Storage zones controller

リファレンス:Storage Zone Controller構成ファイル

このリファレンスでは、Storage Zone Controller構成ファイルの概要について説明します。

  • Microsoft Azure で ShareFile データを使用してストレージゾーンコントローラーを構成する
  • AppSettingsRelease.config
  • FileDeleteService.exe.config
  • SFAntiVirus.exe.config
  • Web.config

Storage Zone Controller インストーラーは、これらのファイルを作成します。Storage Zone Controller コンソールで行った変更は、ファイルに保存されます。

特定の機能を使用または構成するには、構成ファイルの一部の設定を手動で追加または更新する必要があります。このリファレンスでは、これらの設定を一覧表示し、関連情報へのリンクを提供します。

Microsoft Azure ストレージ上のShareFile

顧客管理のストレージゾーンでは、Microsoft Azure アカウント内で Citrix ShareFile データをネイティブにホスティングできます。互換性のあるサードパーティ製ストレージを使用することで、IT部門はコスト効率に優れたカスタマイズソリューションを組織向けに構築できます。このソリューションは、ShareFile を Microsoft Azure のバイナリラージオブジェクト (BLOB) ストレージと統合します。このストレージは、HTTP または HTTPS を使用してどこからでもアクセスできる大量の非構造化データを格納するためのクラウドサービスです。

Microsoft Azure で ShareFile データを使用してストレージゾーンコントローラーを構成する

Microsoft Azure で ShareFile データを使用してストレージゾーンを作成する前に、システム要件とインストール手順を確認してください。

ストレージゾーンコントローラソフトウェアがインストールされたら、 Citrix ShareFileストレージゾーンコントローラに移動し 、[ 構成]ページを選択します

  1. 割り当てられた管理者アカウントを使用して ShareFile にログオンします。

    Azure の構成手順 1

  2. [ Create New Zone ] オプションを選択し、新しいゾーンの一意の名前を入力します。
  3. ホスト名を入力します。通常は、サーバのコンピュータ名が使用されます。
  4. このゾーンの外部アドレスを入力します 。これは、このサーバーまたはロードバランサーに対してパブリックに解決可能な FQDN アドレスです。

    Azure の構成手順 4

  5. ShareFile データのストレージゾーンを有効にする ]チェックボックスをオンにします。
  6. [ **ストレージリポジトリ] ドロップダウンメニューから [Windows Azure ストレージコンテナ** ] を選択します。
  7. 前提条件のインストール時に作成した共有キャッシュの場所を入力しますプライベートデータストレージ用のネットワーク共有を作成するを参照してください。共有キャッシュフォルダへのアクセス権を持つユーザー名とパスワードを入力します。

    Azure の構成手順 7

  8. **ストレージアカウント名とアクセスキーを入力します**。この情報は、Microsoft Azure アカウントから取得されます。

  9. 検証」を選択します。

  10. 検証が完了すると、Azure から利用できるコンテナーが表示されます。[Container Name] ドロップダウンメニューから適切なコンテナを選択します

    Azure の構成手順 9

  11. ページの下部で、パスフレーズを入力し、検証のために再入力します。

  12. [Register] を選択します。

    完了すると、次のメッセージが表示されます:StorageZone は正常に構成されました!!

    Azure の構成手順 10

  13. 監視 ]タブを選択し、[StorageZones Controller ステータス]を確認します。Citrix Cloud ストレージアップローダーサービス(Azure)は、Azureのバックグラウンドアップローダーサービスを監視します。

    Azure の構成手順 11

CloudStorageUploader キューは 、Azure アップロードキューフォルダーを監視します。

Azure の構成手順 12

AppSettingsRelease.config

AppSettingsRelease.config ファイルは、Storage Zone Controller インストールパス (C:\inetpub\wwwroot\Citrix\) の次のフォルダーに含まれています。

  • StorageCenter

    Storage Zone Controller グローバル設定を定義します。

  • StorageCenter\cifs

    ネットワークファイル共有のストレージゾーンコネクタの設定を定義します。

  • StorageCenter\sp

    SharePoint のストレージゾーンコネクタの設定を定義します。

AppSettingsRelease.config ファイルを編集する前に、正しい場所で作業していることを確認してください。

FileDeleteService.exe.config

FileDeleteService.exe.config は、永続的なストレージキャッシュを管理するために、Storage Zone Controller によって使用されるコントロールを提供します。この設定ファイルは、次の場所にあります。C:\inetpub\wwwroot\Citrix\StorageCenter\SCFileCleanSvc

詳しくは、「ストレージキャッシュ操作のカスタマイズ」を参照してください。

SFAntiVirus.exe.config

sfAntivirus.exe.config は、Storage Zone Controller 構成、スキャナーソフトウェアの場所、およびさまざまなコマンドオプションに関する情報をスキャナーソフトウェアに提供します。この設定ファイルは、次の場所にあります。C:\inetpub\wwwroot\Citrix\StorageCenter\Tools\SFAntiVirus

詳しくは、「アップロードされたファイルのウイルス対策スキャンの構成」を参照してください。

Web.config

一般に、 C:\inetpub\wwwroot\Citrix\StorageCenter\ConfigService\Web.config には、通常変更すべきでないコントロールが含まれています。ただし、プロキシサーバーで古いStorage Zone Controllerを使用している場合は、更新する必要があります。

StorageZones Controller 2.2 ~ 2.2.2 のみ: ゾーンに複数のStorage Zone Controllerがあり、すべての HTTP トラフィックがプロキシサーバーを使用している場合は、各セカンダリサーバーの Web.config にバイパスリストを追加する必要があります。

注:リリース 2.2.3 以降、バイパス設定は、Storage Zone Controllerコンソールの [ネットワーク] ページに含まれています。

  1. テキストエディタでファイルを開き、 <system.net> セクションを見つけます。プロキシサーバーを設定した後のセクションの例を次に示します。

    <system.net>
        <defaultProxy enabled="true">
          <proxy proxyaddress="http://192.0.2.0:3128" />
        </defaultProxy>
      </system.net>
    </configuration>
    <!--NeedCopy-->
    
  2. 図のように、そのセクションにバイパスリストを追加します。

    <system.net>
        <defaultProxy enabled="true">
          <proxy proxyaddress="http://192.0.2.0:3128" />
          <bypasslist>
            <add address="primaryServer" />
          </bypasslist>
        </defaultProxy>
      </system.net>
    </configuration>
    <!--NeedCopy-->
    

    プライマリサーバーは、IP アドレスまたはホスト名 (サーバー名.subdomain.com) のいずれかです。

    後でプライマリStorage Zone Controller の IP アドレスまたはホスト名を変更する場合は、セカンダリサーバごとに ConfigService\ Web.config でその情報を更新する必要があります。

  3. すべてのゾーンメンバーの IIS サーバーを再起動します。

リファレンス:Storage Zone Controller構成ファイル