ストレージゾーンのプロキシサーバーの指定

ストレージゾーンコントローラコンソールでは、ストレージゾーンコントローラーのプロキシサーバーを指定できます。また、他の方法を使用してプロキシサーバーを指定することもできます。

プライマリおよびセカンダリのストレージゾーンコントローラは、HTTP を使用して相互に通信します。すべての HTTP トラフィックが、内部サーバーへの接続をサポートしない送信プロキシサーバーを経由するように構成されている場合は、次の手順で説明するように、プロキシサーバーをバイパスするようにプライマリストレージゾーンコントローラとセカンダリストレージゾーンコントローラーを構成する必要があります。で指定します。

重要:

バイパスリストの設定は、最新のストレージゾーン Controller リリースでのみ表示されます。StorageZones Controller 2.2~2.2を使用している場合は、Web.configの説明に従って、各セカンダリ・サーバのバイパス・リストをWeb.configに手動で追加する必要があります。

  1. ストレージゾーンのController コンソール (http://localhost/configservice/login.aspx) で、[ ネットワーク] タブをクリックします。
  2. [Enable Proxy] チェックボックスをオンにして、プロキシサーバの [Address] と [Port] を入力します。
  3. 認証モードを選択し、ShareFileプロキシアクセス用に指定されたWindowsアカウントを指定します。
  4. サイトがすべての発信 HTTP トラフィックをプロキシし、ゾーンに複数のストレージゾーンコントローラーがある場合は、バイパス設定を構成します。
    • すべてのストレージゾーンのController ートラフィックが同じサブネット上にある場合は、[ プロキシのバイパス… ] チェックボックスを選択して、コントローラが相互に通信できるようにします。
    • ストレージゾーンコントローラが異なるサブネット上にある場合は、[Bypass Address] にプライマリストレージゾーンController ホスト名または IP アドレスを入力します。
  5. すべてのゾーンメンバーの IIS サーバーを再起動します。

ストレージゾーンのプロキシサーバーの指定