Storage zones controller

ユーザーアカウントのデフォルトゾーンを変更する

デフォルトでは、既存のユーザーアカウントと新しくプロビジョニングされたユーザーアカウントは、ShareFile管理のクラウドストレージをデフォルトゾーンとして使用します。デフォルトゾーンを次のように変更します。

  • AD からプロビジョニングされたユーザーアカウントのデフォルトゾーンを指定するには、ユーザーのプロビジョニング中に、ストレージの場所を選択します。詳細については、 ShareFile ポリシーベースの管理記事の「格納場所」を参照してください。
  • 個々のユーザーのデフォルトゾーンを変更するには、ShareFile管理コンソールを開き、 ユーザーの管理に移動します
ユーザーアカウントのデフォルトゾーンを変更する