Citrix ADC SDX

インターフェイスでの VMAC の設定

Citrix ADC インスタンスは、高可用性(アクティブ/アクティブまたはアクティブ/スタンバイ)構成のために仮想 MAC(VMC)を使用します。仮想 MAC アドレス (VMAC) は、高可用性セットアップでプライマリノードとセカンダリノードで共有されるフローティングエンティティです。

高可用性設定では、プライマリノードは MIP、SNIP、VIP アドレスなど、すべての Floating IP アドレスを所有します。プライマリノードは、これらの IP アドレスに対するアドレス解決プロトコル (ARP) 要求に自身の MAC アドレスで応答します。その結果、外部デバイス(アップストリームルータなど)の ARP テーブルが Floating IP アドレスとプライマリノードの MAC アドレスで更新されます。

フェイルオーバーが発生すると、セカンダリノードが新しいプライマリノードとして引き継がれます。次に、Gratuitous ARP(GARP)を使用して、プライマリから取得したフローティング IP アドレスをアドバタイズします。ただし、新しいプライマリがアドバタイズする MAC アドレスは、自身のインターフェイスの MAC アドレスです。

一部のデバイス(特に一部のルーター)は、Citrix ADC SDXアプライアンスによって生成されたGARPメッセージを受け入れません。このようなデバイスでは、古いプライマリノードによってアドバタイズされた古い IP と MAC のマッピングが保持され、その結果、サイトがダウンする可能性があります。

この問題は、HA ペアの両方のノードに VMAC を設定することで解決できます。これにより、両方のノードに同じ MAC アドレスが割り当てられます。したがって、フェールオーバーが発生しても、セカンダリノードの MAC アドレスは変更されず、外部デバイスの ARP テーブルを更新する必要はありません。

VMAC の設定には、次の 2 段階のプロセスがあります。

  1. SDX 管理サービスで VMAC を設定します。インターフェイスまたは LA チャネルの VRID を追加します。SDX 管理サービスで VMAC を設定します
  2. Citrix インスタンスで VMAC を設定します。詳細については、「 チャネルグループでの VMACの設定 」のサポート記事を参照してください。

SDX 管理サービスで VMAC を構成する

VMAC を設定するには、管理サービスから IPv4 または IPv6 VRID をインターフェイスまたは LA チャネルに追加します。管理サービスは内部で VMAC を生成します。Citrix ADC インスタンスでアクティブ/アクティブモードを構成する場合は、同じ VRID を指定します。

次の点に留意してください。

  1. 管理サービスからVRIDを追加し、Citrix ADC インスタンスに同じVRIDを指定します。Citrix ADC インスタンスに直接VRIDを追加すると、インスタンスは宛先MACアドレスとしてVMACアドレスを持つパケットを受信できません。
  2. 同じ SDX アプライアンス内で実行されている異なるインスタンスで同じ VRID を使用することはできません。
  3. インスタンスの実行中に、インスタンスに割り当てられたインターフェイスの VRID を追加または削除できます。
  4. アクティブ/アクティブ構成では、インスタンスに割り当てられたインターフェイスに複数の VRID を指定できます。
  5. 10G インターフェイスでは最大 86 個の VMC、1G インターフェイスでは最大 16 個の VMC が許可されます。VMAC フィルタがそれ以上使用できない場合は、別のインスタンスの VRID の数を減らします。

Citrix ADC VPXインスタンスの追加時にVRIDを追加することも、既存のCitrix ADCインスタンスを変更してVRIDを追加することもできます。

IPv4 または IPv6 VRID をインターフェイスまたは LA チャネルに追加するには

  1. SDXにVPXインスタンスを追加するときに、[ ネットワーク設定] で [ データインターフェイス] を選択します。SDXにVPXインスタンスを追加する方法について詳しくは、「 Citrix ADCインスタンスの追加」を参照してください。
  2. [ Interfaces ] ドロップダウンメニューから、インターフェイスまたは LA チャネルを選択します。
  3. [VMAC 設定] で、次の値の一方または両方を設定します。
    • VRID IPv4:VMAC を識別する IPv4 VRID。可能な値:1 ~ 255
    • VRID IPv6:VMAC を識別する IPv6 VRID。可能な値:1 ~ 255 注:複数の VRID を区切るにはカンマを使用します。たとえば、12,24 と入力します。
  4. [ Add ] をクリックして、 VMAC 設定をインターフェイスに追加します。
  5. [ 完了] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。

VMac 管理サービスの設定

インスタンスがすでにプロビジョニングされている場合、IPv4 または IPv6 VRID を追加するには、次の手順に従います。

  1. SDX 管理サービスから、[ 構成] > [Citrix ADC] > [インスタンス]に移動します。
  2. インスタンスを選択して [ Edit] をクリックします。
  3. [ データインターフェイス] でインターフェイスを選択し、[編集] をクリックします。
  4. [VMAC 設定] で、VRID 値を設定します。[ 追加 ] をクリックし、[ 完了] をクリックします。
インターフェイスでの VMAC の設定