Citrix ADC SDX

SDX 22000 プラットフォームでの RAID ディスク割り当ての管理

Citrix ADC SDX 22040/22060/22080/22100/22120 アプライアンスには、最大8台の物理ディスクをサポートできる独立ディスク冗長アレイ(RAID)コントローラーが含まれるようになりました。複数のディスクを使用することで、パフォーマンスが向上するだけでなく、信頼性が向上します。SDX アプライアンスは多数の仮想マシンをホストし、ディスク障害が複数の仮想マシンに影響を及ぼすため、信頼性は特に重要です。管理サービスの RAID コントローラは、ディスクミラーリングを実装する RAID 1 構成をサポートします。つまり、2 つのディスクで同じデータが保持されます。RAID 1 アレイ内のディスクに障害が発生すると、そのミラーは必要なデータをすべて即座に提供します。

RAID 1 ディスクミラーリングは、2 つの物理ドライブを 1 つの論理ドライブに結合します。論理ドライブの使用可能容量は、論理ドライブの 1 つの物理ドライブの容量に相当します。たとえば、2 台の 1 テラバイトのドライブを組み合わせると、1 つの論理ドライブが作成され、総有効容量は 1 TB になります。このドライブの組み合わせは、アプライアンスでは単一の論理ドライブとして認識されます。

SDX アプライアンスには、論理ドライブ 0 と論理ドライブ 1 を含む構成が同梱されています。論理ドライブ0は管理サービスに割り当てられ、Citrix Hypervisorと論理ドライブ1はプロビジョニングするCitrix ADCインスタンスに割り当てられます。より多くの物理ドライブを使用するには、新しい論理ドライブを作成する必要があります。

ドライブのプロパティとオペレーションを表示する

SDX アプライアンスは、最大 8 つの物理ドライブスロット、つまり、アプライアンスの両側に 4 つのスロットのペアをサポートします。物理ドライブをスロットに挿入できます。物理ドライブを使用する前に、その物理ドライブを論理ドライブの一部にする必要があります。

管理サービスの [ 構成] > [システム] > [RAID ] 画面には、論理ドライブ、物理ドライブ、およびストレージリポジトリのタブが表示されます。

論理ドライブ

[ 構成] > [システム] > [RAID] > [論理ドライブ ] タブでは、各論理ドライブの名前、状態、サイズ、およびその構成されている物理ドライブに関する情報を表示できます。次の表に、仮想ドライブの状態を示します。

State 説明
最適 仮想ドライブの動作状態は良好です。構成済みのドライブはすべてオンラインです。
機能低下 仮想ドライブの動作状態が最適ではありません。構成済みのドライブの 1 つに障害が発生しているか、オフラインになっています。
失敗 仮想ドライブに障害が発生しました。
オフライン RAID コントローラで仮想ドライブを使用できない。

論理ドライブを選択し、[Show Physical Drive] をクリックすると、 その論理ドライブに関連付けられている物理ドライブの詳細を表示することもできます

新しい論理ドライブを作成するには

  1. [ 構成 ] > [ システム ] > [ RAID] に移動し、[ 論理ドライブ ] タブを選択します。
  2. [追加] をクリックします。
  3. [ 論理ディスクの作成 ] ダイアログボックスで、動作可能な物理ドライブを含む 2 つのスロットを選択し、[ 作成] をクリックします。

物理ドライブ

SDX アプライアンスは、最大 8 つの物理スロット、つまり、アプライアンスの両側に 4 つのスロットのペアをサポートします。[ 構成] > [システム] > [RAID] > [物理ドライブ ] タブでは、次の情報を表示できます。

  • Slot::物理ドライブに関連づけられている物理スロット。
  • Size::物理ドライブのサイズ。
  • ファームウェアの状態:-ファームウェアの状態。指定可能な値:
    • オンライン、スピンアップ::物理ドライブは稼働しており、RAID によって制御されています。
    • 未構成 (良好):物理ドライブは良好な状態で、論理ドライブペアの一部として追加できます。
    • 未構成 (不良):—物理ドライブは良好な状態ではなく、論理ドライブの一部として追加できません。
  • Foreign State:— ディスクが空かどうかを示す。
  • 論理ドライブ:— 関連付けられている論理ドライブ。

