ドメイン Controller が委任のために記憶域ゾーンコントローラを信頼するように構成する

注:

このセクションは、ストレージゾーンコネクタにのみ適用されます。

ネットワーク共有または SharePoint サイトで NTLM または Kerberos 認証をサポートするには、次のようにドメイン Controller を構成します。

  1. ストレージゾーンドメインのドメイン Controller で、[ スタート]、[管理ツール]、[Active Directory ユーザーとコンピュータ] の順にクリックします

  2. [ドメイン] を展開し、[コンピュータ] フォルダを展開します。

  3. 右側のペインで、ストレージゾーンのController 名を右クリックし、 [プロパティ]を選択して、[ 委任] タブをクリックします。

  4. [Kerberos] で、[ 指定したサービスへの委任のみにこのコンピューターを信頼する] を選択します。

    Kerberos の委任プロパティ

  5. NTLMの場合:

    1. [ 指定したサービスへの委任のみでこのコンピューターを信頼 する] と [任意の認証プロトコルを使用する] を選択します。[ OK] をクリックします

    2. [ 追加 ] ボタンをクリックします。[ サービスの追加 ] ダイアログボックスで、[ ユーザー] または [コンピューター ] をクリックし、ネットワーク共有または SharePoint サーバーのホスト名を参照または入力します。[ OK] をクリックします

      複数のファイルサーバーまたは SharePoint サーバーがある場合は、それぞれにサービスを追加します。

    3. [使用可能なサービス] ボックスの一覧で、使用するサービス (CIFS (ネットワークファイル共有用のコネクタ) と HTTP (SharePoint 用のコネクタ) を選択します。[ OK] をクリックします。

NTLM の委任プロパティ

ドメイン Controller が委任のために記憶域ゾーンコントローラを信頼するように構成する