録画が破損しているまたは不完全

  • Session Recording Playerを使用して表示した場合に録画が破損しているか、または不完全である場合、Session Recording Agentのイベントログにも警告が記録されることがあります。

    イベントソース:Citrix Session Recordingストレージマネージャー

    説明:ファイルを録画中のデータ喪失

    この問題は、MCSまたはPVSで構成済みのマスターイメージとインストール済みのMicrosoft Message Queuing(MSMQ)を使用してVDAを作成する場合に発生します。この状況では、VDAでMSMQのQMIdが同じになります。

    これを回避するには、各VDAに対し、一意のQMIdを作成します。詳しくは、「インストール、セットアップ、およびアンインストール」を参照してください。

  • 特定の録画ファイルを再生しているときに、Session Recording Playerがメッセージ「再生中のファイルにより、内部システムエラー(エラーコード: 9)が元の録画中に発生したことが報告されました。エラーが発生した箇所までは再生できます。」を表示して内部エラーをレポートすることがあります。

    この問題は、グラフィック指向セッションの録画中にSession Recording Agentのバッファーサイズが不十分だったために発生します。

    これを回避するには、Session Recording AgentでレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\SmartAuditor\SmAudBufferSizeMBの値を大きな値に変更してから、マシンを再起動します。

録画が破損しているまたは不完全

In this article