Session Recording

新機能

2109の新機能

2109リリースには、次の新機能が含まれ問題に対応してるため、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。

Windows 11のサポート

特に明記されていない限り、Windows 10オペレーティングシステムをサポートするこのリリースのCitrixコンポーネント、機能、およびテクノロジは、Windows 11もサポートするようになりました。詳しくは、「Windows 11のサポート」を参照してください。

イベントデータの視覚化のサポート

イベントデータの視覚化が、録画ごとにWeb Playerで利用できるようになりました。録画に挿入された多数のイベントをすばやく理解するのに役立つグラフィカルなイベント統計を提供し、イベントの傾向を簡単に確認して伝達できるようにします。詳しくは、「Session Recording Web Player」の 記事の「グラフィカルなイベント統計を表示する」を参照してください。

レジストリ変更の監視

イベント検出の範囲を拡張して、セッションの録画中に次のレジストリの変更を監視できるようにしました:

レジストリ変更 対応するイベント
キーの追加 レジストリ - 作成
値の追加 レジストリ - 値の設定
キーの名前の変更 レジストリ - 名前の変更
値の名前の変更 レジストリ - 値の削除とレジストリ - 値の設定
既存の値の変更 レジストリ - 値の設定
キーの削除 レジストリ - 削除
値の削除 レジストリ - 値の削除

例:

レジストリ変更イベント

このレジストリ監視機能を有効にするには、イベント検出ポリシーの [レジストリの変更をログに記録する] オプションを選択します。詳しくは、「カスタムイベント検出ポリシーの作成」および「イベントのログ」を参照してください。

名前が変更されたポリシー

Session Recordingポリシーコンソールで、次の録画ポリシーとイベント検出設定のオプションの名前を変更しました:

旧名称 新名称
すべてのユーザーのイベントのみを通知して録画する イベントのみを録画する(全ユーザー、通知あり)
すべてのユーザーのイベントのみを通知しないで録画する イベントのみを録画する(全ユーザー、通知なし)
すべてのユーザーを通知して録画する セッション全体を録画する(全ユーザー、通知あり)
すべてのユーザーを通知しないで録画する セッション全体を録画する(全ユーザー、通知なし)
機密ファイルイベントのログを記録する ファイル操作をログに記録する
最前面のウィンドウのアクティビティをログに記録する 最前面のウィンドウのイベントをログに記録する

名前が変更された録画ポリシー:

名前が変更された録画ポリシー

イベント検出設定の名前が変更されたオプション:

イベント検出設定の名前が変更されたオプション

新機能