよいですか

Citrix ADM サービス接続は、CLI、GUI、または NITRO API メソッドから有効または無効にできます。

CLIでの手順

CLIを使用してCitrix ADMサービス接続を有効にするには

コマンドプロンプトで入力します。

set autoreg_setting autoreg=true

CLIを使用してCitrix ADMサービス接続を無効にするには

コマンドプロンプトで入力します。

set autoreg_setting autoreg=false

CLIを使用してCitrix ADMサービスの接続設定を表示するには

show autreg_setting

                 autoreg: true

     is_banner_displayed: true

Done

GUI の使用

Citrix ADC GUIを使用してCitrix ADMサービス接続を無効にするには

  1. [ システム] に移動します。[ システム ]ページで、[ システム設定]セクションの[Citrix ADMサービス接続の構成 をクリックします。

  2. [ADMパラメーターの構成 ]ページで、 [Citrix ADM サービス接続を有効にする ]ダイアログボックスの選択を解除し、[ OK]をクリックします。

    ADM サービス接続の構成

NITRO API を使う

NITRO コマンドを使用して、Citrix ADMサービス接続を無効にすることができます。

curl -X PUT -H "Content-Type:application/json" http://192.0.2.10/nitro/v1/config/sdx_autoreg -d '{"sdx_autoreg":{"autoreg":"false"}}' -u nsroot:Test@1

Citrix ADM組み込みエージェントの動作

Citrix ADC リリース 12.1 ビルド 58.xx 以降から、Citrix ADC SDX インスタンスには、ADM サービス接続機能を備えたエージェントが組み込まれています。Citrix ADC SDX インスタンスで使用できる Citrix ADM 組み込みエージェントは、アクティブなデーモンのように起動し、ADM サービスと通信します。ADM サービスとの通信が確立されると、組み込みエージェントは定期的に最新のソフトウェアバージョンに自動的にアップグレードされます。

参照ドキュメント

Citrix ADMサービス接続の詳細については、次のトピックを参照してください。