エージェントがサーバーに接続できない

Session Recording AgentからSession Recordingサーバーに接続できない時、「Session Recording Brokerにポールメッセージを送信しています - この処理の実行中に例外が見つかりました。」というイベントメッセージが、例外のテキストと共にログに記録されます。例外のテキストには接続に失敗した原因が記載されます。次のような原因があります:

  • 「接続が閉じられています。SSL/TLSの安全なチャネルを確立できませんでした。」 この例外は、Session Recordingサーバーで使用している証明書を署名したCAが、Session Recording Agentが動作するサーバーに信頼されていないか、Session Recording Agentが動作するサーバーにCA証明書がインストールされていないことを示します。または、証明書の有効期限が切れているか失効している可能性があります。

    解決策:正しいCA証明書がSession Recording Agentをホストするサーバーにインストールされているか、信頼されているCAを使用していることを確かめます。

  • 「リモートサーバーがエラーを返しました。HTTP 403(アクセス不可)。」 これは、HTTP(セキュリティで保護されていないプロトコル)を使用して接続しようとしたときに表示される、標準のHTTPSエラーです。Session Recordingサーバーをホストするコンピューターでセキュリティで保護された接続のみを受け付けるため、接続が拒否されています。

    解決策:[Session Recording Agentのプロパティ]を使用してSession Recording BrokerのプロトコルをHTTPSに変更します。

  • 「レコードポリシークエリの検証中に、Session Recording Brokerが不明なエラーを返しました。エラーコード5(アクセスが拒否されました)。詳しくは、Session Recordingサーバー上のイベントログを参照してください。」 このエラーは、セッションが開始され録画ポリシーの評価要求が送信されると発生します。このエラーは、Session Recording承認コンソールの役割であるポリシークエリの役割から、デフォルトのメンバーであるAuthenticated Usersグループが削除された結果発生します。

    解決策:Authenticated Usersグループをこの役割に再追加するか、各Session Recording Agentをホストする各サーバーをポリシークエリの役割に追加します。

  • 「接続が閉じられています。維持される必要があった接続が、サーバーによって切断されました。」 このエラーは、Session Recordingサーバーが停止しているか、要求を受け付けられないことを示します。IISがオフラインまたは再起動されたか、サーバー全体がオフラインである可能性があります。

    解決策:Session Recordingサーバーが開始されていること、サーバーでIISが実行中であること、およびサーバーがネットワークに接続していることを確かめます。

エージェントがサーバーに接続できない

In this article