導入ガイド:Citrix Files と Citrix Virtual Apps and Desktops サービス

概要

この記事では、Citrix Virtual Apps and Desktops サービスを使用してCitrix Filesを展開する手順について説明します。Citrix Files for Windowsは、Content Collaboration プラットフォームでファイルを安全に操作するために使用されるクライアントソフトウェアです。ユーザーは、バックエンドのファイルの場所 (パブリッククラウド、企業ファイル共有など) に関係なく、アカウント内のすべてのファイルを 1 つの場所から表示できます。ファイルをローカルで同期する必要はなく、特に共有 VDI 環境で領域を節約するのに役立ちます。 また、ユーザーは簡単にファイルをアップロードし、Windowsエクスプローラ内の完全なコンテキストメニューの統合を含む他の人とファイルを共有することができます。Windows向けCitrix Files 詳細については、 [CTX237126およびCTX228273を参照してください](https://support.citrix.com/article/CTX228273)

前提条件

このガイドでは、読者が以下のCitrix製品の基本的な知識と、Windowsの一般的な管理経験を持っていることを前提としています。

  • Citrix Virtual Apps and Desktopsサービス
  • Citrix Content Collaboration

必要に応じて、次のリファレンス・アーキテクチャを参照してください。

セクション1a:Virtual Delivery Agentのインストールの一部としてCitrix Files インストールする

Citrix Files Windowsアプリは、Virtual Delivery Agent(VDA)のインストールに含まれています。このセクションでは、Virtual Apps and Desktopsサービス内のCitrix Cloudからインストーラを使用して、Windows Serverイメージにインストールします. また、デスクトップオペレーティングシステムイメージ内にインストールすることもできます。 VDAのインストールの詳細については、「VDAのインストール 」の製品ドキュメントページを参照してください。

注:

Windows用Citrix Filesアプリの最新バージョンをインストールすることをお勧めします。アプリは通常、6週間ごとに更新されるため、VDAインストール内のバージョンが最新ではない場合があります。VDAのバージョンと https://www.citrix.com/downloads/citrix-content-collaboration/product-software/citrix-files-for-windows.htmlのバージョンを比較します。VDAのバージョンが遅れている場合は、コマンドラインを使用して最新バージョンにアップグレードします。MSI のインストールが好ましい場合 (たとえば、SCCM や同様のツールで使用する場合)、MSI を押し出す前に、既存のバージョンをアンインストールします。

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 10 分

  1. Citrix CloudのVirtual Apps and Desktopsサービスで、[ ダウンロード] をクリックします。 Citrix Virtual Apps and Desktops のホーム画面

  2. Virtual Delivery Agent(VDA)の横にある「 ダウンロード 」をクリックします。 Citrix Virtual Apps and Desktops のダウンロード画面

  3. サーバーOS Virtual Delivery Agentのダウンロード

    注:

    執筆時点では、バージョン 1906 が最新でしたが、表示されるバージョンは新しい場合があります。パフォーマンス、セキュリティ、および機能を最適化するために、利用可能な最新バージョンを使用することをお勧めします。

    サーバーOSのVDAをダウンロード

  4. サーバー仮想マシンイメージでVDAインストーラーを実行します。環境に適した構成オプションを選択し、[Next] をクリックします。MCSとPVSによるイメージ配信の詳細については、「 イメージ管理リファレンスアーキテクチャ」を参照してください。 VDAインストール環境画面

  5. 必要に応じて、チェックボックスをクリックして、リソースに接続するためのオプションのCitrix Workspaceアプリクライアントをイメージにインストールします(ダブルホップのシナリオ)。[次へ] をクリックします。 VDAのコアコンポーネントのインストール画面

  6. Citrix Files for Windowsがチェックされ、適切なクライアントソフトウェアがインストールされていることを確認します。画像で必要な追加機能を確認し、[ 次へ] をクリックします。 VDAの追加コンポーネントのインストール画面

  7. Delivery Controller 手順で、Cloud Connector 仮想マシンを指定します。高可用性を実現するには、少なくとも 2 つの使用が推奨されます。[次へ] をクリックします。 VDADelivery Controller インストール画面

  8. [パフォーマンスを最適化] を選択したままにします。必要に応じて追加のオプションを選択し、[ 次へ] をクリックします。

    注:

    展開前にマスターイメージを最適化するには、 https://support.citrix.com/article/CTX224676からCitrix Optimizer を実行することをお勧めします。

    VDAインストール機能画面

  9. ファイアウォール設定のデフォルトオプションのままにするか、必要に応じて調整し、[ Next] をクリックします。 VDAインストールファイアウォール画面

  10. [概要] 画面で詳細を確認し、[ インストール] をクリックします。 VDAインストールの概要画面

  11. インストールが完了するのを待ちます。

    注:

