Citrix ADC SDX

Citrix ADCインスタンスでのL2モードの許可

レイヤー2(L2)モードでは、Citrix ADC インスタンスはラーニングブリッジとして機能し、宛先ではないすべてのパケットを転送します。Cloud Bridgeなどの一部の機能では、Citrix ADC インスタンスでL2モードを有効にする必要があります。L2 モードを有効にすると、インスタンスは自身の MAC アドレス以外の MAC アドレスのパケットを受信および転送できます。ただし、Citrix ADC SDXアプライアンスで実行されているCitrix ADCインスタンスでL2モードを有効にする場合、管理者はまずそのインスタンスでL2モードを許可する必要があります。L2 モードを許可する場合は、ブリッジングループを回避するための予防策を講じる必要があります。

使用上の注意:

  1. 特定の 1/x インターフェイスでは、タグなしパケットは 1 つのインスタンスでのみ許可される必要があります。同じインターフェイスで有効になっている他のすべてのインスタンスでは、[Tagged] を選択する必要があります。

    :

    L2モードのインスタンスに割り当てられたすべてのインターフェイスで[Tagged]を選択することをお勧めします。[tagged] を選択すると、そのインターフェイスではタグなしパケットを受信できないことに注意してください。

    インスタンスに割り当てられたインターフェイスに [Tagged] を選択した場合は、そのインスタンスにログオンし、そのインターフェイスでパケットを受信するように 802.1q VLAN を設定します。

  2. L2モードが許可されているCitrix ADCインスタンスで共有される1/xおよび10/xインターフェイスの場合は、次の条件が満たされていることを確認してください。

    • VLAN フィルタリングはすべてのインターフェイスで有効になっています。
    • 各インターフェイスは異なる 802.1q VLAN 上にあります。
    • インターフェイス上でタグなしパケットを受信できるインスタンスは 1 つだけです。そのインターフェイスが他のインスタンスに割り当てられている場合は、そのインスタンスに対してそのインターフェイスで [Tagged] を選択する必要があります。
  3. 1/x インターフェイス上のインスタンスにタグなしパケットを許可し、そのインスタンスに L2 モードが許可されている場合、他のインスタンス(L2 モードが許可または許可されていない)はそのインターフェイスでタグなしパケットを受信できません。

  4. 1/x インターフェイス上のインスタンスにタグなしパケットを許可し、そのインスタンスで L2 モードが許可されていない場合、L2 モードが許可されたインスタンスはそのインターフェイスでタグなしパケットを受信できません。

  5. 0/x インターフェイスで L2 モードのインスタンス(VPX1 など)をプロビジョニングし、同じインターフェイスが別のインスタンス(VPX2 など)にも割り当てられている場合は、2 番目のインスタンス(VPX2)に割り当てられている他のすべてのインターフェイス(1/x および 10/x)に対して [Tagged] を選択します。

:Citrix ADCインスタンスでL2モードが有効になっていて、両方の管理インターフェイス(0/1と0/2)がそのインスタンスに関連付けられている場合、L2モードが有効になっている別のCitrix ADCインスタンスに関連付けることができるのは一方の管理インターフェイスのみです。L2モードが有効になっている複数のCitrix ADCインスタンスに両方の管理インターフェイスを関連付けることはできません。

インスタンスで L2 モードを許可するには

  1. ADC のプロビジョニングウィザードまたは ADC の変更ウィザードの [ネットワーク設定] ページで、[L2 モードを許可] を選択します。 注:インスタンスの [ Allow L2 Mode] 設定は、インスタンスをプロビジョニングするとき、またはインスタンスの実行中にアクティブ化できます。
  2. ウィザードの手順に従って処理を進めます。
  3. [完了] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
Citrix ADCインスタンスでのL2モードの許可