Citrix ADC SDX

VPXインスタンスの変更管理

Citrix ADC VPXインスタンスの構成に対する変更は、管理サービスから追跡できます。詳細ウィンドウには、デバイス名と IP アドレス、最終更新日時、日時が表示されます。また、保存されている構成と実行構成との間に違いがあるかどうかも表示されます。デバイスを選択すると、実行構成、保存済み構成、構成変更履歴、およびアップグレード前とアップグレード後の構成の違いが表示されます。VPXインスタンスの構成をローカルコンピューターにダウンロードできます。デフォルトでは、Management Service は 24 時間ごとにすべてのインスタンスをポーリングしますが、この間隔は変更できます。既存の設定ファイルからコマンドをコピーして、監査テンプレートを作成できます。後でこのテンプレートを使用して、インスタンスの設定の変更を検出し、必要に応じて修正措置を講じることができます。

VPXインスタンスの変更管理を表示するには

  1. 構成 ]タブで、[ Citrix ADC]>[変更管理]に移動します。
  2. [ 変更管理 ] ペインでVPXインスタンスを選択し、[ アクション ] リストから次のいずれかを選択します。
    • [Running Configuration]:選択したVPXインスタンスの実行構成を新しいウィンドウに表示します。
    • 「保存された構成」(Saved Configuration)-選択したVPXインスタンスの保存済み構成を新しいウィンドウに表示します。
    • 保存された対。[Running Diff]:保存した構成、実行構成、修正コマンド(差分)を表示します。
    • 「リビジョン履歴差分」(Revision History Diff)-基本構成ファイルと 2 つ目の構成
    • アップグレード前対[Post Upgrade Diff]:アップグレードの前後の設定の違い、および修正コマンド(違い)を表示します。
    • [Template Diff]:保存済みまたは実行中の構成とテンプレートの差分を表示します。この差分はバッチファイルとして保存できます。テンプレートからインスタンスに設定を適用するには、このバッチファイルをインスタンスに適用します。
    • [Download]:選択したVPXインスタンスの設定をダウンロードし、ローカルデバイスに保存します。

Citrix ADC インスタンスの構成に対する更新をポーリングするには

  1. 構成 ]タブで、[ Citrix ADC]>[変更管理]に移動します。
  2. 変更管理 」枠の「 操作 」リストで、次のいずれかを選択します。
    • [Poll Now]:Management Serviceは、アプライアンスにインストールされているVPXインスタンスの構成(ns.conf)に対する更新について、即時ポーリングを実行します。
    • ポーリング間隔の構成-管理サービスがアプライアンスにインストールされているVPXインスタンスの構成(ns.conf)に対する更新をポーリングするまでの時間。デフォルトのポーリング間隔は 24 時間です。

Citrix ADC インスタンスの監査テンプレートを構成するには

  1. 既存の設定ファイルを開き、そのコマンドのリストをコピーします。
  2. 構成 ]タブで、[ Citrix ADC]>[変更管理]>[監査テンプレート]に移動します。
  3. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。
  4. [ テンプレートの追加 ] ダイアログボックスで、テンプレートの名前と説明を追加します。
  5. [ Command ] テキストボックスに、構成ファイルからコピーしたコマンドのリストを貼り付けます。
  6. [Create] をクリックしてから、[Close] をクリックします。
VPXインスタンスの変更管理