詳細設定

メール設定

メールの差出人

一部の電子メールサービスは、Citrix ShareFile メールサーバーを使用して送信されたメッセージを拒否したり、メッセージに迷惑メールとしてフラグを付けたりします。電子メール配信の問題のレポートを受け取っている場合は、 ユーザー送信メッセージに設定することで問題が解決する場合があります 。プリファレンスを設定すると、メッセージを送信したユーザーの名前が [ 差出人 ] フィールドに表示され、メッセージの受信者がメッセージに返信するときに、そのユーザーの電子メールアドレスが使用されます。このオプションはメッセージの拒否もトリガーする可能性があるため、配信可能性の問題が発生しない限り、このオプションを使用しないでください。

SMTPサーバー

デフォルトでは、システム通知はCitrix ShareFileメールサーバーからクライアントに送信されます。特に攻撃的なスパムフィルターやホワイトリストを使用する受信者のメールサーバーを扱う場合、これは理想的ではない場合があります。このような場合、カスタム SMTP サーバーを設定すると、代わりに独自のメールサーバーからシステム通知を送信できます。これらの設定を構成すると、アカウントを介して送信されるすべての電子メールは、Citrixのサーバーではなくメールサーバーを介して送信されます。アカウントにカスタム SMTP を設定することで、ユーザーは自分のメールアドレスを送信者と認識し、失敗したメールはユーザーに戻されます。カスタム SMTP を使用するには、従業員ユーザーが [ このユーザーにアカウント全体のポリシーの変更を許可する ] アクセス許可を持っている必要があります。

Microsoft Office 365を使用していて、カスタムSMTPを利用したい場合は、 Microsoftのセットアップガイドをご覧ください

カスタム SMTP の設定

1.[ 管理] > [詳細設定] > [電子メール設定] > [SMTP サーバー] に移動します。

2. [ SMTP設定の構成]をクリックします。[カスタム SMTP 構成] ページが表示されます。

3. この機能を有効にするには、適切な情報を入力します。

必須フィールド:

  • カスタムSMTPを有効にする — これらの設定を使用する場合は、このオプションを選択する必要があります。
  • メールアドレス送信したメールの差出人メールアドレスです
  • サーバー — これは、電子メールの送信に使用される電子メールサーバーのホスト名です。
  • Port —これは使用されるポート番号です。ポート 25 がデフォルトです。次のポートも使用できます:26、443、465、587、2525。
  • ユーザー名 — サーバーにアクセスするために必要なユーザー名です
  • パスワード — サーバーにアクセスするために必要なパスワードです。
  • 失敗時にメールを通知する -このメールアドレスは、Citrix Mailが指定された設定でメールを送信できない場合に通知されます。

オプションフィールド:

  • SSL を使用 — 暗黙的、明示的、またはオフのいずれかを選択します。
  • ShareFileへのフェールバック -選択した場合、カスタム設定を使用して送信できないメッセージは、標準の電子メール設定で今後メールを送信するようCitrix に促します。
  • 認証方法 」— サーバーで特定の認証方法が必要な場合は、ここで認証方法を選択します。

4. [ テストメールを保存して送信しました ] をクリックして設定を完了します。

SMTP 設定のトラブルシューティング

電子メール通知/メッセージが遅れる -この問題は、特定のフィルタサービスまたはプログラムがローカルのメールサーバーでメッセージを処理している場合に発生する可能性があります。システムの遅延についてCitrix に連絡する前に、メッセージがローカルフィルターサービスによって遅延されていないことを確認してください。情報を検証する 1 つの方法は、メッセージの完全なヘッダー詳細を確認し、メッセージがサービスまたはフィルター間で送信される時間を確認することです。

電子メール通知/メッセージが届かない -この問題は、ローカルメールサーバーに IP 制限またはポリシーがある場合に発生する可能性があります。カスタムSMTP IPをホワイトリストに登録したことを確認するには、Knowledge Center 記事CTX208318を参照してください 。同様に、メールサーバーの認証方法を見直して、Citrix がサーバーと通信できることを確認します。

