Citrix ADC SDX

システムヘルスモニタリング

システムヘルスモニタリングでは、監視対象コンポーネントのエラーが検出されるため、障害を回避するための是正措置を講じることができます。Citrix ADC SDXアプライアンスでは、次のコンポーネントが監視されます。

  • ハードウェアとソフトウェアのリソース
  • 物理ディスクと仮想ディスク
  • <ファン、温度、電圧、電源センサなどのハードウェアセンサ
  • インターフェイス

[監視] タブで、[システムヘルス] をクリックします。すべての構成部品のサマリーが表示されます。監視対象コンポーネントの詳細を表示するには、[System Health] を展開し、監視するコンポーネントをクリックします。

  • SDX アプライアンス上のリソースを監視する

    SDX アプライアンス上のハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントを監視し、必要に応じて修正措置を講じることができます。監視対象のコンポーネントを表示するには、[ 監視] タブで [ システムヘルス] を展開し、[ リソース] をクリックします。ハードウェアリソースとソフトウェアリソースの詳細が表示されます。すべてのハードウェアコンポーネントについて、現在の値と期待値が表示されます。BMC ファームウェアのバージョンを除くソフトウェアコンポーネントでは、現在の値と期待値が「該当なし (NA)」と表示されます。

  • 名前

    CPU、メモリ、BMC ファームウェアのバージョンなど、コンポーネントの名前。

  • ステータス

    コンポーネントの状態 (条件)。

    ハードウェアおよびBMC ファームウェアバージョンの場合、ERROR は予想値からの逸脱を示します。Citrix Hypervisorへの呼び出しで、ERRORは、管理サービスがAPI、HTTP、PING、またはSSH呼び出しを使用してCitrix Hypervisorと通信できないことを示します。 ヘルスモニタープラグインの場合、エラーはプラグインがCitrix Hypervisorにインストールされていないことを示します。

  • [現在の値]

    コンポーネントの現在の値。通常の状態では、現在の値は期待値と同じです。

  • 期待値

    コンポーネントに期待される値。Citrix Hypervisorへのソフトウェアコールには適用されません。

SDX アプライアンスでのストレージリソースの監視

SDX アプライアンス上のディスクを監視し、必要に応じて修正措置を講じることができます。監視対象のコンポーネントを表示するには、[監視] タブで [システムヘルス] を展開し、[記憶域] をクリックします。物理ディスク、仮想ディスク、または物理ディスクから作成されたパーティションの詳細が表示されます。

ディスク (Disk) の場合、次の詳細が表示されます。

  • 名前

    物理ディスクの名前。

  • サイズ

    ディスクのサイズ(GB)単位。

  • 使用済み

    ディスク上のデータ量(GB)単位。

  • トランザクション数/秒

    1 秒あたりに読み書きされるブロック数。この数値は iostat 出力から読み取られます。

  • ブロック読み取り回数/秒

    1 秒あたりに読み取られるブロック数。この値を使用して、ディスクからの出力レートを測定できます。

  • 書き込まれたブロック数/秒

    1 秒あたりに書き込まれるブロック数。この値を使用して、ディスクへの入力レートを測定できます。

  • 読み取られたブロック総数

    アプライアンスが最後に起動されてから読み取られたブロック数。

  • 書き込まれたブロック総数

    アプライアンスが最後に起動されてから書き込まれたブロック数。

仮想ディスクまたはパーティション (ストレージリポジトリ) の場合、次の詳細が表示されます。

  • ドライブベイ

    ドライブベイ内のドライブの番号。このパラメータでデータをソートできます。

  • ステータス

    ドライブベイ内のドライブの状態 (状態)。設定可能な値:

    • 良好:ドライブは良好な状態で、使用できる状態です。
    • FAIL: ドライブに障害が発生したため、交換する必要があります。
    • MISSING: ドライブベイにドライブが認識されない。
    • UNKNOWN: ドライブベイに未フォーマットの新しいドライブが存在します。
  • 名前

    ストレージリポジトリのシステム定義名。

  • サイズ

    ストレージリポジトリのサイズ(GB)単位。

  • 使用済み

    ストレージリポジトリ内のデータ量(GB)単位。

SDX アプライアンス上のハードウェアセンサーの監視

SDX アプライアンス上のハードウェアコンポーネントを監視し、必要に応じて修正措置を講じることができます。[監視] タブで、[システムヘルス] を展開し、[ハードウェアセンサー] をクリックします。監視機能には、さまざまなファンの速度、さまざまなコンポーネントの温度と電圧、および電源の状態に関する詳細が表示されます。

ファン速度については、次の詳細が表示されます。

  • 名前

    ファンの名前。

  • ステータス

    ファンの状態 (状態)。ERROR は期待値からの偏差を示します。NA はファンがないことを示します。

  • 現在の値 (RPM)

    1 分あたりの現在の回転数。

温度情報には、次の詳細が含まれます。

  • 名前

    CPU やメモリモジュールなどのコンポーネントの名前 (P1-DIMM1A など)

  • ステータス

    コンポーネントの状態 (条件)。ERROR は、現在の値が範囲外であることを示します。

  • 現在の値 (C度)

    コンポーネントの現在の温度 (度単位)。

電圧情報には、次の詳細が含まれます。

  • 名前

    CPU コアなど、コンポーネントの名前。

  • ステータス

    コンポーネントの状態 (条件)。ERROR は、現在の値が範囲外であることを示します。

  • 電流値 (ボルト)

    コンポーネントに存在する電流電圧。

電源装置に関する情報には、次の情報が含まれます。

  • 名前

    コンポーネントの名前。

  • ステータス

    コンポーネントの状態 (条件)。設定可能な値:

    • エラー:1 つの電源装置だけが接続されているか、動作しています。
    • OK: 両方のPSUが接続され、正常に動作しています。

SDX アプライアンス上のインターフェイスのモニタリング

SDX アプライアンス上のインターフェイスを監視し、必要に応じて修正措置を講じることができます。[監視] タブで [システムヘルス] を展開し、[インターフェイス] をクリックします。モニタリング機能では、各インターフェイスに関する次の情報が詳細に表示されます。

  • インターフェイス

    SDX アプライアンスのインターフェイス番号。

  • ステータス

    インターフェイスの状態。可能な値:UP、DOWN。

  • 割り当てられた VF 数/合計

    インタフェースに割り当てられている仮想機能の数、およびそのインタフェースで使用可能な仮想機能の数。1G インターフェイスには最大 7 つの仮想機能を割り当てることができ、10G インターフェイスには最大 40 個の仮想機能を割り当てることができます。

  • Tx パケット

    アプライアンスが最後に起動されてから送信されたパケット数。

  • 受信パケット

    アプライアンスが最後に起動されてから受信したパケット数。

  • Tx バイト

    アプライアンスが最後に起動されてから送信されたバイト数。

  • Rx バイト

    アプライアンスが最後に起動されてから受信したバイト数。

  • Tx エラー

    アプライアンスが最後に起動されてから、データ送信中に発生したエラーの数。

  • 受信エラー

    アプライアンスが最後に起動されてからデータ受信エラーが発生した回数。

システムヘルスモニタリング