Citrix ADC SDX

Citrix ADC SDXアプライアンスにCitrix SD-WAN VPXインスタンスを展開する

Citrix SD-WANテクノロジーは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の概念をWAN接続に適用します。このテクノロジーは、トラフィック管理と監視をネットワークハードウェアから抽象化し、個々のアプリケーションに適用します。その結果、地理的に分散した場所でもパフォーマンスが向上し、高品質なユーザーエクスペリエンスが実現し、広域ネットワークとクラウドアクセスネットワークの導入が簡素化されます。詳しくは、「 Citrix SD-WAN」を参照してください。

リリース 12.1 49.xx から、Citrix ADC SDX 14XXX および SDX 115XX アプライアンスにCitrix SD-WAN VPX インスタンスを展開できます。詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

注: SD-WAN VPX スタンダードエディションのみがサポートされています。詳細については、 SD-WAN VPX エディションを参照してください

Citrix SD-WAN VPX インスタンスをSDXアプライアンスに展開するには、次のタスクが含まれます。

前提条件

次のライセンスがあることを確認します。

  • Citrix SD-WAN VPX ライセンス
  • Citrix ADC SDX プラットフォームライセンス

Citrix SD-WAN VPX の要件

SDXプラットフォーム上のCitrix SD-WAN VPXは、サイトとしてもMCNとしても機能できます。MCN は 1 Gb/ 秒の双方向スループットと 64 のサイトを処理できます。

MCN とサイトでサポートされるスループット

  • 250 MB/秒~1 Gb/秒の双方向スループット
  • MCN は 64 のサイトをサポート

サポートされるスループットに対するハードウェア要件

サイト

  • 4 CPU から 16 CPU
  • 4 GB から 16 GB RAM
  • 60 GB から 250 GB のディスクストレージ
  • 最小 4 つの NIC: 1 つは管理用、残りは 3 つはデータパス用

マスターコントロールノード (MCN)

  • 4、8、16 CPU
  • 16 GB RAM
  • 250 GB のディスクストレージ
  • 最小 4 つの NIC: 1 つは管理用、残りの 3 つはデータパス用、専用の NIC はデータパス用

データセンター・トポロジー

Citrix SD-WAN VPXアプライアンスは、ポリシーベースルート(PBR)モードまたはインラインモードでCitrix ADC SDXに展開できます。これら 2 つのサポートされるモードについては、データセンタートポロジのシナリオ 1 と 2 を参照してください。詳細については、「 仮想インラインモードでの SD-WAN の展開」を参照してください。

シナリオ 1: インラインモード

イメージ

シナリオ 2: PBR モードまたは仮想インラインモード

イメージ

Citrix ADC SDXでCitrix SD-WAN VPXインスタンスをプロビジョニングする

Citrix SD-WAN VPXアプライアンスをプロビジョニングする前に、Citrix 製品のダウンロードサイト( https://www.citrix.com/downloads/netscaler-sd-wan/)からSD-WAN VPXイメージをダウンロードします。

Citrix SD-WAN VPXアプライアンスをプロビジョニングするには、次の手順に従います。

  1. Citrix ADC SDXアプライアンスにログオンします。
  2. 構成 > SD-WAN > インスタンスに移動します
  3. ソフトウェアイメージ > アップロードを選択し 、SD-WAN XVA ファイルをアップロードします。

    イメージ

  4. [ インスタンス > 追加]を選択します。[ SD-WAN インスタンスのプロビジョニング ] ページが表示されます。

  5. [ SD-WAN インスタンスのプロビジョニング ] ページで、次のように入力します。

    a. 名前

    b. IP アドレス

    c. ネットマスク

    d. ゲートウェイアドレス

    e. XVA ファイルのアップロード

    f. [ リソース割り当て] で、リソースを割り当てます。

    イメージ

    g. [ ネットワーク設定]で、管理インターフェイスをプロビジョニングし、[ OK ] を選択して作成し、SD-WAN VPX インスタンスを SDX アプライアンスにプロビジョニングします。

    イメージ

注: SDX Management Serviceは、インターフェイス名の昇順でVPXインスタンスにインターフェイスをバインドします。たとえば、1/4 と 1/1 を追加すると、Management Service はそれらを 1/1、1/4 として配置します。 新しいインターフェイスを追加しても、既存のシーケンスは保持され、新しいシーケンスが作成されます。たとえば、インターフェイス 1/2、10/1、1/3 を追加するとします。新しいシーケンスは 1/1、1/4、1/2、1/3、10/1 になります。

6. SD-WAN VPX インスタンスが [インスタンス] ページの下に表示されます。ここに例があります。

![Image](/en-us/sdx/media/sd-wan-vpx-example.png)

インスタンスを編集するには、[ 構成] > [SD-WAN] > [インスタンス] に移動します。インスタンスを選択してクリックします。編集が完了したら、「 OK」 をクリックして変更を保存します。

Citrix SD-WAN VPX インスタンスの構成

SDX アプライアンスで SD-WAN インスタンスを作成したら、次の 2 つのタスクを完了して SD-WAN インスタンスを構成します。

  1. MCN とサイトアプライアンスの両方に構成を適用します。

  2. 仮想パスを設定し、トラフィックを転送します。

詳しくは、次のトピックを参照してください:

関連情報

Citrix SD-WANアプライアンスの使用を開始する方法について詳しくは、「 Citrix SD-WAN」を参照してください。

Citrix ADC SDXアプライアンスの詳細については、「 Citrix ADC SDX」を参照してください。

Citrix ADC SDXアプライアンスにCitrix SD-WAN VPXインスタンスを展開する