ライブセッションの再生と再生データの保護を有効または無効にする

ライブセッションの再生を有効または無効にする

ライブ再生機能を有効にしてセッションを録画すると、録画中または録画後にセッションを表示できます。セッションを録画しながら表示することは、ライブでセッションを見るようなものです。ただし、VDAからデータが送信されると実際には1〜2秒の遅延が発生します。

録画が完了していないセッションを再生するときは、次の機能は使用できません:

  • 録画が完了するまでデジタル証明書を割り当てることはできません。デジタル署名が有効な場合は、ライブセッションを再生できますが、まだ録画に署名はされていません。セッションが完了して初めて、証明書を表示できます。
  • 録画が完了するまで、再生データの保護は適用できません。再生データの保護が有効な場合は、ライブセッションを再生できますが、セッションが完了するまでは暗号化されません。
  • 録画が完了するまで、ファイルをキャッシュできません。

デフォルトで、ライブセッションの再生は有効になっています。

  1. Session Recordingサーバーをホストするコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Serverのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recording Serverのプロパティ] で、[再生] タブをクリックします。
  4. [ライブセッションの再生を許可する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

再生データの保護を有効または無効にする

セキュリティ上の安全のため、Session Recordingでは録画ファイルが自動的に暗号化されます。その後でファイルがダウンロードされ、Session Recording Playerで表示できるようになります。この再生データの保護機能により、録画ファイルをダウンロードしたユーザー以外のユーザーは、ファイルをコピーしたり表示したりできなくなります。ほかのワークステーションまたはユーザーアカウントでは、ファイルを再生できません。暗号化されたファイルは.icle拡張子で識別されます。暗号化されていないファイルは.icl拡張子で識別されます。ファイルは、Session Recording Playerがインストールされているワークステーションのキャッシュにある間は暗号化されたままです。権限を持つユーザーがファイルを開いて初めて、暗号が解読されます。

HTTPSを使用して転送データを保護することをお勧めします。

再生データの保護は、デフォルトで有効になります。

  1. Session Recording Serverをホストするコンピューターにログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[Session Recording Serverのプロパティ] を選択します。
  3. [Session Recording Serverのプロパティ] で、[再生] タブをクリックします。
  4. [再生のためダウンロードされるセッションの録画ファイルを暗号化する] チェックボックスをオンまたはオフにします。

ライブセッションの再生と再生データの保護を有効または無効にする