Product Documentation

StoreFrontについて

Dec 15, 2016

StoreFrontでは、データセンター内のXenApp、XenDesktop、XenMobileサーバーからユーザーデバイスへのデスクトップやアプリケーションの配信を管理できます。 ユーザーがアクセス可能なデスクトップやアプリケーションは、StoreFrontストア上に列挙、集約されます。 ユーザーはCitrix Receiverを使ったり、WebブラウザーでCitrix Receiver for Webサイトやデスクトップアプライアンスサイトを表示したりすることでStoreFrontストアにアクセスできます。 シンクライアントやそのほかの対応デバイスのユーザーは、XenApp Servicesサイト経由でStoreFrontストアにアクセスできます。  

StoreFrontは、アプリケーションのレコードをユーザーごとに保持し、ユーザーデバイスを自動的に更新します。このため、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、デスクトップコンピューターなど、ユーザーが使用するデバイスを切り替えても一貫性のあるユーザーエクスペリエンスが提供されます。 StoreFrontはXenApp 7.xとXenDesktop 7.xの統合コンポーネントですが、ほかのバージョンのXenAppやXenDesktopでも使用できます。

StoreFrontの新機能

StoreFrontには、次の新機能および強化された機能があります。

  • 複数のインターネットインフォメーションサービス(IIS)Webサイト。  IISで複数のWebサイトを作成してから、PowerShell SDKを使用して、IIS WebサイトにStoreFront展開環境を作成できます。 単一のサーバーで、多数のCitrix Receiver for Webサイトおよびストアを、それぞれ独自のドメイン名でホストすることができるようになりました。 詳しくは、「複数のインターネットインフォメーションサービス(IIS)Webサイト」を参照してください。
  • Firefoxブラウザー。 Firefoxが、Fireforx 53でNPAPI(Netscape Plugin Application Programming Interface)プラグインのサポートを停止しても、StoreFront 3.8は、WindowsおよびMac向けのFirefoxでCitrix Receiver for Webのクライアントの検出と起動をサポートします。