データベースレコードの管理

ICAログデータベース(ICLDB)ユーティリティは、データベース用のコマンドラインユーティリティで、セッションの録画のデータベースレコードを操作するために使用します。このユーティリティは、Session Recording Serverソフトウェアをホストするサーバーのdrive:\Program Files\Citrix\SessionRecording\Server\Binフォルダーに、Session Recordingと合わせてインストールされます。

クイックリファレンス

次の表に、ICLDBユーティリティで使用できるコマンドとオプションの一覧を示します。コマンドは次の形式で入力します。

icldb [version | locate | dormant | import | archive | remove | removeall] \[/l\] \[/f\] \[/s\] \[/?\]コマンドオプション>

注:

詳しくは、ユーティリティ関連のヘルプを参照してください。オンラインヘルプにアクセスするには、コマンドプロンプトで、drive: \Program Files\Citrix\SessionRecording\Server\Binフォルダーに移動し、「 icldb /? 」と入力します。特定のコマンドのオンラインヘルプにアクセスするには、 **icldb ** /?** と入力します。コマンド>

コマンド 説明
archive 指定された保有期間を過ぎたセッションの録画ファイルをアーカイブします。このコマンドを使用してファイルをアーカイブします。
dormant 休止状態とみなされるセッションの録画ファイルの数またはファイル名を表示します。休止ファイルとは、データの損失のために不完全なセッションの録画ファイルです。このコマンドを使用してデータの損失があるかどうかを検証します。休止状態のセッションの録画ファイルの検索対象として、データベース全体を私指定することも、日、時間、または分単位で、録画が行われた期間を指定することもできます。
import セッションの録画ファイルをSession Recordingデータベースにインポートします。このコマンドを使用して、データベースレコードを失ったときにデータベースを再構築します。また、このコマンドを使用して、データベースをマージします。2つのデータベースがある場合は、一方のデータベースからファイルをインポートできます。
locate ファイルIDを条件として、セッションの録画ファイルを検索しフルパスを表示します。このコマンドを使用して、セッションの録画ファイルの格納場所を検索します。このコマンドは、特定のファイルを条件にデータベースが最新の状態かどうかを検証する手段としても使用できます。
remove セッションの録画ファイルへの参照をデータベースから削除します。このコマンドを使用して、データベースをクリーンアップします。ただし、注意して使用してください。条件として使用する保有期間を指定します。関連付けられている物理ファイルを削除することもできます。
removeall セッションの録画ファイルへのすべての参照をSession Recordingデータベースから削除し、データベースを元の状態に戻します。実際の物理ファイルは削除されません。ただし、Session Recording Playerでファイルを検索することはできなくなります。このコマンドを使用して、データベースをクリーンアップします。ただし、注意して使用してください。削除された参照はバックアップから復元しない限り元に戻せません。
version Session Recordingデータベースのスキーマバージョンを表示します。
/l 結果とエラーをWindowsのイベントログに記録します。
/f プロンプトを表示せずにコマンドを強制的に実行します。
/s 著作権のメッセージを非表示にします。
/? コマンドのオンラインヘルプを表示します。

データベースレコードの管理