ホストからの接続が多すぎます -この問題は、SMTP サーバーで許可されている最大接続数を超えた場合に発生する可能性があります。これを解決するには、SMTP 構成で許可される最大接続数を更新または増やすか、統合通知を使用して、通常受信する接続数を制限する必要があります。

自分のアクティビティをユーザに通知する

デフォルトでは、ユーザーがフォルダーのアップロード通知またはダウンロード通知を持っている場合でも、それらのフォルダー内の自分のアクティビティに関する通知は受信されません。このオプションを有効にすると、フォルダ通知が設定されているユーザーは、自分のアクティビティに関する更新を受信するようになります。

受領書のアップロード

この設定を有効にした後、 ファイルを アップロードするユーザーに領収書メールをアップロードする前に、受信者が名前とメールの入力を要求するファイルのリンクを要求します。名前とメールでアップロード確認を送信する必要があるリンクのみを要求します。

メール受信通知

フォルダーの特定のユーザーにアップロード通知またはダウンロード通知を設定すると、ユーザーはデフォルトでアップロードまたはダウンロードに関する通知をリアルタイムで受信します。ユーザーは、アカウントの [ 個人設定 ] リンクをクリックして、この既定の動作を変更できます。ただし、アカウントのすべてのユーザーに対してこの設定の既定値を設定する場合は、この設定を使用して設定できます。

この設定を変更しても、システム内の既存のユーザーには影響しません。これは、新しく作成されたユーザーにのみ適用されます。この設定は、個々のユーザーの個々のプロファイルページで更新できます。

ユーザーは、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、オランダ語、中国語、ロシア語、日本語、韓国語、ポルトガル語で電子メール通知を受信できます。

Q&A メールテキスト

この機能は、フォルダーのQ&A機能が、通知メールの本文で質問と回答のテキストを送信するかどうかを決定します。いいえに設定すると、メールには質問または回答のテキストは含まれませんが、代わりにサインインしてその情報を表示するためのリンクが含まれます。

暗号化された電子メール

このオプションは、暗号化された電子メール機能を有効にするために使用されます。オプションを [ いいえ ] に設定すると、ユーザーは暗号化された電子メールメッセージを送信したり、返信したりできなくなります。

予備のメールアドレス

デフォルトでは、アカウントのすべてのユーザーが自分のプロファイルに予備のメールアドレスを設定できます。この値を [ いいえ] に設定すると、従業員とクライアントの両方を含むすべてのユーザーに対して 2 つ目の電子メールアドレスを構成できなくなります

権限

クライアントシェア

既定では、特定のフォルダーへのダウンロードアクセス権を持つすべてのクライアントには、フォルダー内の任意のファイルをサードパーティの受信者に送信できる [送信] ボタンがあります。 ただし、一部のユースケースでは、クライアントがファイルをダウンロードしてシステム外のサードパーティに送信できる場合でも、クライアントがサードパーティにファイルを送信できないようにしたい場合があります。[ はい ] を選択すると、すべてのフォルダ内のクライアントに [ 共有 ] ボタンが表示されます。[ いいえ] を選択すると、[ 共有 ]ボタンは従業員ユーザーにのみ表示されます。

ファイルの設定

リテンションポリシー

Professionalプラン以上のアカウントでは、ファイル保持ポリシーにより、ファイルがアップロードされてから数日後に自動的に削除されます。このオプションは、システム内のルートレベルフォルダごとに個別に設定できます。この設定は、新しいルートレベルフォルダーを作成するときに使用される既定のファイル保持ポリシーを決定します。デフォルト値はNever です。

