CEIPの構成

Citrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)に参加すると、匿名の構成データおよび使用状況データが、製品の品質およびパフォーマンスを向上させる目的で送信されます。この匿名データのコピーは、より迅速かつ効率的に分析するためにGoogle Analytics(GA)にも送信されます。

設定

CEIPの設定

デフォルトでは、ユーザーはSession Recordingのインストール時にCEIPに自動で参加します。Session Recordingのインストールからおよそ7日後に、初回データアップロードが行われます。CEIPのサブスクリプションを解除するには、以下を実行します:

  1. Session Recordingサーバーをホストするマシンにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recordingサーバーのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recordingサーバーのプロパティ] で、[CEIP] タブをクリックします。
  4. [カスタマーエクスペリエンス向上プログラムに参加する] チェックボックスをオフにします。
  5. Citrix Session Recording Analyticsサービスを再起動して、設定を有効にします。

    Session RecordingのCEIPの画像

GAの設定

GAを有効にすると、GAとSession Recordingサーバー間のハートビートデータが収集されます。

GAを有効または無効にするレジストリ設定(デフォルトは0):

場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartAuditor\Server\

名前:CeipHeartBeatDisable

値のデータ: 1 = 無効、0 = 有効

未指定の場合、GAは有効です。

GAを無効にするには:

  1. Session Recordingサーバーをホストするマシンにログオンします。

  2. レジストリエディターを開きます。

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartAuditor\Server\に移動します。

  4. レジストリキーを追加して「CeipHeartBeatDisable」という名前を指定します。

  5. CeipHeartBeatDisableの値を1に設定します。

  6. Citrix Session Recording Analyticsサービスを再起動して、設定を有効にします。

Session Recordingサーバーから収集されるデータ

次の表では、収集される匿名の情報の種類の例を紹介します。データでは、お客様を特定するすべての詳細は含まれません。

データポイント キー名 説明
マシンのグローバル一意識別子 machine_guid データの発生元のマシンを識別
オペレーティングシステムのバージョン os_version マシンのオペレーティングシステムを示すテキスト文字列
Session Recordingサーバーのバージョン SRS_version インストールされているSession Recordingサーバーのバージョンを示すテキスト文字列