Citrix ADC SDX

BlueCat DNS/DHCP

BlueCat DNS/DHCP Server™ は、Citrix ADC SDXアプライアンスでサポートされているソフトウェアソリューションです。Citrix SDX プラットフォームでホストされ、管理コストやデータセンターのスペースを増やすことなく、信頼性が高く、スケーラブルで安全なDNSおよびDHCPコアネットワークサービスを提供します。重要な DNS サービスは、ハードウェアを追加することなく、1 つのシステム内の複数の DNS ノード間、または複数の SDX アプライアンス間で負荷分散できます。

BlueCat DNS/DHCP Server™ の仮想インスタンスを SDX でホストすることで、モバイルデバイス、アプリケーション、仮想環境、クラウドをよりスマートに接続できます。

BlueCat と Citrix の詳細については、BlueCat の Web サイト(https://citrixready.citrix.com/bluecat-networks.html)を参照してください。

BlueCat をすでにお使いの場合は、https://care.bluecatnetworks.com/の BlueCat サポートポータルからソフトウェアとドキュメントをダウンロードできます。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスのプロビジョニング

BlueCatカスタマーケア(https://care.bluecatnetworks.com)からXVAイメージをダウンロードします。XVA イメージをダウンロードしたら、インスタンスのプロビジョニングを開始する前に SDX アプライアンスにアップロードします。SDX アプライアンスで管理サービスビルド 118.7 以降を使用していることを確認します。

BlueCat DNS/DHCP VM では、0/1 および 0/2 インターフェイスにまたがる管理チャネルがサポートされています。詳しくは、「 管理サービスからのチャネルの構成」を参照してください。

:チャネルは BlueCat DNS/DHCP インスタンスでサポートされていないため、チャネルの一部である SR-IOV インターフェイス(1/x および 10/x)はインターフェイスのリストに表示されません。

[ 構成 ] タブで、[ BlueCat DNS/DHCP] > [ソフトウェアイメージ] に移動します。

XVA イメージを SDX アプライアンスにアップロードするには、次の手順を実行します。

  1. 詳細ウィンドウの [ XVA ファイル] > [アクション] で、[ アップロード] をクリックします。
  2. 表示されたダイアログボックスで [ 参照] をクリックし、アップロードする XVA ファイルを選択します。
  3. [アップロード]をクリックします。XVA ファイルペインに XVA ファイルが表示されます。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスをプロビジョニングするには:

  1. [構成] タブで、[BlueCat DNS/DHCP] > [インスタンス] に移動します。
  2. 詳細ペインで、[Add] をクリックします。BlueCat DNS/DHCP サーバーのプロビジョニング] ページが開きます。
  3. BlueCat DNS/DHCP のプロビジョニングウィザードで、画面の指示に従います。
    • [インスタンスの作成] の [名前] フィールドにインスタンスの名前を入力し、[XVA ファイル] ドロップダウンメニューからアップロードしたイメージを選択し、[次へ] をクリックします。必要に応じて、[Domain Name] フィールドにインスタンスのドメイン名を入力します。 :名前にはスペースを含めないでください。
    • [Network Settings] の [Management Interface] ドロップダウンメニューから、インスタンスの管理に使用するインターフェイスを選択し、そのインターフェイスの IP アドレスとゲートウェイを設定します。高可用性とサービスのために、インターフェイスを明示的に割り当てることができます。パラメータを選択し、[ 次へ] をクリックします。

      :管理、高可用性、およびサービス用にインターフェイスを割り当てる場合は、サポートされているインターフェイスの組み合わせに基づいてインターフェイスを割り当ててください。

3 つすべてに同じインターフェイスを選択できます。 3 つのインターフェイスすべてに異なるインターフェイスを選択できます。 管理とサービスには同じインターフェイスを選択できますが、高可用性には異なるインターフェイスを選択できます。 [ 完了] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。インスタンスが作成され、起動され、選択した IP アドレスで設定されます。

インスタンスをプロビジョニングしたら、SSH を使用してインスタンスにログオンし、設定を完了します。BlueCat DNS/DHCP サーバーの設定方法や BlueCat アドレスマネージャーの管理下に置く方法の詳細については、BlueCat のドキュメント (次の URL を参照) を参照してください。https://care.bluecatnetworks.com

BlueCat DNS/DHCP Server インスタンスの設定を変更するには、[ BlueCat DNS/DHCP インスタンス ] ペインで、変更するインスタンスを選択し、[ 変更] をクリックします。BlueCat DNS/DHCP の変更ウィザードで、パラメーター設定を変更します。

:インターフェイスパラメータまたはインスタンス名を変更すると、インスタンスは停止して再起動され、変更が有効になります。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスを監視する

SDX アプライアンスは、BlueCat DNS/DHCP インスタンスのインスタンスで実行されているSDXToolsのバージョンなどの統計情報を収集します。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスに関連する統計情報を表示するには:

  1. BlueCat DNS/DHCP > インスタンスに移動します。
  2. 詳細ペインで、インスタンス名の横にある矢印をクリックします。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスを管理する

BlueCat DNS/DHCP インスタンスは、管理サービスから起動、停止、再起動、強制停止、強制再起動できます。

[ 構成 ] タブで、[ BlueCat DNS/DHCP] を展開します。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスを起動、停止、再起動、強制停止、または強制再起動するには:

  1. インスタンス] をクリックします。
  2. 詳細ペインで、操作を実行するインスタンスを選択し、次のいずれかのオプションを選択します。

    • 起動
    • シャットダウン
    • 再起動する
    • 強制シャットダウン
    • 強制再起動
  3. [確認] メッセージボックスで [はい] をクリックします。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスのSDXToolsファイルをアップグレードする

SDXToolsは、サードパーティインスタンスで実行されるデーモンで、Management Service とサードパーティインスタンス間の通信に使用されます。

SDXToolsのアップグレードでは、ファイルを SDX アプライアンスにアップロードし、インスタンスを選択した後にSDXToolsをアップグレードします。クライアントコンピューターから SDXアプライアンスにSDXToolsファイルをアップロードできます。

SDXTools ファイルをアップロードするには

  1. ナビゲーションウィンドウで [ 管理サービス] を展開し、[ SDxTools ファイル] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウの [ アクション ] リストで、[ アップロード] を選択します。
  3. [ SDXTools ファイルのアップロード ] ダイアログボックスで [ 参照] をクリックし、ファイルが格納されているフォルダに移動して、ファイルをダブルクリックします。
  4. [アップロード]をクリックします。

SDXTools をアップグレードするには:

[ 構成 ] タブで、[ BlueCat DNS/DHCP] を展開します。

  1. インスタンス] をクリックします。
  2. 詳細ペインで、インスタンスを選択します。
  3. [アクション] リストから [ SDxTools のアップグレード] を選択します。
  4. [ SDxTools のアップグレード ] ダイアログボックスで、ファイルを選択し、[ OK] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。

BlueCat DNS/DHCP インスタンスを再検出する

インスタンスを再検出して、インスタンスの最新の状態と構成を表示できます。再検出中、管理サービスは構成をフェッチします。デフォルトでは、Management Service は 30 分に 1 回、すべてのインスタンスを再検出するようにインスタンスをスケジュールします。

[ 構成 ] タブで、[ BlueCat DNS/DHCP] を展開します。

  1. インスタンス] をクリックします。
  2. 詳細ウィンドウで、再検出するインスタンスを選択し、[ 操作 ] の一覧から [ 再検出] をクリックします。
  3. [ 確認 ] メッセージボックスで [ はい] をクリックします。
BlueCat DNS/DHCP