通信プロトコルの変更

セキュリティ上の理由から、HTTPを通信プロトコルに使用することはお勧めできません。デフォルトでは、Session RecordingはHTTPSを使用して通信するように設定されます。HTTPSではなくHTTPを使用する場合は、いくつかの設定を変更する必要があります。

HTTPを通信プロトコルに使用する

  1. Session Recordingサーバーをホストするコンピューターにログオンし、IISでSession Recording Brokerとの接続に使用しているセキュリティで保護された接続を無効にします。
  2. Session Recording Agentがインストールされている各サーバーの [Session Recording Agentのプロパティ] でプロトコル設定をHTTPSからHTTPに次の手順に従って変更します:
    1. Session Recording Agentがインストールされている各サーバーにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Agentのプロパティ] を選択します。
    3. [Session Recording Agentのプロパティ] で、 [接続] タブを選択します。
    4. [Session Recording Broker][プロトコル] ボックスの一覧から [HTTP] を選択し、[OK] をクリックして変更を受け入れます。サービスの再起動を促すメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  3. Session Recording Playerの設定で、プロトコルをHTTPSからHTTPに変更します:
    1. Session Recording Playerがインストールされている各ワークステーションにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Player] を選択します。
    3. [Session Recording Player] メニューバーで [ツール]>[オプション]>[接続] の順に選択し、サーバーを選択して [変更] をクリックします。
    4. [プロトコル] ボックスの一覧から [HTTP] を選択し、[OK] を2回クリックして、変更を受け入れてダイアログボックスを閉じます。
  4. Session Recordingポリシーコンソールの設定で、プロトコルをHTTPSからHTTPに変更します:
    1. Session Recordingポリシーコンソールがインストールされているサーバーにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recordingポリシーコンソール] を選択します。
    3. [プロトコル] ボックスの一覧から [HTTP] を選択し、[OK] をクリックして接続します。接続が確立するとこの設定が保存され、次にSession Recordingポリシーコンソールを起動するときにも使用されます。

通信プロトコルをHTTPSに戻す

  1. Session Recordingサーバーをホストするコンピューターにログオンし、IISでSession Recording Brokerとの接続に使用しているセキュリティで保護された接続を有効にします。
  2. Session Recording Agentがインストールされている各サーバーの [Session Recording Agentのプロパティ] でプロトコル設定をHTTPからHTTPSに変更します。
    1. Session Recording Agentがインストールされている各サーバーにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Agentのプロパティ] を選択します。
    3. [Session Recording Agentのプロパティ] で、 [接続] タブを選択します。
    4. [Session Recording Broker][プロトコル] ボックスの一覧から [HTTPS] を選択し、[OK] をクリックして変更を受け入れます。サービスの再起動を促すメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  3. Session Recording Playerの設定で、プロトコルをHTTPからHTTPSに変更します:
    1. Session Recording Playerがインストールされている各ワークステーションにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Player] を選択します。
    3. [Session Recording Player] メニューバーで [ツール]>[オプション]>[接続] の順に選択し、サーバーを選択して [変更] をクリックします。
    4. [プロトコル] ボックスの一覧から [HTTPS] を選択し、[OK] を2回クリックして、変更を受け入れてダイアログボックスを閉じます。
  4. Session Recordingポリシーコンソールの設定で、プロトコルをHTTPからHTTPSに変更します:
    1. Session Recordingポリシーコンソールがインストールされているサーバーにログオンします。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recordingポリシーコンソール] を選択します。
    3. [プロトコル] ボックスの一覧から [HTTPS] を選択し、[OK] をクリックして接続します。接続が確立するとこの設定が保存され、次にSession Recordingポリシーコンソールを起動するときにも使用されます。

通信プロトコルの変更