Citrix ADC SDX

Citrix ADC インスタンスで生成されたイベントの監視と管理

イベント機能を使用して、Citrix ADC インスタンスで生成されたイベントを監視および管理します。管理サービスはイベントをリアルタイムで識別し、問題に即座に対処し、Citrix ADC インスタンスを効果的に実行し続けるのに役立ちます。また、生成されたイベントをフィルタリングし、フィルタリングされたイベントリストに対してアクションを実行するよう通知を受けるようにイベントルールを設定することもできます。

すべてのイベントを表示する

Citrix ADC SDX アプライアンスにプロビジョニングされたCitrix ADCインスタンスで生成されたすべてのイベントを表示できます。各イベントの重要度、カテゴリ、日付、ソース、メッセージなどの詳細を表示できます。

イベントを表示するには、[ 構成]>[Citrix ADC]>[イベント]>[すべてのイベント]に移動します。

イベントの表示

イベントを選択して [Details] ボタンをクリックすると、 イベント履歴とエンティティの詳細を表示できます 。特定のイベントを検索したり、このページから削除したりすることもできます。

注:イベントを削除すると、復元できなくなります。

  • レポートの表示

    [Reports] ページには、イベントの概要がグラフ形式で表示されます。レポートは、さまざまな時間スケールに基づいて表示できます。デフォルトのタイムスケールは Day です。

    レポートを表示するには、[ 構成]>[Citrix ADC]>[イベント]>[レポート]に移動します。管理サービスでサポートされるグラフィカルなレポートを次に示します。

    • イベント

      Events レポートは、イベントの数をセグメント化し、重大度に基づいて色分けした円グラフです。

      イベント円グラフ

      特定の重大度のイベントの詳細を表示するには、円グラフのセグメントをクリックすると、次の詳細を表示できます。

      • Source: イベントが生成されたシステム名、ホスト名、または IP アドレス。
      • Date: アラームが生成された日時。
      • カテゴリ:イベントカテゴリ (entityupなど)。
      • メッセージ:イベントの説明。

    • すべてのイベントで上位10の Citrix ADC インスタンス

      このレポートは、選択した時間スケールのイベント数に従って、上位10個のCitrix ADCインスタンスを表示する棒グラフです。

      chart

    • エンティティ状態変更イベント別のCitrix ADCインスタンストップ10

      このレポートは、選択したタイムスケールのエンティティ状態の変更数に応じて、上位10個のCitrix ADCインスタンスを表示する棒グラフです。エンティティの状態の変化は、エンティティのアップ、エンティティの停止、またはアウトオブサービスイベントを反映します。

      events-instances

    • しきい値違反イベント別のCitrix ADCインスタンスの上位10

      このレポートは、選択した時間スケールのしきい値違反イベントの数に応じて、上位10個のCitrix ADCインスタンスを表示する棒グラフです。しきい値違反イベントには、次のイベントが反映されます。

      • cpuUtilization
      • memoryUtilization
      • diskUsageHigh
      • temperatureHigh
      • voltageLow
      • voltageHigh
      • fanSpeedLow
      • temperatureCpuHigh
      • interfaceThroughputLow
      • interfaceBWUseHigh
      • aggregateBWUseHigh

      しきい値違反

    • ハードウェア障害イベント別のCitrix ADCインスタンス上位10件このレポートは 、選択した時間スケールのハードウェア障害イベントの数に従って、上位10個のCitrix ADCインスタンスを表示する棒グラフです。ハードウェア障害イベントには、次のイベントが反映されます。
      • ハードディスクドライブエラー
      • コンパクトフラッシュエラー
      • 電源装置に障害が発生しました
      • 「SSL カードに障害が発生しました」

    • 構成変更イベント別のCitrix ADCインスタンストップ10

      このレポートは、選択した時間スケールの構成変更イベントの数に応じて、上位10個のCitrix ADCインスタンスを反映した棒グラフです。グラフをクリックすると、インスタンスのユーザーベースの設定変更をドリルダウンして表示できます。このグラフをクリックすると、承認ステータスと実行ステータスの詳細をさらに表示できます。

      change-events

    • <認証失敗イベント別のCitrix ADCインスタンストップ10

      このレポートは、選択した時間スケールの認証失敗イベントの数に応じて、上位10個のCitrix ADCインスタンスを表示する棒グラフです。グラフをクリックすると、インスタンスのユーザーベースの認証失敗をドリルダウンして表示できます。

      event-rules

  • イベント規則の設定

    特定の条件で規則を構成し、規則にアクションを割り当てることで、一連のイベントにフィルターを適用できます。生成されたイベントが規則のフィルタ条件に一致すると、その規則に関連付けられたアクションが実行されます。フィルタを作成できる条件は、重大度、デバイス、障害オブジェクト、カテゴリです。

    次のアクションをイベントに割り当てられます。

    • [電子メールを送信] アクションフィルタ条件に一致するイベントを電子メールで送信します
    • [SMS アクションの送信 ] フィルタ条件に一致するイベントのショートメッセージサービス (SMS) を送信します。

    イベントルールを追加するには

    1. 構成 > Citrix ADC > イベント > イベントルールに移動し、[追加] をクリックします。

    2. [Rule] ページで、次のパラメータを設定します。

      • Name - イベント規則の名前です。
      • Enabled - イベント規則を有効にします。
      • Severity - イベント規則に追加するイベントの重要度です。
      • デバイス-イベントルールを定義するCitrix ADCインスタンスのIPアドレス。
      • カテゴリ-Citrix ADC インスタンスによって生成されるイベントのカテゴリ(複数可)。
      • Failure Objects - イベント生成の対象であるエンティティインスタンスまたはカウンターです。

      rules

      注:このリストには、すべてのしきい値関連イベントのカウンタ名、すべてのエンティティ関連イベントのエンティティ名、および証明書関連イベントの証明書名を含めることができます。

    3. [保存] をクリックします。

    4. 「ルールアクション」(Rule Actions) で、イベントに通知アクションを割り当てることができます。

      1. Mail Profile - メールサーバーとメールプロファイルの詳細です。イベントが定義されたフィルター条件を満たすとき、メールがトリガーされます。

      2. SMS Profile - SMSサーバーとSMSプロファイルの詳細です。定義したフィルタ条件にイベントが一致すると、SMS がトリガされます。

        rule-actions

    5. [完了] をクリックします。

  • イベントを設定する

    SDXアプライアンス上のCitrix ADC インスタンスに対して生成されるイベントに重要度レベルを割り当てることができます。重大、メジャー、マイナー、警告、クリア、情報の重大度レベルを定義できます。また、特定の時間だけイベントを抑止することもできます。 重要度を設定するには、次の手順に従います。

    1. 構成]>[Citrix ADC]>[イベント]>[イベントの構成]に移動し、リストからイベントを選択し、[重要度の構成]をクリックします。

      configure-events

    2. [イベント設定の構成] ページで、ドロップダウンリストから必要な重要度レベルを選択します。

    3. また、「抑制」(Suppress) チェックボックスを選択して、イベントを抑制することもできます。また、[詳細設定]オプションを使用して、このイベントを抑制するCitrix ADCインスタンスを指定することもできます。

      suppress-events

    4. [OK] をクリックします。

Citrix ADC インスタンスで生成されたイベントの監視と管理