    マシンは、インストールプロセス中に再起動できます。

    VDAインストールの進行状況画面

  12. 問題の防止に役立つ場合は、オプトインして診断情報を収集します。[次へ] をクリックします。 VDAインストール診断画面

  13. [完了]をクリックして、インストールを完了します。その後、マシンの再起動を許可します。 VDAインストール完了画面

セクション1aのポイント:VDAインストールの一部としてのCitrix Files インストール

  • Citrix Filesクライアントインストーラーは、VDAインストーラーに含まれています。しかし、最新バージョンをチェックすることはまだ重要です。
  • Content Collaboration を使用する場合は、基本イメージ内でCitrix Filesが使用可能であることを確認します。必要に応じて、後でユーザーグループに対してオプションを設定します。

セクション1b:VDAコマンドラインを使用したCitrix Files インストール

Windows版Citrix Files クライアントは、Virtual Delivery Agent(VDA)のインストールに含まれています。このセクションでは、VVirtual Apps and Desktopsサービス内のCitrix Cloudからインストーラでコマンドラインを使用して、Windows Serverイメージにインストールします. また、デスクトップオペレーティングシステムイメージ内にインストールすることもできます。コマンドラインからVDAをインストールする方法の詳細については、 /en-us/citrix-virtual-apps-desktops-service/install-configure/install-command.html の製品ドキュメントページを参照してください。

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 10 分

  1. Microsoft System Center Configuration Managerなどの任意のソフトウェア展開ツールを使用して、必要に応じて仮想マシンまたは物理マシン上でVDAのコマンドラインインストールを実行します。/quiet および /include追加の「Windows用Citrix Files」スイッチは最低でも使用してください。

    Example: ‘VDAServerSetup_1906.exe /quiet /controllers “CC1.acf.lab”,“CC2.acf.lab” /enable_hdx_ports /includeadditional “Citrix Files for Windows”’

    注:

    マシンはインストール中に1回以上再起動します。

    コマンドラインVDAインストール

  2. インストールが完了したら、[プログラムと機能]でVirtual Delivery AgentとCitrix Files 両方がインストールされていることを確認します。 [プログラムと機能] 画面

セクション1bのポイント:VDAコマンドラインを使用したCitrix Files インストール

  • Citrix FilesクライアントインストーラはVDAインストーラーに含まれており、サイレントインストールが可能
  • VDAソフトウェアのサイレントインストールは、通常、マスターイメージから作成された管理対象マシンではなく、管理対象外の仮想マシンおよび物理マシンで実行されます。

セクション2:MCSまたはPVSを使用したVDAのプロビジョニング

必要に応じて、MCS、PVS、または手動でVDAを展開します。詳細については、既存のイメージ管理リファレンスアーキテクチャおよび製品ドキュメントを参照してください。

役に立つリソース

セクション 3: セッション残余の有効化

[セッション残留] では、公開アプリケーションセッションは、セッションの最後のアプリケーションが閉じられた後、指定された期間、アクティブな状態を維持できます。この機能の主な使用例は、ユーザーが公開アプリケーションを閉じてすぐに別のアプリケーションを起動したときに、後続のアプリケーションを高速に起動することです。Citrix Filesの場合、セッション残留は、セッションが終了する前に、セッション内でバックグラウンドファイルアップロードタスクが完了することを保証します。セッション残留の詳細については、 /en-us/citrix-virtual-apps-desktops-service/install-configure/delivery-groups-manage.htmlを参照してください。

注:

セッション共有は、複数の公開アプリケーションを同時に実行するためのデフォルトおよび推奨方法です。これは、リソースを節約し、可能性のある競合状態を防ぎます。詳細については、 CTX159159を参照してください

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 5 分

  1. Studio管理コンソールで、セッション残留を有効にする既存のデリバリーグループを右クリックし、[デリバリーグループの編集]Studio[デリバリーグループの編集を選択します。

  2. [ アプリケーション残留 ] タブ [![アプリケーション残留] タブをクリックします](/en-us/tech-zone/build/media/deployment-guides_citrix-files_Edit-Delivery-Group-Dialog.png)

  3. [ セッションをアクティブにするまで ] を選択し、1 または 2 分の値を入力します。これは、ほとんどの環境とファイルサイズで十分であることが証明されます。 アプリケーション残留ダイアログ

  4. この機能を有効にする追加のデリバリーグループについて、上記の手順1~3を完了します。

セクション 3のポイント: セッション残留の有効化

  • セッション残留は、セッションをアクティブに保ち、Citrix Files内のバックグラウンドファイル転送が完了していることを確認します
  • 残音の値を 1 分または 2 分に設定すると、ほとんどの環境で十分であることが証明されます

