Product Documentation

ユーザーアクセスの構成

Dec 15, 2016

XenApp Servicesサイトを介した接続のサポート

XenApp ServicesサイトのURLからストアにアクセスできるようにするには、[XenApp Servicesサポートの構成]タスクを使用します。 ドメインに参加しているデスクトップアプライアンスのユーザー、Citrix Desktop Lockを実行している再目的化されたPCのユーザー、およびアップグレードできない古いバージョンのCitrixクライアントのユーザーは、XenApp Servicesサイトから直接そのストアに接続できます。 デフォルトでは、新しいストアを作成するときに、XenApp ServicesサイトのURLが有効になります。

重要:複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。 展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。 変更が完了したら、構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。

  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで[ストア]ノードを選択して、結果ペインでストアを選択します。 [操作]ペインの[XenApp Servicesサポートの構成]をクリックします。
  3. [XenApp Servicesサポートを有効にする]チェックボックスをオンまたはオフにして、XenApp ServicesサイトのURLを介したストアへのユーザーアクセスを有効または無効にします。

    XenApp ServicesサイトのURLは、http[s]://serveraddress/Citrix/storename/PNAgent/config.xmlの形式です。ここで、serveraddressはStoreFront展開環境のサーバーまたは負荷分散環境の完全修飾ドメイン名で、storenameはストアの作成時に指定した名前です。

  4. XenApp Servicesサポートを有効にする場合は、必要に応じてCitrix Online Plug-inユーザーのデフォルトストアを指定します。

    デフォルトストアを指定すると、ユーザーが特定ストアのXenApp Services URLではなくStoreFrontサーバーのURLまたは負荷分散URLを使用してCitrix Online Plug-inを構成できるようになります。

すべてのCitrix Receiverに対するワークスペースコントロールの再接続を無効にする

ワークスペースコントロール機能を有効にすると、ユーザーがデバイスを移動してもそのアプリケーションでの作業を継続できます。 これにより、たとえば病院で臨床医がほかのワークステーションに移動しても、移動先のデバイスでアプリケーションを起動し直す必要がなくなります。

StoreFrontには、すべてのCitrix Receiverのストアサービスでワークスペースコントロールの再接続を無効にする構成があります。 この機能は、StoreFrontコンソールまたはPowerShellを使って管理します。

StoreFront管理コンソールの使用

  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで[ストア]ノードを選択して、[操作]ペインで[ストア設定の構成]をクリックします。
  3. [詳細な設定]を選択し、[セッションの再接続を許可する]チェックボックスをオンまたはオフにします。

PowerShellの使用

管理コンソールを閉じる必要があります。 次のコードスニペットを実行して、StoreFront PowerShellモジュールをインポートします。

$dsInstallProp = Get-ItemProperty `
-Path HKLM:\SOFTWARE\Citrix\DeliveryServicesManagement -Name InstallDir
$dsInstallDir = $dsInstallProp.InstallDir 
& $dsInstallDir\..\Scripts\ImportModules.ps1

次にPowerShellコマンドのSet-DSAllowSessionReconnectでワークスペースコントロールの再接続をオンまたはオフに設定します。

構文

Set-DSAllowSessionReconnect [[-SiteId] <Int64>] [[-VirtualPath] <String> ] `
[[-IsAllowed] <Boolean>]

たとえば、/Citrix/Storeのストアでワークスペースコントロールの再接続をオフにするには、次のコマンドでストアを構成します。

Set-DSAllowSessionReconnect -SiteId 1 -VirtualPath /Citrix/Store ` -IsAllowed $false

ユーザーサブスクリプションの構成

[ユーザーサブスクリプション]タスクを使うには、その前にアプリケーションをサブスクライブするか、ユーザーがストアに接続したときにすべてのアプリケーションが使用できるようにする必要があります。

重要:複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。 展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。 変更が完了したら、構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。

  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. Citrix StoreFront管理コンソールの左ペインで[ストア]ノードを選択して、結果ペインでストアを選択します。 [操作]ぺインで[ストア設定の構成]>[ユーザーのサブスクリプション]の順にクリックして、ユーザーサブスクリプション機能の有効/無効を切り替えます。 
  3. [ユーザーのサブスクリプションの有効化(セルフサービスストア)]を選択して、アプリケーションを使用するためにユーザーにサブスクライブさせます。 以前指定したサブスクリプションはいずれも有効なままです。 
  4. [ユーザーのサブスクリプションの無効化(必須ストア)]を選択して、ユーザーに公開されているすべてのアプリケーションを[ホーム]画面でサブスクリプトすることなく利用できるようにします。 サブスクリプションは削除されず、再度有効にしようとするときには有効にすることができます。

