Citrix ADC SDX

インターフェースを管理する

管理サービスの [Interfaces] ペインでは、各インターフェイスの転送設定を構成できます。また、VPXインスタンス上の仮想インターフェイスのSDXアプライアンスへのマッピングを表示したり、インターフェイスにMACアドレスを割り当てたりすることもできます。

注: Direct Attach Cable(DAC; 直接接続ケーブル)が接続されているインターフェイスでは、自動ネゴシエーションはサポートされません。

[Interfaces] ペインの [ Interfaces ] リストの [ State ] 列の [UP] は、インターフェイスがトラフィックを正常に受信していることを示します。DOWN は、インターフェイスがトラフィックを送受信できないネットワークの問題を示します。

重要: 1 GB を超える接続ではフロー制御は推奨されません。

インターフェイスを設定するには

  1. [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[インターフェイス] をクリックします。

  2. [Interfaces] ペインで、設定するインターフェイスをクリックし、[Edit] をクリックします。

  3. [Configure Interface] ウィンドウで、次のパラメータの値を指定します。

    • オートネゴシエーション*:オートネゴシエーションを有効にします。指定可能な値:オン、オフ。デフォルト:オン。
    • Speed*:インターフェイスのイーサネット速度(MB/s)。指定できる値は、10、100、1000、および 10000 です。
    • Duplex*:インターフェイスのデュプレックス動作のタイプ。可能な値:フル、ハーフ、なし。デフォルト:なし。
    • フロー制御オートネゴシエーション*:フロー制御パラメータを自動的にネゴシエートします。指定可能な値:オン、オフ。デフォルト:オン
    • Rx フロー制御*:Rx フローを有効にします。指定可能な値:オン、オフ。デフォルト:オン
    • Tx フロー制御*:enableTX フロー制御は有効です。指定可能な値:オン、オフ。デフォルト:オン

    * 必須パラメータ

  4. [OK] をクリックし、[Close] をクリックします。

インターフェイスのパラメータをデフォルト値にリセットするには

  1. [構成] タブのナビゲーションウィンドウで、[システム] を展開し、[インターフェイス] をクリックします。
  2. [Interfaces] ペインで、リセットするインターフェイスをクリックし、[Reset] をクリックします。

VPXインスタンス上の仮想インターフェースとSDXアプライアンス上の物理インターフェースのマッピングを表示する

VPXインスタンスでは、GUIとCLIに、インスタンス上の仮想インターフェイスとアプライアンス上の物理インターフェイスのマッピングが表示されます。

VPXインスタンスにログオンしたら、構成ユーティリティで [ ネットワーク] に移動し、[ インターフェイス] をクリックします。次の図に示すように、インスタンスの仮想インターフェイス番号とアプライアンス上の対応する物理インターフェイス番号が [ Description ] フィールドに表示されます。

CLI で show interface コマンドを入力します。例:

 > show interface
 1) Interface 10/3 (10G VF Interface, PF 10/4) #2
 flags=0xe460 <ENABLED, UP, UP, HAMON, 802.1q>
 MTU=1500, native vlan=1, MAC=6e:b6:f5:21:5d:db, uptime 43h03m35s
 Actual: media FIBER, speed 10000, duplex FULL, fctl NONE, throughput 10000
 RX: Pkts(2547925) Bytes(287996153) Errs(0) Drops(527183) Stalls(0)
 TX: Pkts(196) Bytes(8532) Errs(0) Drops(0) Stalls(0)
 NIC: InDisc(0) OutDisc(0) Fctls(0) Stalls(0) Hangs(0) Muted(0)
 Bandwidth thresholds are not set.
 ...
<!--NeedCopy-->

MAC アドレスをインターフェイスに割り当てる

SDXアプライアンスでADCインスタンスをプロビジョニングする際、Citrix Hypervisorはそのインスタンスに関連付けられた仮想インターフェイスにMACアドレスを内部的に割り当てます。同じアプライアンスまたは別のアプライアンス上の別のインスタンスに関連付けられた仮想インターフェイスに、同じ MAC アドレスが割り当てられている場合があります。MAC アドレスが重複して割り当てられないように、一意の MAC アドレスを強制できます。

MAC アドレスをインターフェイスに割り当てるには、次の 2 つの方法があります。

  1. ベース MAC アドレスと範囲をインターフェイスに割り当てる:管理サービスは、ベースアドレスと範囲を使用して一意の MAC アドレスを割り当てます。
  2. グローバルベース MAC アドレスを割り当てる:グローバルベース MAC アドレスがすべてのインターフェイスに適用されます。その後、管理サービスはすべてのインターフェイスの MAC アドレスを生成します。グローバルベース MAC アドレスを設定すると、1G インターフェイスの範囲は 8 に設定され、10G インターフェイスの範囲は 64 に設定されます。グローバルベース MAC アドレスが 00:00:00:00:00 に設定されている場合のベース MAC アドレスの例については、次の表を参照してください。
物理インターフェイス ベース MAC アドレス
0/1 00:00:00:00:00:00
0/2 00:00:00:00:00:08
1/1 00:00:00:00:00:10
1/2 00:00:00:00:00:18
1/3 00:00:00:00:00:20
1/4 00:00:00:00:00:28
1/5 00:00:00:00:00:30
1/6 00:00:00:00:00:38
1/7 00:00:00:00:00:40
1/8 00:00:00:00:00:48
10/1 00:00:00:00:00:50
10/2 00:00:00:00:00:90

表1. グローバルベース MAC アドレスから生成されるベース MAC アドレスの例

管理ポートのベース MAC アドレスは参照用です。管理サービスは、ベース MAC アドレスに基づいて、1/x および 10/x ポートに対してのみ MAC アドレスを生成します。

注: ベース MAC アドレスをチャネルに割り当てることはできません。

MAC アドレスでさまざまな操作を実行するには、[ システム] > [インターフェイス] をクリックします。インターフェイスを選択し、[ Edit] をクリックします。[ インターフェイスの設定(Configure Interface )] ウィンドウで MAC アドレス操作を実行します。

SDX アプライアンスの物理インターフェイスを無効または有効にする

SDX アプライアンスのどの物理インターフェイスも使用していない場合は、セキュリティ上の理由から、Management Service を使用して物理インターフェイスを無効にできます。

注: デフォルトでは、SDX アプライアンス上のすべての物理インターフェイスが有効になっています。また、VPXやチャンネルでインターフェースが使用されている場合、そのインターフェースを無効にすることはできません。

物理インターフェイスを無効にするには、次の手順で行います。

  1. [ 構成 ] タブのナビゲーションウィンドウで、[ システム] を展開し、[ インターフェイス] をクリックします。
  2. [ Interfaces ] ペインで、無効にするインターフェイスを選択します。
  3. [ アクション ] ドロップダウンリストで、[ 無効] をクリックします。

無効にした物理インターフェイスを使用する場合は、Management Service を使用してインターフェイスを有効にできます。

無効にした物理インターフェイスを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. [ 構成 ] タブのナビゲーションウィンドウで、[ システム] を展開し、[ インターフェイス] をクリックします。
  2. [ Interfaces ] ペインで、有効にする無効インターフェイスを選択します。
  3. [ アクション ] ドロップダウンリストで [ 有効] をクリックします。