Citrix ADC SDX

Trend MicroのInterScan Web Security

Trend MicroのInterScan Web Security は、インターネットゲートウェイで従来の脅威や新たなWeb脅威から動的に保護するソフトウェア仮想アプライアンスです。アプリケーション制御、マルウェア対策スキャン、リアルタイム Web レピュテーション、柔軟な URL フィルタリング、および高度な脅威保護を統合することで、ネットワーク上でのクラウドベースアプリケーションの増加に対する優れた保護と、より優れた可視性と制御を実現します。リアルタイムのレポート作成と一元管理により、管理者はプロアクティブな意思決定ツールとなり、その場でリスク管理を行うことができます。

InterScan Web Security:

  • エンドユーザーのインターネットアクティビティをより詳細に可視化
  • 管理を一元化して最大限の管理を実現
  • Webの使用を発生時に監視
  • オンザスポットでの修復を実現
  • アプライアンスの無秩序な増加と電力コストを削減
  • データ損失保護とサンドボックス実行分析をオプションで提供

InterScan Web Security インスタンスをプロビジョニングする前に、Trend Microの Web サイトから XVA イメージをダウンロードする必要があります。XVAイメージをダウンロードしたら、Citrix ADC SDXアプライアンスにアップロードします。

注: チャネルの一部である SR-IOV インターフェイス(1/x および 10/x)は、InterScan Web Security インスタンスではチャネルがサポートされていないため、インターフェイスのリストには表示されません。

XVA イメージを SDX アプライアンスにアップロードするには、次の手順を実行します。

  1. [ 構成 ] タブで、 Trend Micro IWSVA > [ソフトウェアイメージ] の順に移動します。
  2. 詳細ウィンドウの [XVA ファイル] タブで、[ アップロード] をクリックします。
  3. 表示されたダイアログボックスで [ 参照] をクリックし、アップロードする XVA ファイルを選択します。
  4. [アップロード]をクリックします。XVA ファイルペインに XVA ファイルが表示されます。

Trend Micro IWSVA インスタンスをプロビジョニングするには

  1. [ 構成 ] タブで、 Trend Micro IWSVA > [インスタンス] に移動します。
  2. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。
  3. Trend Micro IWSVA のプロビジョニングウィザードで 、画面の指示に従います。
  4. [OK] をクリックし、[Close] をクリックします。

インスタンスをプロビジョニングしたら、インスタンスにログオンして詳細設定を実行します。

プロビジョニングされたインスタンスのパラメーターの値を変更するには、詳細ペインで変更するインスタンスを選択し、[ Edit] をクリックします。Trend Micro IWSVA の変更ウィザードで、ご使用の環境に適した値にパラメータを設定します。

Trend MicroのInterScan Web Security

この記事の概要