Citrix Analytics for Security

Citrix Content Collaboration データソース

Content Collaboration データソースは、Citrix Cloud アカウントに関連付けられているCitrix Content Collaboration サービスを表します。ユーザーがこのサービスを使用すると、Citrix Analytics はユーザーイベント (ログ)をリアルタイムで受信します。ユーザーイベントは、セキュリティ上の脅威を検出するために処理されます。

前提条件

  • Citrix Cloud で提供されるCitrix Content Collaborationサービスに登録します。Content Collaboration の設定方法については、「 クイックガイド」をご参照ください

  • システム要件を確認し 、ご使用の環境が要件を満たしていることを確認します。

  • 組織がアジア太平洋地域のCitrix Cloud にオンボーディングされている場合は、Citrix Cloud アカウントの[ ワークスペース構成]設定でContent Collaboration サービス統合を有効にします。詳しくは、「既知の問題」を参照してください。

データソースを表示してデータ処理を有効にする

Citrix Analytics は、Citrix Cloud アカウントに関連付けられているContent Collaboration データソースを自動的に検出します。

データソースを表示するには、次の操作を行います

トップバーで、[ 設定 ] > [ データソース ] > [ セキュリティ] をクリックします。

Content Collaboration データソースのサイトカードが [ データソース ] ページに表示されます。Citrix Analytics がこのデータソースのデータの処理を開始できるようにするには、[データ処理を有効にする ]をクリックします。

[データソース] ページ

ユーザーと受信したイベントの表示

サイトカードには、Content Collaboration ユーザーの数と、過去 1 時間に受信したイベントが表示されます。これはデフォルトの時間選択です。また、1 週 (1W) を選択してデータを表示することもできます。

ユーザー数をクリックすると、[Users] ページにユーザーの詳細が表示されます。 受信したイベントの数をクリックすると、 セルフサービス検索ページにイベントが表示されます

[データソース] ページ

データ処理を有効にすると、サイトカードに [ データを受信していません ] ステータスが表示される場合があります。このステータスは、次の2つの理由で表示されます:

  1. 初めてデータ処理をオンにした場合、イベントがCitrix Analyticsのイベントハブに到達するまでに時間がかかります。Citrix Analyticsがイベントを受信すると、ステータスがData processing onに変わります。しばらくしてもステータスが変わらない場合は、[ データソース ] ページを更新します。

  2. アナリティクスは、過去 1 時間の間にデータソースからイベントを受信していません。

    データコンテンツとのコラボレーションは不要

データ処理のオンとオフを切り替える

データ処理を停止するには、サイトカードの縦の省略記号 (⋮) をクリックし、[ データ処理をオフにする] をクリックします。Citrix Analytics は、このデータソースに対するデータの処理を停止します。

データ処理のオンとオフを切り替える

データ処理を再度有効にするには、[ データ処理をオンにする] をクリックします。

データ処理のオンとオフを切り替える

Citrix Content Collaboration データソース