SSL証明書のインストール

ワイルドカード証明書を使用しない場合は、Storage Zone Controller サーバーの証明書署名要求 (CSR) を作成し、要求を認証局 (CA) に送信する必要があります。ヘルプについては、CA のドキュメントを参照してください。

証明書をインストールする手順は、次のとおりです。

  1. Storage Zone Controllerサーバーで MMC を開き、[ファイル]>[スナップインの追加と削除] を選択します。
  2. [証明書] を選択し、[ 追加] をクリックします。
  3. [コンピューターアカウント]、[ 次へ]、[ 完了]、[ OK] の順にクリックします。
  4. MMC コンソールで、[ 証明書] > [個人]を展開します。
  5. [ 証明書] を右クリックし、[ すべてのタスク] > [インポート] の順に選択し、[ 次へ] をクリックします。
  6. [ 参照 ] をクリックし、ファイル名拡張子のメニューから [ 個人情報交換] を選択します。
  7. 証明書の場所を参照し、[ 開く] をクリックします。
  8. [ 次へ] をクリックし、秘密キーに関連付けられた パスワード を入力し、[ 次へ ] を 2 回クリックし、[ 完了] をクリックします。
  9. インポートに成功しました 」というメッセージが表示されたら、「 OK」をクリックします。

パブリック証明書の場合は、発行されるドメインがStorage Zone Controller ローカルIPアドレスに解決されていることを確認します。これを行うには、Storage Zone Controller の hosts ファイルを更新して、証明書に関連付けられたドメインをStorage Zone Controllerの IP アドレスにマップします。2つのアドレスが解決されない場合、ユーザーはStorage Zone Controller からファイルをアップロードできません。

SSL証明書のインストール