[ Physical Drives ] ペインでは、物理ドライブに対して次の操作を実行できます。

  • Initialize::ディスクを初期化します。物理ドライブが良好な状態ではなく、論理ドライブペアの一部として追加する必要がある場合は、物理ドライブを初期化できます。
  • Rebuild::ドライブのリビルドを開始します。ドライブグループ内のドライブに障害が発生した場合、障害が発生する前にドライブに保存されていたデータを再作成することで、ドライブを再構築できます。RAID コントローラは、ドライブグループ内の他のドライブに保存されているデータを再作成します。
  • Locate::アプライアンス上でドライブの位置を特定します。このとき、ドライブに関連付けられているドライブアクティビティ LED が点滅します。
  • [Stop Locate]:アプライアンスでのドライブの検索を停止します。

ストレージリポジトリ

[ 構成] > [システム] > [RAID] > [ストレージリポジトリ ] タブで、SDX アプライアンス上のストレージリポジトリのステータスを表示できます。接続されていないストレージリポジトリドライブに関する情報を表示することもできます。また、そのドライブを選択して [削除] をクリックすると、 そのドライブを削除できます。[ ストレージリポジトリ ] タブには、各ストレージリポジトリに関する次の情報が表示されます。

  • Name::ストレージリポジトリドライブの名前。
  • ドライブが接続されていますか:ストレージリポジトリが接続されているかどうか。ドライブが接続されていない場合は、[削除] をクリックして削除できます
  • Size::ストレージリポジトリのサイズ。
  • Utilized::使用中のストレージ・リポジトリの容量。

SDX 22000 アプライアンスに論理ドライブを追加する

SDX 22000 プラットフォームに論理ドライブを追加するには、次の手順で行います。

  1. 管理サービスにログオンします。
  2. 構成 > システム > RAIDに移動します。
  3. SDX 22000 アプライアンスの背面で、2 つの空の SSD をスロット番号 4 と 5 に挿入します。SSD は実行中のシステムに追加できます。 注: SSDがCitrix 認定を受けていることを確認してください。
  4. 管理サービスで、[構成] > [システム] > [RAID ] に移動し、[ 物理ドライブ] タブに移動します。追加した SSD が表示されます。
  5. [ 論理ドライブ ] タブに移動し、[ 追加] をクリックします。
  6. [ 論理ディスクの作成 ] ページで、次の操作を行います。
    1. [ First Slot] ドロップダウンリストで [4] を選択します。
    2. [ 2 番目のスロット] ドロップダウンリストで [5] を選択します。
    3. [Create] をクリックします。

      注: 管理サービスでは、スロット番号はゼロから始まります。そのため、管理サービスのスロット番号は、物理アプライアンスのスロット番号とは異なります。

論理ドライブが作成され、[ 論理ドライブ] タブに一覧表示されます。[Refresh] アイコンをクリックして、論理ドライブの順序を更新します。

SDX 22000 アプライアンスに 2 つ目の論理ドライブを追加する

別の論理ドライブを追加するには、SSD をスロット番号 6 と 7 に挿入します。[ 論理ディスクの作成] ページで、[ 最初のスロット ] リストから [6] を選択し、[ 2 番目のスロット ] リストから [7] を選択します。

欠陥のある SSD ドライブを空の SSD ドライブと交換する

欠陥のある SSD ドライブを空の SSD ドライブに交換するには、次の手順に従います。

  1. 構成 > システム > RAIDに移動します。
  2. [ 物理ドライブ ] タブで、交換する不良ドライブを選択します。
  3. [ 取り外しの準備 ] をクリックしてドライブを取り外します。
  4. [Refresh] アイコンをクリックして、物理ドライブの一覧を更新します。
  5. 欠陥のあるドライブをスロットから物理的に取り外します。
  6. 欠陥のあるSSDを取り外したスロットに、新しいCitrix 検証済みSSDを挿入します。
  7. 管理サービスで、[ 構成] > [システム] > [RAID] に移動します。新しい SSD が [物理ドライブ ] セクションに表示されます。ドライブのリビルドプロセスが自動的に開始されます。

[Refresh] アイコンをクリックして、再構築プロセスのステータスを確認します。リビルドプロセスが完了すると、[ Firmware State ] 列に [オンライン、スピンアップ] ステータスが表示されます。

SDX 22000 プラットフォームでの RAID ディスク割り当ての管理