並べ替え

既定では、ファイルとフォルダーは最新のアイテムが最初に表示されるように表示されます。ユーザーは、[タイトル]、[MB]、[アップローダー]、または [作成者] の見出しをクリックして、ファイルとフォルダーの異なる順序を選択できます。Citrix ShareFileは選択した順序を記憶し、このオプションを使用して、将来、そのフォルダー内のファイルを同じ順序で表示します。ファイルとフォルダの表示順序を変えることができます。そのためには、ファイルの表示に使用するカテゴリと、 **ファイルを昇順または降順のどちらで表示するかを選択します** 。

バージョン管理

[はい ] を選択すると、ユーザーが同じ名前のファイルを既に含むフォルダにファイルをアップロードすると、ファイルの両方のバージョンが保存されるため、ファイルの進行状況を追跡し、データ損失による上書きを防ぐことができます。[ いいえ ] を選択すると、既存のファイルと同じ名前のファイルをアップロードすると、アカウント上の古いバージョンのファイルが上書きされます。

システムが保存するファイルの最大バージョン数を設定できます。たとえば、ファイルのバージョンを最大 10 個まで保存することを選択し、アカウントに 10 バージョンのファイルが保存されている場合、新しいアップロードを行うと、ファイルの最も古いバージョンが削除されます。

編集

Microsoft Office Online を表示および編集に使用する場合、Office Online は、ファイルのレンダリングと変更を行うために、表示および編集中のファイルの一時的なコピーを保持します。すべての管理者が、 Microsoft [の利用規約とプライバシーポリシーを確認しながら](https://privacy.microsoft.com/ja-jp/privacystatement)、この情報をユーザーに伝えることをお勧めします。編集には Office 365 サブスクリプションが必要です。

Microsoft Officeのプレビューと編集について詳しくは、Knowledge Center 記事CTX208340を参照してください

クラウドレンダリング

Cloud Rendering が有効になっている場合、Citrix ShareFileはワークフローに関連するファイル(画像、音声、PDF)の一時的なコピーを保持します。

ワークフローが完了すると、Citrix ShareFile は選択したオンプレミスフォルダーにファイルを移動します。完了したワークフローに関連するファイルをユーザーが表示すると、Citrix ShareFileはオンプレミスからCitrix ShareFileクラウドキャッシュにファイルの一時コピーを作成します。ファイルは、ファイルが最後に表示されてから最大1週間クラウドキャッシュで利用できます。

Cloud Rendering が無効になっている場合、ユーザーはフィードバックと承認、またはカスタムワークフロー機能を、カスタマー管理ストレージゾーンに格納されたファイルで使用できなくなります。すべての管理者は、Citrixエンドユーザーサービス契約とプライバシーポリシーを確認するとともに、この情報をユーザーに伝えることをお勧めします。

ShareFile ツールを有効

アカウントの個々のアプリやツールへのアクセスを有効または無効にできます。このメニューの変更は、アカウントのすべてのユーザーに影響します。

ナビゲーションバーに [アプリページを表示 ] を使用すると、アカウントの右上隅に [アプリ] リンクを表示できます。このリストに表示するツールはカスタマイズできます。このメニューにリストされているツールを有効または無効にできます。

フォルダーテンプレート

このツールを使用すると、アカウントの新規または既存のフォルダーに追加できる既定のサブフォルダーセットを作成して、同じサブフォルダーを頻繁に使用する場合にフォルダー構造を簡単に設定できます。たとえば、アカウントに特定のプロジェクトまたはクライアント用の個別のフォルダーがあり、各フォルダー内の情報が常に同じサブフォルダーカテゴリに整理されている場合です。フォルダーテンプレートをフォルダーに適用すると、選択したフォルダー内に既定のサブフォルダーが自動的に作成され、フォルダー設定が効率化されます。

重要:

  • テンプレートに関連付けられているフォルダは、テンプレートの関連付けが削除されるまで削除できません。
  • フォルダテンプレート機能は、ユーザーに付与する必要がある権限に依存しています。
  • フォルダテンプレートからサブフォルダを削除すると、アカウント内のそのフォルダのすべてのインスタンスと、そのフォルダに含まれるすべてのファイルが削除されます。テンプレートへの変更から削除されたフォルダは、ごみ箱から回復できます。

