解決された問題

次の問題は、バージョン1811以降で解決されています。

  • Windows Server 2019でStoreFrontをアンインストールすると、PowerShellコンソール(Powershell.exe)が機能しなくなることがあります。具体的には、Powershell.exeが一時的に開いてすぐに消え、使用できません。Powershell_ISE.exeは影響を受けることなく、引き続きPowershellスクリプトを実行するために使用できます。[STF-2585]

  • StoreFront管理コンソールでは、キーワードExcludeMeおよびIncludeMeを一緒に設定することはできません。どちらのキーワードも設定できますが、2つ目のキーワードを設定しようとするとすぐに、最初のキーワードがコンソールによって削除されます。[STF-3388]

  • StoreFront管理コンソールでは、禁止されたアンダースコア文字(_)をベースURLに使用できます。これにより、DNSはアンダースコアの使用をサポートしていないため、ストアにアクセスできなくなります。[STF-3509]

  • StoreFront PowerShell SDKを使用してリソースフィルター用にExcludeとIncludeの両方のキーワードを設定すると、Receiver for Webが使用できなくなります。[STF-3208]

  • デスクトップの表示名にアンパサンド(&)文字が含まれている場合、Storefrontからのデスクトップセッションの起動に失敗し、「要求を完了できません」という警告が表示されます。[STF-3369]

  • StoreFront管理コンソールで、「複数のSTAサーバーを負荷分散する」オプションが選択されている場合にのみ、Secure Ticket Authorities(STA)の順序を変更できます。「複数のSTAサーバーを負荷分散する」が選択されていない場合にのみSTAの順序を変更できるようにするには、この論理を逆にする必要があります。[STF-3535]

  • StoreFrontのバージョンを3.5からそれ以降にアップグレードし、ストアでユーザー名とパスワード認証を無効にすると、「StoreFrontでのユーザー名/パスワード認証が有効ではありません」といった不要なエラーメッセージがイベントビューアの「デリバリーサービス」に表示されます。これらのエラーメッセージによる悪影響はなく、ユーザー名とパスワード以外の認証方法を使用したストアでもユーザーは正常にログオンできます。[STF-3566]

  • アンダースコア(_)を含むベースURLを使用してStoreFrontを構成し、それをCitrix Gatewayで使用すると、エラーが発生することがあります。[LC9678]

  • StoreFrontのバージョンを3.5から3.12にアップグレードした後、次のイベントログの詳細がイベントビューアに表示されることがあります:

     User name/password authentication is not enabled in StoreFront.
     Citrix.DeliveryServicesClients.Authentication.Exceptions.ProtocolNotAvailableException, Citrix.DeliveryServicesClients.Authentication, Version=3.12.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null Invalid protocol exception. The requested protocol is: ExplicitForms Protocol: ExplicitForms at Citrix.Web.AuthControllers.Controllers.ExplicitAuthController.CreateExplicitAuthenticator()
    

    [LD0608]

  • Safari 12以降のブラウザーを使用すると、Citrix Receiver for Webでクライアント検出が失敗することがあります。これは、Netscape Plugin Application Programming Interface(NPAPI)のサポートが廃止されたためです。詳しくは、Knowledge CenterのCTX238286の記事を参照してください。[LD0863]

解決された問題