Citrix ADC SDX

インスタンスごとの専用インターフェイスによる統合

次の例では、インスタンスは複数のネットワークの一部です。インターフェイス 0/1 は、内部 10.1.1.x ネットワークの一部である管理サービスに割り当てられます。Citrix ADC インスタンス 2 および 3 は 10.1.200.x ネットワーク(VLAN 100)の一部であり、Citrix ADC インスタンス 4 および 5 は 10.1.3.x ネットワーク(VLAN 200)の一部です。

オプションで、すべてのインスタンスに NSVLAN を設定できます。

次の図は、上記のユースケースを示しています。

図1:複数のネットワークにCitrix ADCインスタンスがあるSDXアプライアンスのネットワークトポロジ

topology1

SDX アプライアンスはスイッチに接続されています。アプライアンスのポート 1/1 が接続されているスイッチポートに VLAN ID 100 および 200 が設定されていることを確認します。

次の表に、この例でCitrix ADCインスタンス5および3のプロビジョニングに使用されるパラメーターの名前と値を示します。

パラメーター名 インスタンス 5 の値 インスタンス 3 の値
名前 vpx5 vpx3
IPアドレス 10.1.3.2 10.1.200.2
ネットマスク 255.255.255.0 255.255.255.240
Gateway 10.1.3.1 10.1.200.1
XVA ファイル NS-VPX-XEN-10.0-51.308.a_nc.xva NS-VPX-XEN-10.0-51.308.a_nc.xva
機能ライセンス Platinum Platinum
管理者プロフィール ns_nsroot_profile ns_nsroot_profile
ユーザー名 vpx5 vpx3
パスワード Sdx ルート
パスワードの確認 Sdx ルート
シェル/Sftp/Scp アクセス True True
合計メモリ (MB) 2048 2048
#SSL チップス 1 1
スループット (Mbps) 1000 1000
1 秒あたりのパケット数 1000000 1000000
CPU 共有 共有
インターフェイス 1/1 と 10/4 1/1 と 1/5
NSVLAN 200 100
Add (インタフェース) 1/1 1/1
タグ付きインターフェイス タグ付きを選択 タグ付きを選択

この例に示すように、Citrix ADC インスタンス 5 および 3 をプロビジョニングするには

  1. [構成]タブのナビゲーションペインで[Citrix ADC 構成]を展開し、[インスタンス]をクリックします。
  2. Citrix ADC インスタンスペインで、[追加]をクリックします。
  3. Citrix ADC プロビジョニングウィザードで、ウィザードの指示に従って、パラメーターを上の表に示した値に設定します。
  4. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。プロビジョニングしたCitrix ADC インスタンスが [Citrix ADC インスタンス] ペインに表示されます。
インスタンスごとの専用インターフェイスによる統合