制限事項

大量のフォルダーまたは深くネストされたフォルダー構造を持つユーザーは、フォルダーテンプレートをサブフォルダーに一括で適用したり、既存のフォルダーの名前を一括で変更したりできない場合があります。

Citrix ShareFileがアカウント全体でテンプレートの変更を処理する間、遅延が発生する可能性があります。アカウント上の多くのフォルダーに関連付けられているテンプレートを編集している場合は、フォルダーテンプレートメニューから移動する前に、Webアプリがこれらの変更を処理する時間を確保してください。

手順

フォルダーテンプレートを作成する

テンプレートを作成するには、[ 管理] > [詳細設定] > [フォルダテンプレート] に移動します

このテンプレートの名前を入力すると、システムに複数のテンプレートを設定した場合にテンプレートを識別できます。このタイトルはフォルダー画面には表示されません。また、アカウントで複数のテンプレートを作成する場合、[動的フォルダーテンプレート] ページに表示される説明を入力して、特定のテンプレートを識別しやすくすることもできます。完了したら、[ テンプレートを作成] をクリックします。

次の画面で、テンプレートのタイトルをクリックして強調表示し、[ フォルダの追加] をクリックします。サブフォルダはいくつでも設定できます。テンプレートにフォルダーのサブフォルダーを作成するには、新しいサブフォルダーを配置するフォルダーの名前をクリックし、[ フォルダーを追加] をクリックします。完了したら、[ 完了] をクリックします。

フォルダーの作成中にテンプレートを追加する

フォルダーの作成時にテンプレートを追加できます。そのためには、フォルダーを作成し、[ テンプレートを適用 ] ドロップダウンメニューを使用してフォルダーテンプレートを適用します。フォルダを作成すると、テンプレート内のサブフォルダが新しいフォルダ内に自動的に設定されます。

テンプレートを使用して、既に作成したフォルダにサブフォルダを追加することもできます。変更するには、変更するフォルダーに移動し、フォルダー名のすぐ右側にあるドロップダウンメニューのカラットにマウスを置き、[ フォルダーオプションの編集] をクリックします。[フォルダテンプレート] セクションで、ドロップダウンメニューからテンプレートを適用します。特定のサブフォルダーからテンプレートを削除するには、メニューの [ フォルダーテンプレートを使用しない ] オプションをオンにします。

フォルダテンプレートをサブフォルダに一括適用する

フォルダテンプレートは、サブフォルダにまとめて適用できます。 このユーザーにフォルダテンプレートの編集を許可する権限を持つ従業員ユーザーである必要があります 。[ テンプレートをフォルダに適用] ボタンを使用するには、スーパーユーザグループのメンバーでもある必要があります

テンプレートを適用するには、[ 管理] > [詳細設定] > [フォルダテンプレート] をクリックします。一括で適用するテンプレートを見つけて、[ フォルダに適用 ] アイコンをクリックします。メニューで、テンプレートを適用するフォルダーを指定できます。テンプレートは、選択したフォルダー内のすべてのサブフォルダーに適用されます。フォルダーを選択したら、[ 適用] をクリックします。テンプレートによっては、テンプレートが適用されるときにステータス画面が表示される場合があります。[ 適用 ] をクリックして終了します。

フォルダテンプレートの権限要件

フォルダテンプレートを作成するには、 このユーザーにフォルダテンプレートの編集を 許可する権限が有効になっている従業員ユーザーである必要があります。また、アカウントにルートレベルのフォルダを設定するためのアクセス権を持っているか、サブフォルダを追加できる 1 つまたは複数のフォルダでアップロード権限を持っている必要があります。

フォルダーテンプレートをサブフォルダーに一括で適用するには、 このユーザーにフォルダーテンプレートの編集を 許可する権限が有効になっている従業員ユーザーである必要があります。[ テンプレートをフォルダに適用] ボタンを使用するには、スーパーユーザーグループのメンバーでもある必要があります

