Product Documentation

ストアに表示するリソースの管理

Dec 15, 2016

XenDesktop、XenApp、およびApp Controllerによって提供されたストアリソースから追加または削除したり、これらのリソースを提供するサーバーの詳細を変更したりするには、[Controllerの管理]タスクを使用します。  

重要:複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。 展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。 変更が完了したら、構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。
  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで[ストア]ノードを選択して、結果ペインでストアを選択します。 [操作]ペインの[Delivery Controllerの管理]をクリックします。
  3. ストアにデスクトップやアプリケーションを提供するXenDesktop、XenApp、またはApp Controller展開環境を追加するには、[Delivery Controllerの管理]ダイアログボックスで[追加]をクリックします。 展開環境の設定を変更するには、[Delivery Controller]ボックスの一覧でエントリを選択して[編集]をクリックします。 展開環境により提供されるリソースをストアから削除するには、ボックスの一覧でエントリを選択して[削除]をクリックします。
  4. [Controllerの追加]または[Controllerの編集]ダイアログボックスで、この展開環境に対するわかりやすい名前を指定し、リソースを提供するインフラストラクチャの種類([XenDesktop][XenApp]、または[AppController])を選択します。 App Controllerを選択する場合は、表示名として入力した文字列にスペースが含まれていないことを確認してください。
  5. インフラストラクチャの種類としてXenDesktopまたはXenAppサーバーを選択した場合は、手順6.に進みます。 App Controllerにより管理されるアプリケーションをストアで使用できるようにするには、App Controller仮想アプライアンスの名前またはIPアドレスを[サーバー]ボックスに入力し、App Controllerへの接続に使用するStoreFrontのポートを指定します。 デフォルトのポートは443です。 手順10.に進みます。
  6. XenDesktopまたはXenAppが提供するデスクトップやアプリケーションをストアに追加するには、[追加]をクリックしてサーバーの名前またはIPアドレスを入力します。 複数のサーバーを指定すると、web.configファイルの構成に基づいて負荷分散またはフェールオーバーが有効になります。 デフォルトでは、負荷分散が構成されています。 フェールオーバーを構成すると、サーバーの一覧の順番に基づいてフェールオーバーされます。 XenDesktopサイトの場合は、Delivery Controllerの詳細を指定します。 XenAppファームの場合は、Citrix XML Serviceを実行しているサーバーを一覧に追加します。 サーバーの名前またはIPアドレスを変更するには、[サーバー]ボックスの一覧でエントリを選択して[編集]をクリックします。 一覧からエントリを削除するには、そのエントリを選択して[削除]をクリックします。これにより、そのサーバーからのリソースがストアに列挙されなくなります。
  7. [トランスポートの種類]ボックスの一覧から、StoreFrontでサーバーとの通信に使用する接続の種類を選択します。
    • 暗号化されていない接続でデータを送信するには[HTTP]を選択します。 このオプションを選択する場合は、StoreFrontとサーバー間の接続を何らかの方法で保護することを検討してください。
    • SSL(Secure Sockets Layer)またはTLS(Transport Layer Security)を使用する保護されたHTTP接続でデータを送信するには、[HTTPS]を選択します。 XenDesktopまたはXenAppサーバーに対してこのオプションを選択する場合は、Citrix XML ServiceがポートをIIS(Microsoftインターネットインフォメーションサービス)と共有する設定になっていることと、IISがHTTPSをサポートするように構成されていることを確認してください。
    • XenAppサーバーとの通信でSSL Relayによるホスト認証とデータの暗号化を実行するには、[SSL Relay]を選択します。
    注:StoreFrontとサーバーの間の通信でHTTPSまたはSSL Relayを使用する場合は、[サーバー]ボックスの一覧に指定したサーバー名がそのサーバーの証明書のサーバー名と一致することを確認してください(大文字/小文字は区別されます)。
  8. StoreFrontがサーバーに接続するときに使用するポートを指定します。 デフォルトでは、HTTP接続およびSSL Relay接続では80、HTTPS接続では443が使用されます。 XenDesktopおよびXenAppサーバーの場合、Citrix XML Serviceで使用されるポート番号を指定する必要があります。
  9. StoreFrontとXenAppサーバーの間の接続をSSL Relayで保護する場合は、SSL RelayのTCPポートを[SSL Relayポート]ボックスで指定します。 デフォルトのポートは443です。 SSL Relayを実行するすべてのサーバーで同じポートが構成されていることを確認してください。
  10. [OK]をクリックします。 XenDesktop、XenApp、およびApp Controllerの展開環境を自由に組み合わせてストアを作成できます。 必要に応じて手順3.~10.を繰り返し、[Delivery Controller]の一覧にほかの展開環境を追加したり既存のエントリを変更したりします。