Product Documentation

ワークスペースコントロールの構成

Dec 15, 2016

ワークスペースコントロール機能を有効にすると、ユーザーがセッションの途中でデバイスを切り替えても、新しいデバイス上でそのアプリケーションでの作業を継続できます。 これにより、たとえば病院で臨床医がほかのワークステーションに移動しても、移動先のデバイスでアプリケーションを起動し直す必要がなくなります。 Citrix Receiver for Webサイトでは、ワークスペースコントロールがデフォルトで有効になります。 ワークスペースコントロールを無効にしたり設定を変更したりするには、サイトの構成ファイルを編集します。   

重要:複数サーバーによる展開環境では、複数のサーバー上で同時にサーバーグループの構成を変更しないでください。 展開内のほかのサーバー上でCitrix StoreFront管理コンソールを同時に実行していないことを確認してください。 変更が完了したら、構成の変更をサーバーグループに反映させて、展開内のほかのサーバーを更新します。

  1. Windowsの[スタート]画面または[アプリ]画面で、[Citrix StoreFront]タイルをクリックします。
  2. 左ペインで[ストア]を選択し、[操作]ペインで[Receiver for Webサイトの管理]>[構成]の順にクリックします。
  3. [ワークスペースコントロール]を選択します。
  4. ワークスペースコントロールのデフォルト設定を構成します。以下の設定が含まれます。

ワークスペースコントロールの有効化

セッション再接続オプションの設定

ログオフ操作の指定