テンプレートをフォルダーに適用するには、テンプレートの関連付けを表示できる [ 高度なフォルダー設定] メニューにアクセスするには、フォルダーに対する管理者権限が必要です

テンプレートに関連付けられているフォルダを編集または削除するには、まずテンプレートの関連付けを削除する必要があります。そのためには、該当するフォルダに移動し、フォルダ名の横にあるドロップダウンメニューを使用して [ 高度なフォルダオプション ] をクリックします。メニューで、[フォルダテンプレート] セクションまでスクロールダウンし、[ 関連付けの削除] をクリックします。これで、フォルダを編集および削除できます。

フォルダテンプレートからサブフォルダを削除すると、アカウント内のそのフォルダのすべてのインスタンスと、フォルダ内に含まれるすべてのファイルが削除されます。テンプレートへの変更から削除されたフォルダは、ごみ箱から回復できます。

リモートアップロードフォーム

リモートアップロードフォームを使用すると、訪問者がWebサイトからアカウントに直接ファイルをアップロードできるようにするHTMLコードをWebサイトに配置できます。アップロードしたファイルを保存するフォルダと、ファイルをアップロードする人から収集する追加情報を指定できます。

警告:

Citrix は、提供されたサンプル以外に追加のコードやアドバイスを提供しません。Citrix は、作成時にWebアプリケーションで生成されたテンプレートを超えて変更されたリモートアップロードフォームコードに対するカスタマーサポートを提供できません。

ユーザーは、リモートアップロードフォームを作成するには、「リモートアップロードフォームの管理」権限を持つ従業員ユーザーである必要があります。

Citrix ShareFile コンソールでフォームを作成するには、[ 管理]>[詳細設定]>[リモートアップロード]の順に選択し、[ 新しいフォームの追加]をクリックします。

新しいフォームを追加する

フォームの説明: これは、アカウントのリモートアップロードウィザードページにあるフォームの名前です。この名前はフォーム自体には表示されません。

保存先を選択: アップロードしたファイルを特定のフォルダに保存するか、ファイルドロップに保存するかを選択します。アカウントでファイルドロップ機能が有効になっている場合は、作成したファイルドロップをアップロード先として指定できます。[ファイルドロップ]オプションを選択するときは、リストを使用して、作成済みのファイルドロップのリストから選択します。

アップロードフォルダを選択: アップロードしたファイルを保存するフォルダを選択します。このフォルダは、アカウントの [ 共有フォルダ] セクションにあるフォルダである必要があります 。このフォルダがまだ作成されていない場合は、リモートアップロードウィザードを使用する前に作成する必要があります。

ユーザーを戻す: このフィールドにウェブサイトが正しく入力されると、リモートアップロードフォームにファイルをアップロードしたユーザーは、選択したウェブサイトに連れて行かれます。このフィールド内のアドレスはすべて正常に機能するためにhttps://が必要であることに注意してください。

アップロード者情報を要求: チェックした場合、ユーザーはフォームにファイルを追加する前に、メール、姓名、会社を入力する必要があります。このボックスがオフの場合、アップロード者は匿名として表示されます。

カスタムフィールド:[ + カスタムフィールドの追加] オプションを使用して、さらにフィールドを追加できます。これらのフィールドを必要に応じてマークするオプションがあります。

フォームに入力したら、[ 保存してコードを取得] をクリックします。その後、リモートアップロードフォーム用の未加工の HTML iframe をコピーできます。

このコードは、アカウントの [ リモートアップロードフォーム ] セクションで引き続き利用できます。[コード の表示]アイコンをクリックして取得するか、[ 削除 ]アイコンを選択してリストから削除することができます。

ファイルのドロップ

アカウントでファイルドロップ機能が有効になっている場合は、作成したファイルドロップをアップロード先として指定できます。[ファイルドロップ]オプションを選択するときは、リストを使用して、作成済みのファイルドロップのリストから選択します。

詳細設定