サブスクリプションデータの管理

PowerShellコマンドレットを使用してストアのサブスクリプションデータを管理します。

注:StoreFront管理コンソールとPowerShellコンソールを同時に開くことはできません。 StoreFront管理コンソールを閉じてからPowerShellコンソールを開いてください。 同様に、PowerShellのすべてのインスタンスを閉じてからStoreFront管理コンソールを開いてください。 

サブスクリプションデータのエクスポート    

次のPowerShellコマンドレットを使用してサブスクリプションデータのスナップショットを作成し、サブスクリプションデータファイルを作成することができます。

Add-PSSnapin Citrix.DeliveryServices.SubscriptionsManagement.Commands

Export-DSStoreSubscriptions -StoreName StoreName -FilePath DataFile

複数サーバー展開環境を管理しているときは、これらのPowerShellコマンドレットを、StoreFrontサーバーグループ内のいずれかのサーバー上で実行できます。 

サブスクリプションデータの復元

次のPowerShellコマンドレットを使用して、保存済みのスナップショットの状態にサブスクリプションデータを復元できます。

Add-PSSnapin Citrix.DeliveryServices.SubscriptionsManagement.Commands

Restore-DSStoreSubscriptions -StoreName StoreName -FilePath DataFile

このコマンドにより、サブスクリプションデータがエクスポート時の状態に復元されます。エクスポート後に追加されたサブスクリプションは削除されます。

複数サーバー展開環境を管理しているときは、これらのPowerShellコマンドレットを、StoreFrontサーバーグループ内のいずれかのサーバー上で実行できます。 

サブスクリプションデータのインポート

次のPowerShellコマンドレットを使用して、エクスポート済みのデータファイルを使用してサブスクリプションデータを更新することができます。

Add-PSSnapin Citrix.DeliveryServices.SubscriptionsManagement.Commands

Import-DSStoreSubscriptions -StoreName StoreName -FilePath FilePath

このコマンドを使用すると、サブスクリプションデータをストア間で転送することができます。インポート先の既存のサブスクリプションは保持されます。

複数サーバー展開環境を管理しているときは、これらのPowerShellコマンドレットを、StoreFrontサーバーグループ内のいずれかのサーバー上で実行できます。

ストアのサブスクリプションデータの削除

サブスクリプションデータを格納するフォルダーおよびデータストアは、ストア別に存在しています。

  1. StoreFrontサーバー上で、Citrix Subscriptions Storeサービスを停止します。
  2. 新しい場所の各StoreFrontサーバー上で、サブスクリプションストアデータベースフォルダーを開きます。
    C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Citrix\SubscriptionsStore\1__Citrix_<StoreName>

  3. フォルダー内のすべてのファイルを削除します。フォルダー自体は削除しないでください。 
  4. 展開環境内のすべてのStoreFrontサーバー上で、Citrix Subscriptions Storeサービスを再起動します。

サブスクリプションデータファイルの詳細

サブスクリプションデータファイルは、各行に1つのユーザーサブスクリプションが記載されたテキストファイルです。 各行には、以下の値がタブで区切られて記載されます。

<user-identifier> <resource-id> <subscription-id> <subscription-status> <property-name> <property-value> <property-name> <property-value> ...

各項目の意味は次のとおりです。

  • <user-identifier>:必須の値です。 ユーザーを識別する文字列です。 ユーザーのWindowsセキュリティIDが使用されます。
  • <resource-id>:必須の値です。 サブスクライブされるリソースを識別する文字列です。
  • <subscription-id>:必須の値です。 サブスクリプションを一意に識別する文字列です。 この値は使用されません(ただし、データファイル内に値が存在する必要はあります)。
  • <subscription-status>:必須の値です。 サブスクリプションの状態(subscribedまたはunsubscribed)です。
  • <property-name>および<property-value>:オプションの値です。 0個以上の<property-name>値と<property-value>値の組み合わせです。 StoreFrontクライアント(通常はCitrix Receiver)によるサブスリプションのプロパティを表します。 複数の値を持つプロパティは、同じ名前の複数の「<property-name> <property-value>」ペアで示されます(MyPropが2つの値AとBを持つ場合は「… MyProp A MyProp B …」など)。

例:

S-0-0-00-0000000000-0000000000-0000000000-0000 XenApp.Excel 21EC2020-3AEA-4069-A2DD-08002B30309D Subscribed dazzle:position 1

StoreFrontサーバーのディスク上にあるサブスクリプションデータのサイズ

 

インポートおよびエクスポート用のTXTファイルのサイズ