セクション 4: アクセスとシングルサインオンのテスト

このセクションでは、シングルサインオン(SSO)を含むCitrix Filesアプリへのアクセスをテストします。SSO は、Content Collaboration に登録されたユーザーアカウントと一致する電子メールアドレスに関連付けられた Active Directory 資格情報から実行されます。 詳細については、 /ja-jp/citrix-content-collaboration/citrix-files-app/configuration.html を参照してください。

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 10 分

  1. Citrix Workspaceにログインし、Content Collaboration サービスに登録されているユーザーアカウントでデスクトップセッションを開始する

    注:

    AD/AAD の各ユーザーの電子メールアドレスは、Content Collaboration の電子メールアドレスと一致する必要があります。また、これを機能させるには、VDAバージョン1808以降を使用していることを確認してください。

  2. Citrix Filesアプリを開きます。 アプリに認証情報を入力するよう求められず、利用可能なファイルがすべて表示されることに注意してください。

  3. 1808より前のVDAの以前のバージョンまたはSAMLが優先される場合は、 必要な構成の詳細についてCTX208557を参照してください 。 認証のためにユーザーを送信する場所をアプリが認識できるように、Windows上のCitrix Filesアプリに「アカウント」GPOを展開する必要があります。GPO 構成情報は、後のセクションに固有のものです。

注:

シームレスな SSOの場合は、AD FS など、これをサポートする IdP を使用し、ShareFile SSO 構成ページ (「管理者設定」→「セキュリティ」→「Windows 統合認証のログインとセキュリティ」を参照) を構成します。Workspace または Windows 統合認証による認証を使用しない場合、ユーザーは認証チャレンジを要求されます。

  1. Citrix Filesを使用したSSOは、公開デスクトップと公開アプリの両方で同じように動作します

セクション 4のポイント: アクセスと SSO のテスト

  • Citrix Filesは仮想アプリとデスクトップセッションにシームレスに統合
  • SSO は、主に AD アカウントとContent Collaboration アカウントに関連付けられた電子メールアドレスによって処理されます

セクション 5: ファイルタイプの関連付けの設定 (オプション)

アプリケーションをファイルタイプ/拡張子に関連付けて、ユーザーがCitrix Filesでファイルを簡単に操作できるようにし、必要に応じてコンテンツを作成および編集できます。シナリオによっては、エンドポイントデバイス上のCitrix Files/Workspaceアプリが、適切なソフトウェアを使用できない場合や、Citrix Files/Workspaceアプリを含む汎用デスクトップと適切なソフトウェアを使用できないダブルホップの状況などがあります。詳細については、 /en-us/citrix-content-collaboration/files-workspace.html を参照してください。

注:

Microsoft Word では、特定のファイル名拡張子に対して FTA を有効にします。同様の手順は、ファイル名拡張子の種類と公開アプリケーションの組み合わせに適用されます。

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 5 分

  1. Studio管理コンソールで、[アプリケーション]ノード[ Studio **アプリケーション** ]ノードを選択します

  2. Microsoft Word 公開アプリケーションを右クリックし、[ プロパティ ] [![Studio] [アプリケーションプロパティ]](/en-us/tech-zone/build/media/deployment-guides_citrix-files_Published-App-Properties.png)を選択します

  3. [ ファイルタイプの関連付け ] タブ [![FTA] 画面を選択します](/en-us/tech-zone/build/media/deployment-guides_citrix-files_FTA-Screen.png)

  4. 関連付けるファイル名拡張子を選択し、「 OKFTA Selected をクリックします。

セクション 5のポイント: ファイルタイプの関連付けの設定 (オプション)

  • FTA により、ユーザーは作業しているファイルタイプに適した仮想アプリケーションを簡単に開くことができます。
  • FTA は、特定の公開アプリケーションにマッピングされた既知のファイル名拡張子を使用して構成される

セクション 6: GPO 設定の構成 (省略可能)

CTX228273を参照すると、環境内のCitrix Files の動作を変更する、オプションで構成できるいくつかのGPO設定があります。ここで取り上げる一般的なものには、マウントポイント、特定のユーザー/マシンに対するCitrix Filesの有効/無効化、非永続マシンの自動更新を無効にします。

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 10 分

  1. CTX228273に従って、.admxファイルを c:\Windows\PolicyDefinitions に、\ en-us\ .admlファイルを c:\Windows\PolicyDefinitions\en-us にコピーします\

  2. グループポリシーエディターを開き、ポリシーオプションは、「 コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Citrix Files」→「 ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「Citrix Files」で利用できます。

  3. 必要に応じて、マウントポイントを構成して、ネットワークドライブとしてマウントされたCitrix Filesフォルダへのアクセス権をユーザーに付与します。ネットワークドライブを使用すると、ユーザーには使い慣れた操作が提供され、ネットワークドライブのマッピングから離れる前に作成されたドキュメント (Excel ファイルの絶対パスに依存する OLE Excel シートを含む Word 文書など) 内の内部リンクは切断されません。

