Storage zones controller

ストレージゾーンのプロキシサーバーを指定する

Storage Zone Controllerコンソールでは、Storage Zone Controllerのプロキシサーバーを指定できます。プロキシサーバーは他の方法で指定することもできます。

プライマリStorage Zone ControllerとセカンダリStorage Zone Controllerは HTTP を使用して相互に通信します。すべての HTTP トラフィックが、内部サーバーへの接続をサポートしていない送信プロキシサーバーを通過するように構成されている場合、次の手順で説明するように、プロキシサーバーをバイパスするようにプライマリとセカンダリの両方のStorage Zone Controllerを構成して、プロキシサーバーが相互に通信できるようにする必要があります。

重要:

バイパスリストの設定は、最新のStorage Zone Controller リリースでのみ表示されます。StorageZones Controller 2.2~2.2を使用している場合は、Web.configの説明に従って、各セカンダリサーバーのバイパスリストをWeb.configに手動で追加する必要があります。

  1. Storage Zone Controllerコンソールで(http://localhost/configservice/login.aspx)で、[Monitoring] タブをクリックします。

    注:

    ストレージゾーンコントローラ5.11.17を使用している場合は、プロキシを変更するには認証が必要です。プロンプトが表示されたら、アカウントのメールアドレス、パスワード、フルアカウント URL の FQDN サブドメイン (サブドメイン.sharefile.com、サブドメイン.sharefile.eu など) を入力します。[ログオン] をクリックします。

  2. [Enable Proxy] チェックボックスをオンにし、プロキシサーバのアドレスとポートを入力します。
  3. 認証モードを選択し、ShareFileプロキシアクセス用に指定されたWindowsアカウントを指定します。
  4. サイトがすべての送信HTTPトラフィックをプロキシし、ゾーンに複数のStorage Zone Controllerがある場合は、バイパス設定を構成します。
    • すべてのStorage Zone Controllerトラフィックが同じサブネット上にある場合は、コントローラーが相互に通信できるように、[プロキシサーバーをバイパス]チェックボックスをオンにします。
    • Storage Zone Controllerが異なるサブネット上にある場合は、「バイパスアドレス」にプライマリStorage Zone Controller ホスト名または IP アドレスを入力します。
  5. すべてのゾーンメンバーの IIS サーバーを再起動します。
ストレージゾーンのプロキシサーバーを指定する