Citrix ADC SDX

サードパーティ製仮想マシンのプロビジョニング

SDX アプライアンスは、次のサードパーティ製仮想マシン (インスタンス) のプロビジョニングをサポートしています。

  • SECUREMATRIX GSB
  • InterScan Web Security
  • Websense Protector
  • BlueCat DNS/DHCP サーバー
  • CA Access Gateway
  • PaloAlto VMシリーズ

SECUREMATRIX GSB は、トークンデバイスを携帯する必要がない、安全性の高いパスワードシステムを提供します。Websense Protector は監視およびブロック機能を提供し、データの損失や機密情報の漏洩を防ぎます。BlueCat DNS/DHCP サーバーは、お客様のネットワークに DNS と DHCP を提供します。Citrix SDX 上の PaloAlto VM シリーズは、高度なセキュリティと ADC 機能を単一のプラットフォームに統合し、企業やサービスプロバイダーの顧客によるアプリケーションへの安全で信頼性の高いアクセスを実現します。Citrix SDXでVMシリーズを組み合わせることにより、Citrix Virtual Apps and Desktopsの展開に完全で検証済みの安全なADCソリューションも提供されます。

Management Service から、インスタンスのプロビジョニング、モニタリング、管理、トラブルシューティングを行うことができます。前述のすべてのサードパーティインスタンスは、 SDXTools デーモンを使用して Management Service と通信します。デーモンはプロビジョニングされたインスタンスにプレインストールされています。新しいバージョンが利用可能になったら、デーモンをアップグレードできます。

サードパーティの仮想マシンを構成すると、チャネルの一部である SR-IOV インターフェイス(1/x および 10/x)はインターフェイスのリストに表示されません。サードパーティの仮想マシンではチャネルがサポートされていないため、インターフェイスがありません。

注: SDX アプライアンスにプロビジョニングできるインスタンスの総数は、アプライアンスにインストールされているライセンスによって異なります。

重要 :サードパーティのインスタンスをインストールする前に、Citrix Hypervisorのバージョンを6.1.0にアップグレードする必要があります。

サードパーティ製仮想マシンのプロビジョニング

この記事の概要