  4. Citrix Filesを有効にする必要のないユーザー/グループおよび/またはマシンの場合は、[ユーザーまたはコンピューター]で[アプリケーションを有効にする]設定を構成します。

  5. 永続的でないVDAイメージの「自動更新を有効にする」チェックボックスをオフにします。通常のイメージ更新サイクルの一部として、Citrix Filesアップデートを含めます。

  6. 検討する価値のある別のオプションは、「キャッシュの場所」です。

    注:

    プールされたデスクトップには、デフォルトのキャッシュの場所で十分です。キャッシュはログオフ時にワイプされ、ローミングプロファイルに書き戻されないため、非常に効率的です。ホスト共有デスクトップの場合は、使用可能な領域に応じて OS ドライブにキャッシュが必要かどうかによって異なります。それ以外の場合は、キャッシュを置くためにユーザーに不可視マウントされたセカンダリディスクを使用します。管理対象外のデスクトップの場合は、変更は非管理対象イメージ内に格納されるため、通常は 2 台目のディスクを接続しないことをおすすめします。そしてそれはキャッシュなので、ある時点で破棄された場合、最悪のシナリオはファイルオブジェクトを再度ダウンロードすることです。

セクション 6のポイント: GPO 設定の構成 (省略可能) の重要なポイント

  • GPO設定では、Citrix Filesクライアントソフトウェアがインストールされている場所(エンドポイント、非永続VDAなど)に関係なく、Content Collaboration 環境をカスタマイズできます。
  • GPO 設定は、ユーザー構成オプションとコンピューターの両方の構成オプションで使用できます。

セクション7:Citrix Profile Managementを使用したプロファイルコンテナーの構成(オプション)

ユーザーがCitrix Filesアプリ内のファイルにアクセスすると、ファイルはローカルにキャッシュされ、その後のアクセスリクエストを高速化できます。ただし、ユーザーが非永続マシンからログオフすると、キャッシュは失われ、今後のセッションで再構築する必要があります。Citrix Profile Managementのプロファイルコンテナテクノロジを使用すると、Citrix Filesキャッシュをユーザーセッション間で効率的に保持でき、エクスペリエンスが向上します。プロファイルコンテナの詳細については、 /ja-jp/profile-management/current-release/configure/profile-container.html を参照してください。

注:

Citrix Profile ManagementとCitrix Files アプリを使用する場合は、ユーザーが正しくログオフするか、セッションを強制的にログオフすることが重要です。これにより、データがプロファイルと正しく同期されるようになります。 /ja-jp/citrix-virtual-apps-desktops/policies/reference/ica-policy-settings/session-limits-policy-settings.htmlで説明されているように、セッション制限ポリシーを定義します。

段階的なガイダンス

完了までの推定時間: 10 分

  1. グループポリシー管理エディターを開きます。

  2. [ポリシー] > [管理用テンプレート:ポリシー定義 (ADM)] > [クラシック管理用テンプレート (ADM)] > [Citrix] > [プロファイル管理] > [ファイルシステム] > [同期] で、[ プロファイルコンテナ ] ポリシーをダブルクリックします。

  3. [ 有効] を選択します

  4. [表示] をクリックして、フォルダーの相対パスを一覧に追加します。次のパスを追加します。 AppData\Local\Citrix\Citrix Files\PartCache AppData\Local\Citrix\Citrix Files\db

  5. [OK]をクリックします。

  6. [ポリシー]>[管理用テンプレート]>[Citrix Files]で、[キャッシュモード]ポリシーを[キューに入れる]に設定します。

  7. キャッシュの場所ポリシーが構成されていないことを確認します。

セクション7のポイント:Citrix Profile Managementを使用したプロファイルコンテナーの構成(オプション)

  • Citrix Profile Managementでプロファイルコンテナを有効にすると、非永続環境におけるCitrix Filesでのユーザーエクスペリエンスが向上します。特に、多数のファイルや大きなファイルを使用するユーザーの場合
  • プロファイルコンテナはMicrosoft VHDX仮想ディスクで、ユーザーセッションに即座にマウントされます

概要

Citrix Files for Windowsクライアントソフトウェアを使用すると、データを安全に保存、取得、共有できます。Citrix CloudのContent Collaborationサービスと連携し、さまざまなバックエンドクラウドとオンプレミスのデータストレージの場所を集約して、シームレスなエクスペリエンスを実現します。この展開ガイドでは、仮想アプリおよびデスクトップ環境でCitrix Files for Windowsクライアントをインストールおよび構成するために必要な具体的な手順について説明しました。その結果、ホスト共有セッションまたはVDIセッションからすべてのファイルにアクセスできる、真のシングルサインオンを備えた統合ソリューションが実現します。

導入ガイド:Citrix Files と Citrix Virtual Apps and Desktops サービス

この記事の概要